リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

明日役立つ手技から働き方、医療ニュースまで、看護に活かせる情報をお届け ナースフルマガジン

看護師のための復職支援制度~e-ラーニングや研修コースが充実

最新ナースコラム > ナースのお仕事

当コンテンツは株式会社 リクルートメディカルキャリアが運営する「ナースフル」というサイト内のコンテンツです。
もし、当コンテンツに関してご不明な点がある場合は、こちらの運営者情報ページからお問い合わせください。


出産や介護などのライフイベントで、一度看護の現場を離れると、ブランクが長くなるほど復職は不安になるものです。看護師にも高度な知識や技術が求められる時代だからこそ、復職を考え始めたときからの行動が大切。どんなスキルを復習すればよいのか、研修を受けたいときにはどうすればよいのか、復職の不安を解消するための情報を紹介します。

自分の予定に合わせて学べるe-ラーニングの活用

看護師として復職を目指すうえで、まず確認しておきたいのが「自分の知識が古くなっていないか」「基本的な手技を忘れてないか」という点ではないでしょうか。医療は日進月歩で、少し前の“常識”が今の“非常識”というケースもあります。自分が現場で看護師として活躍していた頃と何が変わり、何が変わっていないかを知っておきましょう。

そこで役立つのがe-ラーニングです。いつでも始められ、自分の時間に合わせて学ぶことができるのが最大のメリット。これなら目指す復職のタイミングに合わせて準備が進められます。

現在、復職支援研修のe-ラーニングは、複数の民間企業が運営しており、なかには復職支援の一環として都道府県看護協会のウェブサイトから参加できるものもあります。基本のバイタルサインや環境整備、食事や排泄の介助などはもちろん、感染対策や与薬、静脈注射、点滴セットの取り扱いなど、看護師として求められる知識を繰り返し学ぶことができます。

また、例えば急性期病院を退職して長いブランクの後、「復職する際には訪問看護の道へ進みたい」という場合には、訪問看護専門のe-ラーニングで学ぶとよいでしょう。まずは知識の振り返りで復職への自信をつけることが大切です。

地域で開催される復職セミナーに参加する

さらに復職が現実的なものとなったタイミングでの受講がおすすめなのが、都道府県看護協会が実施している研修です。

例えば東京都ナースプラザでは、その人の状況に合わせた4つの復職支援研修コースを提供しています。看護師として再び働くことを踏まえたうえで職場の雰囲気を体験できたり、看護専門学校の模擬病棟などを使った研修を受けたりすることができます。自分に合ったコース実習ができるのがe-ラーニングにはないメリット。現場の“勘”を取り戻すきっかけになるでしょう。

復職を機に関心が高い分野を経験してみたいという人も、都道府県看護協会の復職支援研修の受講は第一歩となるのではないでしょうか。また、企業が運営する看護セミナーも、最新のトピックスを人気講師のもとで学ぶことができるのがメリットです。

人材確保を目指して、地域の医療機関が未就業の看護師を対象に「看護力再開発講習会」を行っているケースもあります。地域の複数の医療機関が連携して実習はA病院、講義はB病院などと分けて行っている場合もあり、いろいろな施設を見る機会にもなります。通勤の利便性を優先している人であれば、住んでいる地域の医療機関で研修を受けることで、そこで働く自分をイメージしやすいのではないでしょうか。

少人数なので、担当者に直接復職の不安について相談に乗ってもらったり、手技でわからないことをじっくり教えてもらえたりと、きめ細やかに対応してもらいやすいのが特徴です。

入職先を選ぶときにも研修体制のチェックを

復職先を探すときには、自分の勤務条件や福利厚生、通勤のしやすさなどを調べますが、同時に確認しておきたいのが入職後の研修制度です。ブランクが長い人ほど実際に働く職場で研修が受けられるかどうかは重要なポイントでしょう。復職支援研修が充実している医療機関は、その研修を受けて入職している先輩看護師も多く、ブランクがある看護師へのフォローが行き届きやすいといえます。

基本的な手技は研修を通じて感覚を思い出していくことで対応できますが、基礎看護技術や検査データの見方、配属先で必要となる疾患理解のテキストなどを先輩看護師に聞いて揃えておくと安心です。以前の職場が紙カルテだったという看護師は、電子カルテの操作を覚えることも大切。電子カルテの使い方は入職後に指導がありますが、パソコンのキーボード入力に慣れておくだけでも安心感が違います。

復職後は何かと覚えることが多く、生活リズムも変わるため、がんばりすぎてしまいがち。復職を考えたときから自分のペースで準備を進めることで不安要素を1つでも減らしておくと、気持ちも楽になるのではないでしょうか。

ナースフルでは働く看護師さんを応援しています。
転職についてお悩みの方はこちらのフォームよりご相談ください。

参考
北海道看護協会ナースセンター:eラーニングによる復職支援講習

TOPへ