リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

明日役立つ手技から働き方、医療ニュースまで、看護に活かせる情報をお届け ナースフルマガジン

ナースのリアルVoice 看護師さんに聞いた!最も年収が高いのはどの医療施設?給与満足度は?

最新ナースコラム > ナースのリアル白書

当コンテンツは株式会社 リクルートメディカルキャリアが運営する「ナースフル」というサイト内のコンテンツです。
もし、当コンテンツに関してご不明な点がある場合は、こちらの運営者情報ページからお問い合わせください。


仕事のモチベーションを大きく左右する「お金」。入職先を選ぶときに真っ先に給与欄をチェックするという看護師さんも多いのではないでしょうか。そこでナースフルでは看護師のみなさんの給与や貯金の実態についてアンケート調査を行いました。2,123名(有効回答数)から寄せられた「給与」と「貯金」の実態とは!?今回は「お給料編パート2」として、施設形態や夜勤の有無による年収の違い、給与の不満足度やその理由についてご紹介します。

〈施設形態編〉
施設形態による年収の差と満足度は?

※以下、1次救急指定病院、2次救急指定病院、3次救急指定病院、救急指定なし一般病院、精神病院、療養病院、リハビリ病院をまとめて「病院」としています。

〈給与満足度〉

いずれの施設形態でも給与満足度は「不満足」「やや不満足」と感じている人が半数以上という結果となりました。あなたの勤務先や、転職したい施設の「不満足」な理由はどうでしょうか?具体的にみていきましょう。

給与に不満な理由ベスト3

〈病院〉
1位:仕事の内容と給与が見合っていないから
2位:基本給が低いから
3位:賞与が少ないから

〈医院・クリニック〉
1位:仕事の内容と給与が見合っていないから
2位:基本給が低いから
3位:賞与が少ないから

〈介護系施設(老健、デイサービス、サービス付き高齢者向け住宅など)〉
1位:仕事の内容と給与が見合っていないから
2位:基本給が低いから
3位:給与が上がらないから

〈訪問看護ステーション〉
1位:賞与が少ないから
2位:仕事の内容と給与が見合っていないから
3位:残業代がつかないから

〈教育機関〉
1位:基本給が低いから
2位:仕事の内容と給与が見合っていないから
3位:賞与少ないから

〈一般企業〉
1位:仕事の内容と給与が見合っていないから
2位:賞与が少ないから
2位:基本給が低いから
3位:給与が上がらないから

施設形態別の平均年収で最も高かったのは3次救急指定病院の418万円、次いで2次救急指定病院の405万円、精神病院の403万円という結果でした。平均年収で400万円を超えたのはこの3つの施設形態でした。病院以外では訪問看護ステーションの年収が高い結果となっています。

年収が最も高かった病院勤務の看護師で「満足」「やや満足」と答えた人はわずか27%だったのに対し、平均年収296万円だった医院・クリニック勤務の看護師は「満足」「やや満足」と答えた人が46%と半数近くを占めました。また、最も満足度が高かったのは教育機関に勤務する看護師で、「満足」「やや満足」を合わせると48%にのぼりました。

この結果から、「年収が高い=満足度が高い」とはいえないことも明らかとなりました。年収が高い病院でも、責任が重く、身体的にも精神的にも厳しい医療現場での仕事内容に対する対価としては「給与が安い」と感じている看護師が多いとみられます。

「不満足」な理由そのものは、施設形態による大きな差はなく、唯一訪問看護ステーションで「残業代がつかないから」が上位に入っていました。

〈夜勤有無別〉
夜勤の有無による年収の差は?

給与に不満足な理由ベスト3

〈夜勤あり〉
1位:仕事の内容と給与が見合っていないから
2位:基本給が低いから
3位:賞与が少ないから

〈夜勤なし〉
1位:仕事の内容と給与が見合っていないから
2位:基本給が低いから
3位:賞与が少ないから

年収を比較すると、夜勤がある看護師は平均409万円、夜勤がない看護師は平均310万円と、その差は約100万円となりました。しかしながら、「満足」「やや満足」を合わせると、夜勤ありの場合は28%、夜勤なしは36%と夜勤なしのほうが多い結果となりました。

「不満足」な理由は夜勤あり、夜勤なしで違いはなく、重要だと感じているのは仕事と給与のバランスだといえます。年収そのもの以上に夜勤がなく、休日が固定されているなどの働きやすさが満足度を高める要素であることがわかりますが、看護師として働くうえで夜勤を避けられないこともあるでしょう。その場合には、仕事に見合うだけの収入があるかどうかが重要な要素となりそうです。

〈総括〉

看護は多忙な仕事であり、ライフステージによって働き方を見直す人が多い職種でもあります。そのなかで給与に対する考え方も変化してくるのではないでしょうか。仕事内容と年収が希望するバランスとなるのが理想ではありますが、どちらを優先するのか、ライフステージと合わせて検討することが大切といえるでしょう。
次回のナースのリアルVoiceは「貯金編」をお届けします。

ナースフルでは働く看護師さんを応援しています。
転職についてお悩みの方はこちらのフォームよりご相談ください。

TOPへ