リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

明日役立つ手技から働き方、医療ニュースまで、看護に活かせる情報をお届け ナースフルマガジン

ナースのリアルVoice 看護師さんに聞いた!お給料はいくらもらっている?何に使っているの?

最新ナースコラム > ナースのリアル白書

当コンテンツは株式会社 リクルートメディカルキャリアが運営する「ナースフル」というサイト内のコンテンツです。
もし、当コンテンツに関してご不明な点がある場合は、こちらの運営者情報ページからお問い合わせください。


仕事へのモチベーションや職場を選ぶときに大きな要素となるのが、ずばり「給与」。しかし、周りの人にはなかなか聞きにくいものです。そこで、ナースフルでは、看護師のみなさんの給与や貯金の実態についてうかがいました。2,123名(有効回答数)から寄せられたアンケート結果をもとに、「お給料編」と「貯金編」にわけて紹介。今回は「お給料編パート1」として、雇用形態や年代別の年収、給与の満足度について紹介します。

雇用形態編
正社員とパート・アルバイトで年収の差は?

《年収》

雇用形態別の年収では、正職員が平均約406万円、パート・アルバイトが平均約188万円となりました。パート・アルバイトでは、勤務日数に応じた時給や日給以外の夜勤手当や賞与で正職員との差が大きくなるものとみられます。

《給与の満足度》

満足度では、正職員の約30%が「満足」「やや満足」と回答しているのに対し、パート・アルバイトでは、約40%が「満足」「やや満足」と回答。年収そのものは正職員に比べて低くなるものの、短時間で仕事の内容に見合った給与が得られると感じているパート・アルバイトのほうが満足度は高い結果となりました。

《満足・不満足な理由ベスト3》

満足な理由ベスト3

〈正職員〉
1位:残業代がきちんと支給されるから
2位:仕事の内容と給与が見合っているから
3位:同年代と比べて多いから

〈パート・アルバイト〉
1位:仕事の内容と給与が見合っているから
2位:残業代がきちんと支給されるから
3位:同業種と比べて給与が多いから

不満な理由ベスト3

〈正職員〉
1位:仕事の内容と給与が見合っていないから
2位:基本給が低いから
3位:賞与が少ないから

〈パート・アルバイト〉
1位:仕事の内容と給与が見合っていないから
2位:給与が上がらないから
3位:基本給が低いから

正職員の満足な理由では、残業代の支給がトップ。残業も多い正職員では、それが適切に給与として支払われるかどうかが職場に対する満足度にも大きく影響しているといえるのではないでしょうか。

一方で不満足な理由では、正職員、パート・アルバイト共に仕事内容と給与が見合っていないことが最も多い結果となりました。次いで正職員は基本給や賞与への不満があげられました。賞与は基本給がベースとなるため、基本給と賞与の低さをともに不満足な点としてあげる人も多くみられました。

年代編
年代による年収の差は?

《年収》

年代別の年収では、最も多いのが50歳代で平均年収が約422万円でした。これはパート・アルバイトも含めた平均値で、正職員に限定すると平均約480万円でした。年収が700万円以上と回答したのは、1人を除き40歳代以上の正職員でした。年代が上がるにつれて、昇給や役職に対する手当などが入るため、順調に年収は増えていきますが、定年退職を迎える60歳以上では、20歳代の看護師よりも年収は少ない結果となりました。高齢者再雇用や嘱託で採用された看護師も含まれています。

《給与の満足度》

給与に対する満足度では、世代が若いほど満足度が低く、20歳代では「やや不満」「不満」の割合が73%にのぼりました。世代があがるに従って満足度が高い割合が増え、60歳以上では「満足」「やや満足」が4割近くとなっている点が特徴といえます。

《満足・不満足な理由ベスト3》

満足な理由ベスト3

〈20歳代〉
1位:残業代がきちんと支給されるから
2位:同年代と比べて年収が多いから
3位:仕事の内容と給与が見合っているから

〈30歳代〉
1位:仕事の内容と給与が見合っているから
2位:残業代がきちんと支給されるから
3位:同年代と比べて年収が多いから
3位:賞与が多いから

〈40歳代〉
1位:仕事の内容と給与が見合っているから
2位:残業代がきちんと支給されるから
3位:同年代と比べて年収が多いから

〈50歳代〉
1位:仕事の内容と給与が見合っているから
2位:残業代がきちんと支給されるから
3位:同年代と比べて多いから

〈60歳以上〉
1位:仕事の内容と給与が見合っているから
1位:残業代がきちんと支給されるから

不満な理由ベスト3

〈20歳代〉
1位:仕事の内容と給与が見合っていないから
2位:基本給が低いから
3位:残業代がつかないから

〈30歳代〉
1位:仕事の内容と給与が見合っていないから
2位:基本給が低いから
3位:賞与が少ないから

〈40歳代〉
1位:仕事の内容と給与が見合っていないから
2位:賞与が少ないから
3位:基本給が低いから

〈50歳代〉
1位:仕事の内容と給与が見合っていないから
2位:給与が上がらないから
3位:基本給が低いから

〈60歳以上〉
1位:仕事の内容と給与が見合っていないから
2位:給与が上がらないから
3位:残業代がつかないから

看護師は同世代の会社員に比べて給与が高いといわれており、アンケートでも20歳代から50歳代までの世代で「同年代と比べて給与が多い」ことが満足な理由の上位に入っていました。厚生労働省の「平成30年賃金構造基本統計調査結果」によれば、男女大卒の初任給が20万6,700円となっているのに対し、日本看護協会の「2017年病院看護実態調査」では、大卒看護師が20万7,013円、諸手当を含めると27万3,854円となっており、実際に同世代のなかでは給与が高いことがわかります。

その一方、50歳代、60歳以上と、年代が上がるにつれて不満な理由に「給与が上がらない」点をあげる人が増え、60歳代以上では、「残業代がつかない」点を不満にあげる人もいました。

保有資格編
資格による年収に差はあるの?

《年収》

保有する資格別の年収は、保健師または助産師が最も平均年収が高く、准看護師との差はおよそ100万円でした。また、准看護師と正看護師では、平均およそ87万円の差がありました。准看護師と正看護師では、資格そのものが異なりますが、現場では区別なく業務を行っているのが現状。しかし、准看護師の場合は昇進にも限りがあり、転職する場合にも正看護師に比べて選択肢が少ないため、給与が上がりにくいといえます。正看護師の資格を取得すれば、転職先の選択肢も増え、昇進もしやすくなります。収入面だけをみても大きく変わってくるといえるでしょう。

《給与の満足度》

給与の満足度をみると、満足度が最も低いのは正看護師で、約71%が「やや不満」「不満」と回答しています。

《満足・不満足な理由ベスト3》

満足な理由ベスト3

〈正看護師〉
1位:仕事の内容と給与が見合っているから
2位:残業代がきちんと支給されているから
3位:同年代と比べて年収が多いから

〈准看護師〉
1位:仕事の内容と給与が見合っているから
2位:残業代がきちんと支給されるから
3位:同年代と比べて年収が多いから
3位:同業種と比べて年収が多いから

〈保健師または助産師〉
1位:残業代がきちんと支給されているから
2位:仕事の内容と給与が見合っているから
3位:同年代と比べて年収が多いから

不満な理由ベスト3

〈正看護師〉
1位:仕事の内容と給与が見合っていないから
2位:基本給が低いから
3位:賞与が少ないから

〈准看護師〉
1位:仕事の内容と給与が見合っていないから
2位:基本給が低いから
3位:賞与が少ないから

〈保健師または助産師〉
1位:仕事の内容と給与が見合っていないから
2位:賞与が少ないから
3位:基本給が低いから

正看護師の不満の理由で最も多いのが「仕事の内容と給与が見合っていないから」でしたが、満足している理由も「仕事の内容と給与が見合っている」が最も多く、職場による給与の差が満足度に影響しているものとみられます。

編集部からひとこと
今回は看護師のみなさんの給与事情についてアンケート結果を紹介しました。給与に対する考え方は人それぞれですが、金額に関係なく、仕事内容と給与が見合ったものであれば概ね満足度は高いといえます。一方で、残業代がつかない、基本給が安いといったことは不満の原因になりやすく、転職する際には、“建前”ではなく実情についてできるだけ情報を集め、納得したうえで選択したいものです。

次回のナースのリアルVoiceは「給与編パート2」を紹介します。

ナースフルでは働く看護師さんを応援しています。
転職についてお悩みの方はこちらのフォームよりご相談ください。

参考
厚生労働省:平成30年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況

日本看護協会:2017年病院看護実態調査

TOPへ