リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

明日役立つ手技から働き方、医療ニュースまで、看護に活かせる情報をお届け ナースフルマガジン

看護師から保健師・助産師を目指すには?

最新ナースコラム > ナースのお仕事

当コンテンツは株式会社 リクルートメディカルキャリアが運営する「ナースフル」というサイト内のコンテンツです。
もし、当コンテンツに関してご不明な点がある場合は、こちらの運営者情報ページからお問い合わせください。


看護師資格のみを持つ人が保健師資格や助産師資格を取得する方法と、保健師や助産師の資格を持つことで、どのような働き方の選択肢が加わるのかをご紹介します。

看護師から保健師になるには?

看護師国家試験に比べて、保健師国家試験の受験資格は限定されています。保健師国家試験を受けるには、看護師国家試験の合格が前提ですが、看護系大学、4年制の専門学校で保健師・看護師統合カリキュラムを学んだ看護学生は、同時受験が可能です。近年は看護基礎教育の4年制化が進められており、同時受験可能な人が増えています。ただし、看護師国家試験が不合格の場合、保健師国家試験に合格しても保健師の資格を得ることはできません。

一方、3年制の短期大学や専門学校など、看護師養成課程を卒業して看護師国家試験に合格した人、あるいは看護師資格を持ってすでに臨床経験を積んでいる人の場合、別途単位を取得することで保健師国家試験を受験できます。

現在、看護師として働いている人で、保健師の受験資格を最短で取得したい場合には、1年制の保健師養成学校や短期大学専攻科があります。大学に編入する場合は、3年次に編入して保健師教育課程を履修することで、保健師の受験資格と学士が取得できるのがメリットでしょう。大学は編入試験の際に保健師養成課程の選考や入学後に選考試験が行われるケースもあります。事前に調べておきましょう。

2年制の大学院はケアの方法を研究したい、政策立案をしたいなどのテーマを持っている人に向いているといえます。また、行政保健師になるには別途公務員試験を受ける必要があります。

看護師から助産師になるには?

助産師も保健師同様、看護師資格が必須ですが、4年制看護大学で助産師養成課程を修了している人は、同時受験が可能です。そのほかの看護師養成課程を経て看護師資格を取得した人の場合は、別途助産師受験資格が得られる大学への3年次編入、大学の専攻科や専修学校(1年)を経て助産師国家試験を受験します。大学院で2年間学ぶ方法もあります。

ちなみに、海外の養成機関(保健師・助産師)を卒業して免許を取得した人の場合も国内で活動する場合には別途国家試験に合格する必要があり、国家試験を受験するための受験資格認定を受ける必要があります。


4年制の看護系大学を卒業していても、統合カリキュラムを修了していない場合にはさらに助産師になるために必要な単位を取得する必要があります。大学への編入は、保健師同様に助産師教育課程を履修するための選考があるケースもあります。

保健師は就職のハードルが高く、助産師のニーズは高まっている

現在、看護師数は約120万人ですが、保健師として就業している人は全国に約6万人で、助産師は約4万人です。働く場所で最も多いのが保健師は市町村で約46%、助産師は約60%が病院です。

保健師は人気のある資格で、行政や企業、学校など、医療機関以外に活躍の場が多いのが特徴です。地域住民の保健指導や健康管理を行ううえで、経済的な問題、家庭環境、慢性的な疾病など、個々が抱える問題はより複雑になっています。さらに災害や新興感染症などへの対応も迫られており、地域住民と直接関わるだけでなく、システムをつくることによる支援を保健師が担うことも多くなっています。

ただし、自治体の保健師は定員自体が少なく、産業保健師も数は限られているため、保健師の資格を持っていても「看護師」として働く人が多いのが現状です。看護師はブランクがある人でもバックアップ体制が整っている医療機関が多いですが、保健師はブランクがあるとより一層狭き門になってしまうといえるでしょう。

一方助産師については、周産期医療に産科医不足やハイリスク妊産褥婦の増加などの課題があり、2018年には日本看護協会が「院内助産・助産師外来ガイドライン2018」を公表するなど、院内助産や助産師外来の推進がはかられています。少子化が進み出産数は減少しているものの、ハイリスク群の増加もあって、助産師のニーズは高まっているといえるでしょう。

助産師は病院、診療所、助産所で、産科医と連携しながら妊産褥婦や新生児のケアにあたるケースが多く、助産師外来で妊婦健診を担当することもあります。また、医療行為は行わないものの、助産所では妊婦の要望に合わせた出産をサポートしたり、出産後の母子の健康にきめ細やかに対応したりすることができるケースもあります。妊娠・出産は限られた期間ですが、その後も母子ともに関わることができる助産所や産後ケアセンターなども就職先として人気です。

●産後ケアセンターとは?

出産後の育児支援を目的にした宿泊型ケア施設で、看護師や助産師、臨床心理士などの専門職が24時間体制で出産後の母親のケアを行います。授乳や沐浴、骨盤ケアや育児相談などのアドバイスや、出産後の母親が睡眠を十分にとれるよう、夜間の新生児を助産師がみるなど、専門的な知識と経験で包括的にサポートをします。

日本産後ケア協会

保健師、助産師ともに看護師とは役割が異なりますが、ベースとなるのは看護です。看護師としての経験を活かして、新たなステージで活躍したい人にとっての選択肢になるのではないでしょうか。
※日本看護協会 看護統計資料

ナースフルでは働く看護師さんを応援しています。
転職についてお悩みの方はこちらのフォームよりご相談ください。

参考
日本助産師会:助産師の方・助産師を目指す方へ
厚生労働省:外国で看護師免許を取得している方が、日本でも看護師として就労するために

TOPへ