リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

明日役立つ手技から働き方、医療ニュースまで、看護に活かせる情報をお届け ナースフルマガジン

記事一覧(2 / 57ページ)

最新看護手技キャッチアップ 褥瘡の洗浄は水道水でOK!(12月26日/18,106views

その看護手技はもう古い?!今回は「褥瘡の洗浄」をテーマに、以前と現在を比較して考えます。かつては良しとされていた手技にこだわりすぎていませんか?

地域で暮らす人を支える 看護小規模多機能居宅介護事業所での働き方(12月24日/3,404views

住み慣れた地域で最期までその人らしく生活ができる、看護小規模多機能型居宅介護(看多機)。医療ニーズの高い利用者が多く、利用者とじっくりかかわりたい、看護のスキルも大切にしたいという人におすすめです。働き方の新しい選択肢としての看多機をご紹介します。

「認知症の人の日常生活・社会生活における意思決定ガイドライン」“地域で最期までその人らしく”を実現するために(12月21日/4,280views

認知症患者が増加するなかで、2018年6月に「認知症の人の日常生活における意思決定を支援するためのガイドライン」が策定されました。その背景とガイドラインのポイントについてご紹介します。

入浴時のドライスキン対策のポイント|クイズで学ぶ看護手技(12月19日/8,211views

入浴時のドライスキン対策のポイントをクイズで確認!Question1:入浴時の皮膚洗浄に関して正しいのはどれ?/1.皮脂を落としすぎないように石けんは使用せず、お湯のみで身体を洗う。

スキルアップを目指したい!准看護師が取得できる実践に役立つ資格は?(12月17日/9,966views

准看護師も受験が可能な資格のなかからフットケア指導士、呼吸療法認定士、認知症ケア専門士の資格をご紹介します。現場でのスキルアップを目指している方におすすめです。

身体拘束が精神科病院で倍増 社会的にも関心が高まる身体拘束への対応は?(12月14日/4,727views

厚生労働省の精神保健福祉資料によれば、身体拘束を受けた患者数がここ10年の間に急増しています。身体拘束が増えている背景と現在の制度、ガイドラインの内容を紹介します。

事例で学ぶ看護技術 有効期間が過ぎたワクチンの接種(12月12日/5,062views

事例で学ぶ看護技術、今回は「有効期限が過ぎたインフルエンザワクチンを接種してしまった事例」です。なかなか確認が行き届きづらい有効期限について、習慣的にチェックできる方法を考えましょう。

在宅看護専門看護師になるには 進む高齢化と地域包括ケアシステムの構築で高い専門性にニーズあり(12月10日/6,468views

ナースフルが2018年3月に実施した「取りたい資格アンケート」の専門看護師分野1位だった在宅看護専門看護師についてご紹介します。大学院進学が必須なものの、専門分野で幅広く活躍ができ、高齢化が進むとともにさらにニーズが高まっています。

医療機関に増加する薬剤耐性アシネトバクターとその対策(12月7日/3,893views

人の皮膚や医療機器などを介して広がりやすい薬剤耐性アシネトバクター感染症は、ICU患者などに感染すると呼吸器感染症や敗血症、髄膜炎などを引き起こすケースもあります。院内感染を防ぐには感染対策マニュアルの遵守や、お見舞いで来院する人に対しても手指消毒を徹底してもらうことが重要です。

ナースが知りたい!くすりの知識 血栓症のリスクを抑えた月経困難症治療薬 レボノルゲストレル・エチニルエストラジオール配合製剤(商品名ジェミーナ)(12月5日/3,589views

今回は、2018年10月に販売開始となったばかりの月経困難症治療薬、レボノルゲストレル・エチニルエストラジオール配合製剤(商品名ジェミーナ)を紹介するわ。

ナースフルがあなたの転職をフルサポート。ナースフルは、転職のプロ・リクルートが運営する看護師さん専門の人材紹介サービスです。専任キャリアアドバイザーが、あなたのご希望・条件にぴったりの求人をご提案いたします。詳細はこちら

TOPへ