リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

明日役立つ手技から働き方、医療ニュースまで、看護に活かせる情報をお届け ナースフルマガジン

オーラルフレイルとは~高齢者の低栄養を防ぐ口腔ケア

最新ナースコラム > 医療の最新ニュース

当コンテンツは株式会社 リクルートメディカルキャリアが運営する「ナースフル」というサイト内のコンテンツです。
もし、当コンテンツに関してご不明な点がある場合は、こちらの運営者情報ページからお問い合わせください。


看護の領域において高齢者の摂食嚥下障害の予防は重要な課題であり、口腔ケアへの関心は高まっています。口腔内を健康に保つことは全身状態の健康維持に繋がり、寝たきりの予防にもなります。
近年、特に高齢者の口腔ケアにおいて話題となっているオーラルフレイルの概念と、その予防に向けた歯科を含む多職種との連携について紹介します。

口腔機能低下症とオーラルフレイル

オーラルフレイルとは、口腔機能の軽微な低下や食の偏りなどを含む、身体の衰え(フレイル)の一つです。う歯や歯周病などが原因で噛む力が衰え、うまく話ができなくなる・食べこぼしをする・むせやすくなる・食事が噛みにくくなる、などの症状が現れます。「口腔(oral)」「虚弱(frail)」の状態を指しているもので、疾患名ではありません。

しかし、この状態を放置していると、口腔機能低下症にかかりやすくなります。口腔機能低下症は、日本老年歯科医学会が2016年に提唱した新しい疾患で、次の7項目のうち3項目以上に当てはまる状態をいいます。

口腔機能低下症(7項目のうち3項目以上該当)
(1)口腔不潔
(2)口腔乾燥
(3)咬合力低下
(4)舌口唇運動機能低下
(5)咀嚼機能低下
(6)嚥下機能低下
(7)低舌圧

オーラルフレイルがある場合、適切なケアによって口腔機能低下症を防ぐことが重要となります。う歯や歯周病がある場合には、歯科医に紹介して治療を行うこと、その際には合併症や全身状態などの情報を提供して連携をはかることが欠かせません。

口腔機能低下症からさらに口腔機能障害、咀嚼機能不全に至ると、口から食事をとることが難しくなり、全身状態悪化のリスクが高くなります。“食べられる口”を維持する重要性は今後さらに増していくものとみられます。

患者さんの口腔機能に合わせた食形態を検討

食べ物を噛んだり、口腔内の筋肉を動かしたりすることは、単に口から食べることの維持だけでなく、会話をするうえでも有用です。口の筋力が低下して発語に不安があると会話を避けるようになり、外出も控えるようになってしまいます。次第に全身の筋力も低下して、日常生活動作にも影響が出てしまい、引きこもりがちになる人が少なくありません。

また、食事から十分に栄養が確保できないと低栄養のリスクも高くなります。オーラルフレイルを防ぐためには食事を十分に噛むことが重要となりますが、歯科治療をしても食事をとることが困難な場合には、食事からの栄養を確保するために食形態の調整が必要となります。「やわらかい食事にしてしまうと、もう普通の食事が食べられなくなってしまうのではないか」と、不安を感じる患者さんや家族もいます。しかし、口腔機能が低下している場合には、無理をして噛もうとすることよりも、やわらかい食事をしっかり食べて栄養をとることのほうが大切です。全身状態を維持するためにはその人に合った食形態の選択が重要であることを伝えましょう。

実際に提供する食事については、管理栄養士と相談して、適切な食形態を選択します。また、在宅に戻る場合には、家族に対する指導も重要です。

食事の観察と十分なケアは多職種連携から

オーラルフレイルを防ぐための口腔ケアやリハビリテーションは、医師、歯科医、看護師、歯科衛生士、言語聴覚士と、幅広い職種が関与する領域です。NSTや摂食嚥下チームなど、口腔ケアに関わるチームによるラウンドを通じて専門的なケアが必要な患者さんを拾い上げ、機能評価と必要な介入を検討します。

看護師が専門的に学びたい場合には、日本看護協会の摂食・嚥下障害看護認定看護師や日本摂食嚥下リハビリテーション学会が認定する日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士などの資格もあります。

オーラルフレイルは早期の介入がカギとなるため、日常の病棟業務のなかで看護師が観察して、患者さんがむせやすい、食事量が少ない、食べる速さが遅いなどのサインを見落とさないことが重要です。

また、リハビリテーションを受けている患者さんは、疲労感が強く食事に集中できずにむせたり、姿勢の維持が難しかったりすることがあります。患者さんが食事に集中できる環境かどうか、疲労度はどうかなども十分な観察が必要です。看護師の気づきが、患者さんの口腔機能、全身状態の低下を防ぐポイントであり、早期に多職種との連携によって専門職が介入することが、患者さんの“食べる”を支えることにつながります。

ナースフルでは働く看護師さんを応援しています。
転職についてお悩みの方はこちらのフォームよりご相談ください。

TOPへ