リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

明日役立つ手技から働き方、医療ニュースまで、看護に活かせる情報をお届け ナースフルマガジン

口腔ケアのポイント|クイズで学ぶ看護手技

仕事に役立つ看護手技 > 生活介助・ケア 編

当コンテンツは株式会社 リクルートメディカルキャリアが運営する「ナースフル」というサイト内のコンテンツです。
もし、当コンテンツに関してご不明な点がある場合は、こちらの運営者情報ページからお問い合わせください。


口腔ケアを楽しみにしている患者さんは少なくないですよね。
ケアに満足してもらうためには、どのようなことに気をつけたらいいでしょうか?

口腔ケアには、ただ歯をきれいにするだけではなく、ほかにもたくさんの意義や目的があるのよ。
どういうことなのか、クイズに挑戦してみましょう!

Question1 口腔ケアの目的として誤っているのはどれ?

1.患者自身が実施できる場合でも、看護師が行うことで患者の負担を減らす。
2.患者の気分転換を促し、生きる活力をもたらす。
3.口腔内の清潔を保ち、肺炎を予防する。

口の中がさっぱりすると気分転換になりますが、「生きる活力」というのは大げさな気もしますね。

Answer 1

解説
意識障害などの理由で自分では口腔ケアができない患者さんに対しては看護師が全部または一部を介助しますが、自分でできる場合は自分で行ってもらいます。
口腔ケアの主な目的は、口腔内の細菌によるバイオフィルムの除去や形成予防であり、ひいては口臭を予防したり誤嚥性肺炎のリスクを低下させたりすることにもつながります。
また、曜日や時間の感覚が鈍くなりがちな入院生活において、1日のリズムを整えて気分転換を図ることにもなるでしょう。
舌の汚れにより味覚が鈍ると食事を楽しめなくなってしまいますから、その意味でも口腔ケアは重要です。
このように、口腔内の清潔を保つことは心身の健康につながります。
決して大げさではなく「生きる活力」を提供する、とても大切なケアなのです。

Question2 口腔ケアの方法に関して正しいのはどれ?

1.ひどい口内炎がある場合は、柔らかい歯ブラシや口腔ケア用のスポンジを使うか、ガーゼなどで口腔内をぬぐうだけでもよい。
2.口腔ケアは1日1回しかできないときもあるため、歯磨き粉をブラシの毛先全体に付け、力を入れてしっかりと磨く。
3.舌にも汚れが付着しているため、歯磨き後に毎回、舌ブラシを用いて汚れを除去する。

口腔内をぬぐうだけで十分なケアになっているのかしら?
口内炎があるときほど清潔にしたほうがいいですよね。

Answer 1

解説
口内炎が多数あると痛みが強く、口腔ケアがおろそかになりがちです。
しかし、何もしなければ汚れが除去できずに細菌が増殖し、かえって口内炎の悪化につながります。
口腔内が敏感になっているときは、普段よりも柔らかい歯ブラシや口腔ケア用のスポンジを用い、刺激を抑えて口腔ケアを行いましょう。
あるいは、ガーゼやウエットティッシュで口腔内をぬぐい、うがいをするというケアに切り替える場合もあります。

歯を磨くときに力を入れすぎると、歯茎や口腔内粘膜、舌などを傷付け、その部分に細菌がたまってしまいます。
毛先を細かく動かしながら、愛護的にブラッシングしましょう。
また、歯磨き粉を毛先全体に付けると泡立ちすぎて磨きにくくなり、ゆすぎも大変になります。基本的にブラシの毛先1/3程度に乗る量で十分です。

舌にも汚れが付着していることは見逃しやすいポイントですが、毎回のように舌ブラシを使うのは過剰であり、舌を傷付ける恐れがあります。

Question3 口腔ケア実施後のポイントとして正しいものはどれ?

1.口腔内に多少の異変があっても、痛がる様子がなければ、申し送りにとどめて記録に残す必要はない。
2.速やかにギャッチアップを直して仰臥位に戻し、楽な体勢として患者の負担を減らす。
3.患者の唇が荒れていたら保湿剤を塗るが、その保湿剤は患者や家族が持参したものでもよい。

患者さんは早く横になったほうが楽でしょうから、すぐにギャッチアップを戻してあげたほうがいいですよね。

Answer 3

解説
乾燥により唇が荒れると出血や痛みから口腔ケアにも支障が生じかねないため、口腔ケア実施後は必要に応じて保湿剤を塗布します。
通常、院内で扱う薬剤は持参NGのところがほとんどですが、リップクリームについては認められることが多いでしょう。

患者さんの様子がいつも通りだったとしても、口腔内に異常があったという事実は見逃せません。
看護師同士で申し送りを行うことはもちろんですが、記録にも残しておくことで、医師や薬剤師など関係者全員が確認することができます。
そうすれば医療チーム全体として注意を払うことができますし、重大な疾患の早期発見につながるかもしれません。

口腔ケアにより唾液分泌が促進されるほか、悪心・嘔吐がみられることもあるため、ケア直後に仰臥位へ戻すことは避けたほうがよいでしょう。
治療上やむを得ない場合は、患者さんの身体全体を(難しければ顔だけでも)横向きにするなどして、誤嚥予防に努めましょう。


私が思っている以上に、口腔ケアには多くの意味があったのですね。

どの方法や物品が適しているかは患者さんによっても違うから、アセスメントによりベストのものを選択したいわね。

ナースフルでは働く看護師さんを応援しています。
転職についてお悩みの方はこちらのフォームよりご相談ください。

監修:医療法人社団航洋会 目黒通りハートクリニック 理事長/院長 安田洋先生

TOPへ