リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

明日役立つ手技から働き方、医療ニュースまで、看護に活かせる情報をお届け ナースフルマガジン

「色」のイメージで印象アップ「ナースウェア」が患者さんに与える印象とは?

最新ナースコラム > ナースのお仕事

当コンテンツは株式会社 リクルートメディカルキャリアが運営する「ナースフル」というサイト内のコンテンツです。
もし、当コンテンツに関してご不明な点がある場合は、こちらの運営者情報ページからお問い合わせください。


急性期病院を中心に、近年ナースウェアは白色以外のものが人気となっています。とくに濃い色が看護師に好まれていますが、患者さんに与える「色」の印象は、看護師自身の印象にも直結するものです。ナースウェアの選択肢が広がるなかで知っておきたい「色」の効果について紹介します。

ナースウェアの選び方は病院ごとに違いが

ナースウェアは多くの医療機関で支給されますが、看護部全体で統一しているケースから、いくつかの候補のなかから自分の好みで選べるケースなど、医療機関によって基準はさまざまです。しかし、管理者が選ぶ場合も自分で選ぶ場合も、動きやすさ、機能性、見た目など、大事にしたいポイントに変わりはありません。

とくに夏季は暑さ対策も大切。機能性の高い生地を採用したナースウェアも増えているので上手に活用しましょう。
近年、看護師に人気なのがスクラブタイプのウェアです。首周りがすっきりとしたゆとりのあるデザイン、生地が薄くしっかり洗えて乾きやすいのが特徴。ICUや救急の現場を舞台にした海外の医療ドラマでスクラブをかっこよく着こなした看護師が活躍しているのを見て、憧れた人も多いのではないでしょうか。

スクラブは着やすさだけでなく、単色でもカラーバリエーションが豊富でカラフルな柄物も多く販売されています。下着が透けやすい薄い色よりも濃いネイビーやエンジ色などが好まれているのが近年の傾向です。

看護師の見た目に影響する「色」の効果

看護師に限らず、医療者のウェアは白を採用している医療機関がほとんどでした。医師や薬剤師は現在も白衣が多いですが、看護師や理学療法士などのコメディカルは白以外のウェアを採用する医療機関が増えています。医療機関によっては選択できるウェアが少ないところもありますが、「色」に着目してウェアを考えてみましょう。

白:従来の「白衣」の白色は、清潔なイメージを持たれる色で、専門職としての信頼を高める色でもあります。医療機関の建物が白を基調としたものが多いのも、色の持つイメージを活かしたものといえるでしょう。
しかし、白色は色のついたインナーが透けやすいというデメリットも。近年、白以外のナースウェアを好む看護師が増えている原因でもあります。

ピンク:淡いピンクはやさしいイメージを与えます。「愛情」「献身」「母性」など、患者さんと接する看護師にとっては、安心感を与える色といえるでしょう。

その他の色が与える効果は以下のとおりです。

濃いピンク 近年スクラブで増えているのが濃いピンクのウェア。「強い愛」というイメージを与える色で、病棟を明るく華やかにします。
青には気持ちを落ち着かせて眠りを促進する効果があるといわれています。また、ナースウェアで多く採用されている水色の場合は「希望」や「解放感」「自由」などのイメージを与えます。
紺(ネイビー) 寒色のなかでも濃い色で、「落ち着きがある」「直感力が鋭い」「信頼」「誠実さ」などの印象を与える色といわれています。
心を落ち着かせて緊張をやわらげるイメージを与える色です。緑や青は手術室で使われることが多い色で、これは赤い血液の色の補正残像現象によって白衣が手術着に適していなかったためといわれていますが、同時に緑や青が持つ緊張や興奮の緩和効果が得られる点もあげられます。
オレンジ ビタミンカラーとも呼ばれるオレンジ色は、ポジティブな元気な印象を与えます。

仕事のモチベーションアップに「色」を活用

色が持つイメージを活用することで、患者さんへの癒やしや安心感にも役立てることができます。産科病棟や小児病棟では「愛」をイメージさせるピンクのウェアを積極的に活用したり、自分の気持ちが沈みがちなときにはあえてオレンジ系のウェアにしたりと、自分の仕事のモチベーションアップにも色の効果は活用できます。

白いナースウェアは透けやすいことを理由に敬遠されがちですが、最近は透けにくい素材のものも増えています。写真を撮るときに使われるレフ板の効果と同様に、白い服は顔を明るく見せる効果があるといわれています。肌がくすみがち、元気がないと感じるときには白いナースウェアを選ぶことも一案です。

しかし、最も大切なのは清潔なナースウェアをきちんと着こなすこと。ボタンが外れていたり、患者さんを介助中にポケットから大量のペンが落ちてきたりすれば、どんなに素敵なデザインのナースウェアを着ていても患者さんの信頼を得ることはできません。

看護師にとってナースウェアはオンとオフの切り替えスイッチでもあります。勤務前に気持ちをリフレッシュして、ウェアをきちんと着こなしましょう。

ナースフルでは働く看護師さんを応援しています。
転職についてお悩みの方はこちらのフォームよりご相談ください。

TOPへ