リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

明日役立つ手技から働き方、医療ニュースまで、看護に活かせる情報をお届け ナースフルマガジン

新しい認定看護師制度は何が変わる?どう変わる?

最新ナースコラム > ナースのお仕事

当コンテンツは株式会社 リクルートメディカルキャリアが運営する「ナースフル」というサイト内のコンテンツです。
もし、当コンテンツに関してご不明な点がある場合は、こちらの運営者情報ページからお問い合わせください。


2021年度から認定審査が開始される新認定看護師制度。特定行為研修の内容が加わることでどのように変わるのか?今後、認定看護師に期待される役割などについて紹介します。

熟練した看護技術と知識を持つ認定看護師の役割

2019年1月現在、19,631人が活躍する認定看護師。今年の認定審査で2万人を超えることが見込まれます。現在、看護師資格を持つ人は全国に約160万人(保健師、助産師資格取得者含む)で、認定看護師の有資格者は看護師全体の約1.3%にあたります。認定看護師や専門看護師などのスペシャリストの配置が算定要件になっている診療報酬加算も増えてきたことは、スペシャリスト一人ひとりの活動が認められていることの現れともいえます。

2015年からは特定行為研修がスタートし、国では指定研修施設を増やして対応するなど、チーム医療推進のなかで看護師に寄せられる期待は大きくなっています。そこで特定行為研修を組み込み、現在の医療ニーズに合致した認定看護師制度への再構築が進められることになりました。

特定行為研修では、看護師としての経験だけでは修得が難しい臨床推論や臨床病態生理などの医学的判断力について学び、実践力を身につけます。認定看護師としての学びや実践をベースに、現場で医学的判断力を発揮してチーム医療、地域医療の充実に貢献する人材を育成するのが認定看護師制度再構築の目的といえるでしょう。

※日本看護協会:認定看護師

研修修了者は「特定認定看護師」へ

特定行為研修も含めた新しい認定看護師制度の認定審査は2021年に開始され、研修を修了した認定看護師として、「特定認定看護師」に認定されます。すでに認定看護師資格を持つ人は、所定の特定行為研修を修了することで新たな「特定認定看護師」に移行することができ、移行しない場合でも更新審査を受けることで資格自体の継続が可能です。

新たな認定看護師制度への移行に必要な特定行為研修の履修は、特定行為研修指定研修機関(2018年8月現在:日本看護協会含む全国87機関)で受講することができます。また、履修する特定行為区分についても制限はありません。ただし、認定看護師としての実践において必要な、「栄養及び水分管理に係る薬剤投与関連」の履修を推奨しており、この特定区分を履修できる指定研修機関は61機関です(2018年8月現在)。

研修期間、時間数はどう変わる?

現行の認定看護師制度では、教育課程が6ヵ月・615時間以上となっており、特定行為研修は共通科目の時間数が315時間以上、さらに区分別科目が15~72時間となっています。認定看護師の教育課程に特定行為研修を組み込むことになると、単純計算で最短945時間となります。

ただし、日本看護協会では、認定看護師教育カリキュラムと特定行為研修で重複する講義内容を整理し、総教育時間を800~1000時間程度、集合研修は6ヵ月程度と従来の教育課程と同等程度になることが見込まれます。新しい認定看護師制度では、現行制度での研修以上に集中的に学ぶことになるでしょう。

2019年はすでに入学試験が終了した教育課程も多く、将来的に教育課程への入学を考えている人は、新制度での特定行為研修を組み込んだ教育を受けることになります。制度が再編したことで認定看護師分野名が変更、あるいは統合されるものがあるため、新制度のもと、教育機関が開講するかどうかも含めて今後の情報に注目しましょう。

<認定看護師の新制度>

現在の認定看護分野の名称 新認定看護分野の名称 制度再編後
がん化学療法看護 がん薬物療法看護 2020年度以降に特定行為研修を組み込んだ新たな認定看護師教育を開始
現在の名称での認定看護師教育は2026年まで実施
ただし、該当分野の個人資格は永続的に更新可能
不妊症看護 生殖看護
訪問看護 在宅ケア
慢性呼吸器疾患看護 呼吸器疾患看護
慢性心不全看護 心不全看護
脳卒中リハビリテーション看護 脳卒中看護
透析看護 腎不全看護
摂食・嚥下障害看護 摂食嚥下障害看護
小児救急看護 小児プライマリケア
救急看護
集中ケア
クリティカルケア
緩和ケア
がん性疼痛看護
緩和ケア 2020年度以降、特定行為研修を組み込んだ新たな認定看護師教育を開始
現行の認定看護師教育を2026年まで実施
認知症看護 認知症看護
手術看護 手術看護
糖尿病看護 糖尿病看護
皮膚・排泄ケア 皮膚・排泄ケア
感染管理 感染管理
がん放射線療法看護 がん放射線療法看護
乳がん看護 乳がん看護
新生児集中ケア 新生児集中ケア

ナースフルでは働く看護師さんを応援しています。
転職についてお悩みの方はこちらのフォームよりご相談ください。

TOPへ