リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

明日役立つ手技から働き方、医療ニュースまで、看護に活かせる情報をお届け ナースフルマガジン

ナースが知りたい!くすりの知識 国内初*!慢性便秘症に適応のPEG製剤 モビコール配合内用剤

仕事に役立つ看護手技 > 与薬・薬剤 編

当コンテンツは株式会社 リクルートメディカルキャリアが運営する「ナースフル」というサイト内のコンテンツです。
もし、当コンテンツに関してご不明な点がある場合は、こちらの運営者情報ページからお問い合わせください。


もともと便秘体質の場合もありますが、薬剤の副作用で便秘になってしまう患者さんも多いですよね。
排便コントロールがうまくいかない患者さんを見ると、とてもつらそうです。

がん、巨大結腸症、S状結腸過長症などの器質的疾患によらない慢性便秘症であれば、2018年11月に販売開始されたモビコール配合内用剤に注目よ。
身体への負担も比較的少ない薬剤で、2歳から服用できるほどなの。
便秘を解消してすっきりするための、新たな選択肢をチェックしておきましょう!

水分を確実に腸内へ届け、自然な排便を促す

本剤の最大の特徴は、高分子化合物である「ポリエチレングリコール」(PEG)が主成分だということ。
水で溶かしたPEGは体内で水分としっかり結合し、胃や小腸での水分吸収を抑制するの。
その結果、腸管内の水分量が増え、便の水分量も増えるというわけ。
たっぷりと水分を含んだ便は容積が増え、軟らかくなるので、自然でスムーズな排便が期待できるのよ。

また、本剤は体内と同等の浸透圧になるよう設計されており、体内の水分移動に影響を及ぼさず、体内から水分を奪うこともないから、身体へ負担をかけにくいと考えていいわね。
適量の電解質も配合されているから、電解質のバランスを保つこともできるわ。
海外のガイドラインの多くで、慢性便秘症治療薬としてPEG製剤が推奨されているのもうなずけるわね。

効能・効果

慢性便秘症(器質的疾患による便秘症を除く)

用法・用量

水に溶かして経口投与する。

本剤は白い粉末状で、1包当たり約60mL(2包なら約120mL、3包なら約180mL)の水に溶かして服用するの。
1日当たりの用量は、患者さんの年齢や便秘の状態に応じて以下のように調整するわ。

・2~6歳:初回投与量として1回1包/日、以降は適宜増減
・7~11歳:初回投与量として1回2包/日、以降は適宜増減
※最大投与量は1回2包(1日4包)まで。
・12歳以上:1回2包/日、以降は適宜増減
※最大投与量は1回4包(1日6包)まで。

本剤は複数回(1日3回まで)に分けて服用することもできるので、一度に飲みきれなかった場合は、ラップなどで蓋をして冷蔵庫に保管しておきましょう(ただし、その日のうちに飲み切ること)。
水に溶かすのでは飲みにくいようなら、リンゴジュースなどの飲み物に溶かしても大丈夫よ。

使用上の注意、副作用

重大な副作用としては、ショックやアナフィラキシーが挙げられているわ。
特に初めて服用するときは、血圧低下、蕁麻疹、呼吸困難、顔面浮腫などの異常が出ていないかを十分に確認しましょう。
その他の副作用として、下痢、腹痛、腹部膨満感、悪心、発疹などが発現する可能性があるわ。

患者さんによっては、一般的な用量より少ない量から開始して、効果や副作用の現れ方を確認することもあるのよ。
このようなケースの代表例が、生理機能が低下していて薬剤反応が出やすい高齢者ね。
また、便秘になる人が多い妊産婦についても、同じことが言えるわ。

また、本剤は2歳から服用可能だけれど、幼い子どもは自分では副作用の症状に気づかなかったり、うまく表現できなかったりすることも少なくないわ。
いつもと比べて明らかに元気がない、機嫌が悪いといった様子が見受けられれば、すぐに医療機関を受診するよう保護者への説明しておくべきね。

なお、本剤は水に溶かして服用するものではあるけれど、このときの水分はほとんどそのまま体外へ排出されるわ。
特に高齢者では、適切な水分補給を心がけてもらうことも必要になるわね。


電解質として塩化ナトリウムを含んでいるため、水に溶かして飲むと少し塩気が感じられるそうよ。
子どもは抵抗があるかもしれないけれど、好きな飲み物を選んで溶かせば大丈夫よね。

複数回に分けて服用できたり、用量を細かく調整できたり、とても使い方に柔軟性がある薬剤ですね。

ナースフルでは働く看護師さんを応援しています。
転職についてお悩みの方はこちらのフォームよりご相談ください。

参考文献
モビコール配合内用剤 添付文書.
※効能・効果・使用上の注意等、医薬品の最新情報につきましては、各製品の添付文書等をご参照ください。

* エーザイ株式会社ニュースリリース(2018年11月29日)より

監修:医療法人社団航洋会 目黒通りハートクリニック 理事長/院長 安田洋先生

TOPへ