リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

明日役立つ手技から働き方、医療ニュースまで、看護に活かせる情報をお届け ナースフルマガジン

救護活動でも活躍! 自衛隊看護師になるには?

最新ナースコラム > ナースのお仕事

当コンテンツは株式会社 リクルートメディカルキャリアが運営する「ナースフル」というサイト内のコンテンツです。
もし、当コンテンツに関してご不明な点がある場合は、こちらの運営者情報ページからお問い合わせください。


災害時の救護活動や地域に開かれた医療機関での看護まで、幅広く活躍する自衛隊看護師。看護師資格があれば、中途採用の道もあります。自衛隊看護師になる方法と仕事内容について紹介します。

自衛隊看護師が活躍する場

看護師であり、自衛官でもある自衛隊看護師。その仕事には、全国の自衛官や自衛隊員、その家族の看護、災害時などの各種事態への対応、国際的な安全保障環境改善のための活動、人道的貢献があげられます。
医療機関での看護にとどまらず、被災地での医療支援、救護活動に関心がある人にとっては、さまざまな現場で活躍できるチャンスがあります。

自衛隊の組織は陸上自衛隊・海上自衛隊・航空自衛隊の3つに分かれます。各組織には衛生科があり、患者さんの救急対応、医療施設への搬送、自衛官や自衛隊員の健康管理、防疫、衛生資材などの補給整備などを担っています。
また、陸上・海上・航空自衛隊の共同機関として、自衛隊中央病院と自衛隊地区病院があります。自衛隊看護師はこれらの組織に所属して看護活動を行います。
共同機関の医療施設はもともと自衛隊員やその家族などを対象とした職域病院でしたが、現在はオープン化し、地域住民に対する保険診療を行っている施設もあります。

このほか、PKO活動に派遣された自衛隊員の健康管理(派遣による看護提供)、災害時の派遣隊員への看護や被災者の診療支援など、自衛官として医療機関外での活動機会もあります。

自衛隊看護師になるには

自衛隊看護師になるためのルートは大きく分けると2つあります。

(1)防衛医科大学校看護学科に入学する

防衛医科大学校看護学科に入学し、保健師・看護師の資格を取得する方法です。看護学科には幹部自衛官を養成する自衛官候補課程と、技官を養成する技官候補課程の2コースがあります。

自衛官候補課程で保健師・看護師の資格を取得し、卒業後、陸海空の各幹部候補生学校で学んだ後、全国の自衛隊病院や各組織の衛生科などに勤務します。
なお、自衛官候補課程の場合は入学と同時に特別国家公務員となり、部隊実習や基本教練など、自衛官としての訓練も受けるのが特徴です。

もうひとつの技官候補課程は、保健師・看護師である技官を養成しています。学生の間は特別職国家公務員(非常勤職員)となり、資格取得後は防衛医科大学校病院に入職します。

(2)看護師の自衛官中途採用

すでに看護師の資格を持つ人が自衛隊看護師になるには、中途採用試験があります。そのひとつが技術海曹、技術空曹の採用制度です。
年度によって採用状況は異なりますが、採用後は自衛官としての研修などを受け、各自衛隊拠点の衛生科などに配置されます。狭き門ではありますが、希望する人は、各自衛隊地方協力本部にある窓口で相談しましょう。

もうひとつ、一般社会人を採用して教育訓練修了後に任用する予備自衛官の制度もあります。予備自衛官は、普段は別の職業に従事しながら自衛官としての訓練などを受け、災害時などに自衛官として活動する人材を確保するための制度です。看護師の資格を持つ人は、予備自衛官補(技能)の公募制度があります。
合格した後、2年以内に10日間、80時間の教育訓練(野外勤務や特殊武器防護、野外衛生など)を受けて予備自衛官に任用されます。処遇は非常勤の特別国家公務員で、教育訓練に参加すると手当など支給されます。

自衛隊看護師は、災害看護や戦傷病看護、国際平和活動における看護、ヘルスプロモーションなどの特殊性が高い防衛看護の実践者としての役割が求められます。臨床と部隊衛生を担う看護師として活躍したい人にとってはやりがいのある現場といえるでしょう。

一方、自衛官でもあるため、階層ごとに必要な訓練、部隊勤務に応じた訓練なども受けなければなりません。技官の場合はこうした訓練はありません。また、転勤が多いのも自衛官の悩みどころでしょう。

防衛技官として働くには?

このほか、各自衛隊病院や基地医務室などに入職する方法もあります。この場合は自衛官ではなく、防衛技官での採用となります。非常勤や任期付の募集も一部あります。

通常は自衛隊病院や医務室で看護師としての業務を行うため、一般病院の看護師と役割に大きな違いはありませんが、災害などの発生時には各自衛隊衛生科(隊)との連携による救護活動支援や被災地支援にあたった自衛官の健康管理なども担います。
オープン化されていない自衛隊拠点の病院でも、被災後は一般の患者さんの受け入れも行うことがあり、緊急時の対応能力が求められます。

各自衛隊病院や医務室で看護師を募集する場合は、その拠点や防衛省のホームページなどに情報が出ているほか、求人サイトで探すこともできます。こまめにチェックしましょう。

ナースフルでは働く看護師さんを応援しています。
転職についてお悩みの方はこちらのフォームよりご相談ください。

参考

防衛省:自衛隊

防衛省・自衛隊:自衛官募集ホームページ

防衛医科大学校看護学科

TOPへ