リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

明日役立つ手技から働き方、医療ニュースまで、看護に活かせる情報をお届け ナースフルマガジン

筋肉注射のポイント(実施前・中・後)|クイズで学ぶ看護手技

仕事に役立つ看護手技 > 注射・点滴 編

当コンテンツは株式会社 リクルートメディカルキャリアが運営する「ナースフル」というサイト内のコンテンツです。
もし、当コンテンツに関してご不明な点がある場合は、こちらの運営者情報ページからお問い合わせください。


実施する機会が多くないせいか、筋肉注射のコツがなかなかつかめずにいます。
患者さんも大変だと思いますが、実は打つ方もかなり緊張しているんですよね・・・。

多少なりとも痛みを伴う処置だから、患者さんの不安を招かないよう、自信を持って行えるようにしたいわね。

Question1:筋肉注射の穿刺部位に関して正しいのはどれ?

1.どこの筋肉に穿刺してもよい。
2. 上腕に注射する場合は、肩峰から三横指下の部位に穿刺する。
3. 小児における穿刺部位は、殿部が第一選択となる。

小児と成人では何か違うポイントがあったような・・・。

Answer 2

解説
筋肉注射の穿刺部位として適しているのは、筋層が厚く血管や神経を損傷しにくい筋肉で、最も頻度が高いのは衣服をまくるだけで露出できる上腕の三角筋です。
まずは患者さんの手を腰に当ててもらい、上腕の三角筋が動かないように固定します。
肩峰という肩の出っ張りの部分から、指の横幅3本分下の位置が穿刺部位です。

次に頻度が高い穿刺部位は殿部でしょう。
ただし、小児の場合は殿筋が未発達であり、穿刺部位として不向きとされています。
逆に、腕の筋肉量が少ない、るいそう状態の高齢患者さんで、うつ伏せが可能であれば、殿筋が選択されることが多いでしょう。
患者さんの年齢や筋肉量に合わせて、適切な穿刺部位を選択してください。

Question2:筋肉注射で穿刺中の対応に関して正しいのはどれ?

1. 「指先がしびれている気がする」との訴えがあったが、薬液の投与量が1.5mLと少量のため、そのままゆっくりと注入した。
2. 穿刺した際、針先が引っかかるような手ごたえを感じた。緊張で患者の身体に力が入っているためと考え、深呼吸を促しつつ針を進めた。
3. 逆血を認めたため直ちに抜針して止血し、患者に指先のしびれや痛みの有無を確認した。

患者さんの安全を思えば、正しい選択肢は明らかですよね。

Answer 3

解説
注射針で血管や神経を刺していないか確認するため、逆血やしびれの有無を観察します。
穿刺中に「いつもとは違う」感覚を覚えたとき、そのまま針を進めてはなりません。
針先が血管や神経を傷付けているかもしれないので、すぐに針を抜いて止血しましょう。
その後、患者さんからしびれや痛みの訴えがあれば、主治医へ報告するとともに状態を経過観察します。
特に問題がみられず、再び筋肉注射を行う場合は、部位を変えて穿刺しましょう。

Question3:筋肉注射後の刺入部のマッサージに関して誤っているのはどれ?

1. 筋肉注射後に刺入部を揉むのは、痛みを和らげるためである。
2. 筋肉注射後に刺入部を揉むのは、薬液を拡散して吸収されやすくするためである。
3. どの薬液を注入した場合でも、強めの力でしっかりと揉む必要がある。

そういうものだと思ってルーチンに揉んでいましたが、あらためて理由を問われると・・・う~ん。

Answer 3

解説
筋肉注射後に刺入部を揉むことで、薬液を拡散して周囲組織に浸透させ、血管内へのスムーズな吸収を促すことができます。
また、薬液の滞留時間が短くなることで、硬結や疼痛といった副作用も出現しにくくなります。
ただし、強い力で揉むと皮下出血を引き起こすおそれがあるため、1~2分間程度、優しくマッサージすることが基本です。

ただし、揉む必要があるかどうかは、薬剤によって異なります。
例えば、懸濁性注射剤(薬効成分を粉砕して液体に混ぜ込んだもの)を注入した場合は、組織障害を引き起こすおそれがあるため揉まないようにします。
また、持続性注射剤の場合も、想定より早期に薬剤が拡散してしまうため、マッサージはNGです。
「筋肉注射後は揉むもの」と思い込まず、薬剤の添付文書を確認するようにしましょう。


穿刺部位の選択や穿刺後の観察などについて、しっかりと後輩に指導するためにも、ポイントを踏まえて経験を積んでいきたいです。

筋肉注射は苦手意識を持たれがちだけれど、皮下注射と比べて吸収速度が速く、より多くの薬液を投与できるといったメリットがあるから、スムーズに実施できるようにしておきたいわね。

ナースフルでは働く看護師さんを応援しています。
転職についてお悩みの方はこちらのフォームよりご相談ください。

監修:医療法人社団航洋会 目黒通りハートクリニック 理事長/院長 安田洋先生

TOPへ