リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

明日役立つ手技から働き方、医療ニュースまで、看護に活かせる情報をお届け ナースフルマガジン

カテーテルインターベンション看護の専門家 インターベンションエキスパートナースとは?

最新ナースコラム > ナースのお仕事

当コンテンツは株式会社 リクルートメディカルキャリアが運営する「ナースフル」というサイト内のコンテンツです。
もし、当コンテンツに関してご不明な点がある場合は、こちらの運営者情報ページからお問い合わせください。


カテーテル治療は日々進歩し、多くの診療科で行われています。新しい医療器具の開発も進んでいることから、カテーテル治療にかかわる看護師には高い専門性と、常に新しい知識を吸収することが求められています。その専門知識を学ぶことができるのが、日本インターベンショナルラジオロジー学会、日本心血管インターベンション治療学会合同認定のインターベンションエキスパートナース認定制度(INE)です。

身体への侵襲が少ないIVR

X線やCT、超音波などの画像診断装置を使ってカテーテルを用いる治療(Interventional Radiology:IVR)は、臓器や血管の治療において欠かせないものとなっています。手術が不要で、治療したい場所だけを正確に治療できるため、入院期間も短縮でき、何よりも患者さんの身体への負担が少ないことがメリットといえるでしょう。冠動脈疾患やがん治療など、幅広い分野で行われています。

〈IVR治療〉

  • 血管治療の主なIVR:血管塞栓術や血管内のシャント留置、動注化学療法など
  • 非血管治療の主なIVR:閉塞性黄疸などに対するドレナージ術、肝細胞がんなどに対する経皮的アルコール注入療法、圧迫骨折に対するセメント注入など

IVRによる治療は主に局所麻酔下で行われるため、緊急対応もしやすく、全身状態が低下した患者さんに対する治療としても有効な手法とされています。

IVRにおける看護師の役割

IVRを受ける患者さんは、その多くが高齢者であり、事前の情報収集が重要です。看護師は既往歴や造影剤によるアレルギーの有無、全身状態などを把握し、他職種と共有をはかります。

IVRの現場では、医師が治療を円滑に進められるようにサポートすることが看護師の大きな役割となります。一方で「看護」の専門性が見えにくい面もあるといえるでしょう。

しかし、いざ検査や治療が開始されると、医師は画像の確認と治療(手技)、診療放射線技師は画像の操作、臨床工学技士は医療機器の監視などにつきます。患者さんをそばで観察し、その訴えに最も早く対応できるのが看護師です。手技中は、同一体位をとることによる患者さんの苦痛が大きく、寒さを訴えるケースもあります。実施される手技を理解したうえでポジショニングを工夫し、保温に努めるなど、患者さんの苦痛を軽減するための関わりが求められます。

患者さんの不安を軽減して安全かつ安楽に検査や治療が受けられるように細やかに目を配り、モニターや患者さんの表情から情報を読み取って異常の早期発見につなげるなど、看護師の役割は非常に大きいといえるでしょう。

IVR看護のスペシャリストを目指すには

IVRは専門性が高い治療のひとつで、看護師にもIVRの専門的な知識が必要とされます。そこで2007年に、日本インターベンションラジオロジー学会が日本IVR学会認定IVR看護師制度を開始。2012年からは日本心血管インターベンション治療学会も加えた合同認定制度へと発展させ、インターベンションエキスパートナース(INE)認定制度が始まりました。
受験資格は、実務経験が3年以上でIVR専門医またはCVIT専門医のもとで100例以上(主な介助者として携わった症例が対象)の看護経験がある看護師または准看護師となっています。そのほか、受験前の2年間でインターベンションエキスパートナース制度委員会が開催する講習会を1回以上受講していることが要件となっています。

講習会では、血管系IVR、非血管系IVR、心臓IVRなどの基本的な知識から、X線被曝防護や一般的な管理、副作用、IVRの看護について学びます。

認定試験は同日に東京、大阪の2会場で行われます。
2019年の認定試験はすでに終了していますが、講習会は秋に東京と大阪で行われるため、受験資格を持っていて、資格取得を目指している人は、来年の受験に向けて早めに準備を進めましょう。インターベンションエキスパートナース制度委員会のホームページには、過去の試験問題が公表されています。

また、この認定制度は5年更新となっています。資格取得後も講習会への参加やIVR、CVITなどの関連学会で新しい知識を学ぶことが求められます。更新には50単位の取得が必要ですが、国内では全国各地で開催されている150の研究会やセミナーが対象で、国際学会も12の登録があります。地域でIVRに関心がある医師や看護師、他職種とともに学ぶことで、多くの刺激を受けられるのではないでしょうか。

ナースフルでは働く看護師さんを応援しています。
転職についてお悩みの方はこちらのフォームよりご相談ください。

参考
日本IVR学会:日本IVR学会・CVIT合同認定インターベンションエキスパートナース

TOPへ