リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

明日役立つ手技から働き方、医療ニュースまで、看護に活かせる情報をお届け ナースフルマガジン

あなたはどっち派?「病院」vs「訪問看護ステーション」やりたい看護ができるのは?

最新ナースコラム > ナースのお仕事

当コンテンツは株式会社 リクルートメディカルキャリアが運営する「ナースフル」というサイト内のコンテンツです。
もし、当コンテンツに関してご不明な点がある場合は、こちらの運営者情報ページからお問い合わせください。


看護師が職場を決めるうえで大事な要素となるのは、給与、勤務形態、人間関係、仕事のやりがいなど、いくつか挙げられます。人によってその優先度は異なりますが、看護師の活躍できるフィールドが拡大している今だからこそ、「自分がやりたい看護」を改めて考えてみるのもよいのではないでしょうか。今回は病院と訪問看護ステーションでの働き方を比較しながら考えてみましょう。

病院

メリット:キャリアに合わせた教育制度が充実

病院は地域のなかで急性期や回復期、慢性期など、その役割が異なります。なかでも急性期は患者さんの病状が変化しやすく、手術などで過大な侵襲を受けた患者さんのケア、看護を短期集中的に提供しています。重症患者さんが回復して退院していく、最も変化の大きい時期に関われることは看護師としての大きなやりがいとなるでしょう。

平均在院日数が短く、短期間で多くの症例を経験できることで、看護師としてのスキル、知識を吸収して成長できる現場でもあります。救急やICU、手術など現場に応じた知識やスキルが必要とされる現場も多く、専門性を追求したい人にも向いている職場です。

病院は訪問看護ステーションに比べて看護師の数が多く、若い世代からベテランまでが揃っています。院内での教育ラダーが整備され、研修制度も充実しているため、資格を取得したり管理者を目指したりと、キャリアアップを目指しやすい環境といえるでしょう。

デメリット:多忙さからバーンアウトも

急性期病院は、多くの新人看護師が最初に入職する先でもあるため、人材育成も大きな役割となっています。入職する看護師も学びたい意欲は大きく、経験を積みながら「看護師として成長したい」という希望を叶えられる現場でもあります。

一方で、病院は多忙さがしばしば問題となり、日勤、夜勤と不規則な勤務によって体調を崩して退職を選ぶ人も少なくありません。また、患者さんの看取りが重なることによる精神的なストレスでバーンアウトしてしまう看護師もいます。

慢性期の看護においても、治癒が困難な患者さんのケアを担う点では、看護の効果が見えにくい点がバーンアウトの要因になるともいわれています。病院での看護においては、自分がしたい看護や向き不向きに合わせて職場を選ぶことも重要といえるでしょう。

訪問看護ステーション

メリット:生活を見据えてじっくり向き合える

訪問看護ステーションで働く看護師は、医師の指示書に基づき、利用者の家庭を訪問して看護を提供します。病院では病棟ごとに診療科が分かれていますが、訪問看護ではあらゆる慢性疾患や医療的処置が必要な利用者を担当します。広い知識とスキルが必要とされますが、長期的に利用者やその家族と関われることで看護師としての幅が広がる職場といえるでしょう。

また、働き方の面でも病院とは大きく異なり、オンコールがある訪問看護ステーションもありますが、勤務の基本は日勤のみ。夜勤がないのが大きなメリットといえます。

デメリット:1人での訪問に不安も?

利用者の生活を見ながら医療・看護の視点で関わる訪問看護師。その人の療養生活を支えるうえで重要な役割を担っており、やりがいも大きい職場です。しかし、訪問は基本的に1人で行うため、病院のようにその場で先輩看護師などに相談することはできません。どのような場合に医師に相談すべきなのか、その判断力が必要とされるため不安に感じる看護師も多いようです。

また、利用者や家族と長きにわたって関わることがデメリットになることも。看護は対人援助でもあり、そこには相性が少なからず存在します。関係が密になりやすい訪問看護だけに、利用者や家族との関係がうまくいかないことが大きなストレスになることもあります。

病院は患者さんの都合よりも医療側の都合が優先されることが多いものの、看護師が家庭に訪問する訪問看護では医療設備も限られ、利用者の経済的な背景にも配慮しなければなりません。限られたなかでよりよい療養環境をつくれるかが問われるといえるでしょう。

自分に合った看護スタイルの選択を

今回は、病院のなかでも主に急性期病院と訪問看護ステーションのメリット、デメリットを紹介しました。しかし、勤務先によっても状況はさまざまです。転職を考える際には、自分がやりたい看護と優先したい条件を照らし合わせながら、選択肢をできるだけ広めて探すことで、自分の思いや条件にマッチした職場がみつかるかもしれません。

ナースフルでは働く看護師さんを応援しています。
転職についてお悩みの方はこちらのフォームよりご相談ください。

TOPへ