リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

明日役立つ手技から働き方、医療ニュースまで、看護に活かせる情報をお届け ナースフルマガジン

医療機関が行う「訪問看護」と独立型の「訪問看護ステーション」はどう違う?

最新ナースコラム > ナースのお仕事

当コンテンツは株式会社 リクルートメディカルキャリアが運営する「ナースフル」というサイト内のコンテンツです。
もし、当コンテンツに関してご不明な点がある場合は、こちらの運営者情報ページからお問い合わせください。


高齢者が増加するなかで、地域や暮らしの場での看護のニーズが高まっています。病院機能の分化が進み、院内での看護にも病院の機能に応じた役割がありますが、在宅においても機能に応じた役割があります。医療機関が運営する訪問看護と独立型訪問看護ステーションの役割の違いについて紹介します。

医療機関による訪問看護の特徴

訪問看護には大きくわけて病院や診療所が提供するものと、独立型の指定事業所の訪問看護ステーションが提供するものがあります。
病院や診療所が行う訪問看護には次のような特徴があります。

【医療機関(病院・診療所)による訪問看護】

  • 人員基準なし(医療機関の看護師が対応する)
  • 設備は医療機関との共用が可能で、訪問看護ステーションのような訪問看護相談・感染管理等の設備を別に設ける必要がない
  • 医療機関の医師の指示で訪問看護が可能(診療録の記載で訪問可能)
  • 医療保険の利用が多い
  • 訪問看護ステーションのみで採算がとれないと運営できないわけではない

しかし、訪問看護を実施する医療機関は少ないのが現状で、近年は同じ法人に附属する訪問看護ステーションに移行するケースが増えています。

法人に附属する訪問看護ステーションは、他の医療機関から訪問看護の依頼を受けることも可能です。医療機関とは別の独立採算となるので、経営的にも、自施設の患者さんだけでなく地域の利用者さんを受け入れることになります。

医療依存度が高い患者さんの受け皿に

退院患者さんの受け入れが多い医療機関附属の訪問看護ステーションは、がん終末期や難病などで医療的処置が必要な場合や専門性が高い医療的ケアが必要な小児、精神科訪問看護などのニーズが高いとされています。

病状によって緊急入院が必要となる可能性が高い患者さんの場合は、特に医療機関附属の訪問看護ステーションのニーズが高いといえるでしょう。緊急訪問の割合も医療機関併設の訪問看護ステーションのほうが多くなっています。

医療依存度が高い利用者や小児、精神科看護などの訪問看護に関心がある人は、医療機関併設の訪問看護ステーションが一つの選択肢となるのではないでしょうか。
平均利用者数や訪問回数が多く、多忙である点は変わりませんが、看護職員数は医療機関附属の訪問看護ステーションのほうがやや多く、地域ケア会議に参加したり、地域の独立型訪問看護ステーション等からの相談に対応したりと、活動の幅が広いのも特徴のひとつです。

独立型訪問看護ステーションの特徴

独立型の訪問看護ステーションは介護保険の利用者が多く、医療機関併設の訪問看護ステーションと比べると、病状が安定した利用者が多いのが特徴です。

リハビリテーションに注力していたり、看護小規模多機能型居宅介護と一体的に運営をしていたりと、ステーションごとに特色があり、地域によっては、自分がやりたい看護や働き方から職場を選ぶことができるでしょう。

24時間体制で訪問看護の提供が可能なステーションの増加は地域の受け皿の充実につながりますが、独立型で小規模の訪問看護ステーションは24時間体制の維持が難しい、あるいは人員が確保できずに休止を余儀なくされる事業所もあります。

そのため、機能強化型訪問看護ステーションのように看護師を多く配置できる大規模な訪問看護ステーションを中心に、医療機関附属のステーションと小規模訪問看護ステーションが連携して役割を分担する必要がある地域が増えるとみられます。

たとえば、退院直後は医療機関附属の訪問看護ステーションで受け入れ、状態が安定した後は、機能強化型訪問看護ステーションや利用者自宅近くの小規模訪問看護ステーションで受け入れるなどの役割分担ができるでしょう。

訪問看護ステーションは地域の重要な医療・看護の資源であり、医療機関併設や機能強化型訪問看護ステーション、小規模の独立型訪問看護ステーションがそれぞれの特性を活かして看護が提供できる体制づくりが求められます。

訪問看護に関心がある人は、訪問看護ステーションの機能や役割を十分に理解したうえで、自分のやりたい訪問看護が実践できるステーションを探しましょう。

ナースフルでは働く看護師さんを応援しています。
転職についてお悩みの方はこちらのフォームよりご相談ください。

TOPへ