リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

明日役立つ手技から働き方、医療ニュースまで、看護に活かせる情報をお届け ナースフルマガジン

健康運動指導士・健康運動実践指導者はどんな資格?介護予防や退院後のための質の高い運動指導ができるように

最新ナースコラム > ナースのお仕事

当コンテンツは株式会社 リクルートメディカルキャリアが運営する「ナースフル」というサイト内のコンテンツです。
もし、当コンテンツに関してご不明な点がある場合は、こちらの運営者情報ページからお問い合わせください。


健康運動指導士は、1988年に厚生大臣(当時)の認定事業として養成がはじまったもので、広く運動の普及に努めることで、子どもの発達から高齢者の要介護予防、生活習慣病の予防などに寄与しています。看護師がこの資格を取得することのメリットや受験資格などを紹介します。

医療機関や老健などの福祉施設で活躍

健康運動指導士や健康運動実践指導者の認定を行っている健康・体力づくり事業財団によれば、健康運動指導士はアスレチッククラブやフィットネスクラブに次いで診療所や病院に多く、健康運動実践指導者もアスレチッククラブ・フィットネスクラブ、学校関係に次いで診療所、病院の所属が多くなっています。また、近年では介護老人保健施設や福祉施設などの介護予防事業の分野で活動する人が増えています。

【各資格の役割】

  • 健康運動指導士
    ⇒運動プログラム作成および実践指導計画の調整等を担う人材
  • 健康運動実践指導者
    ⇒自ら見本を示せる実技能力と、とくに集団に対する運動指導技術に長けた人材

健康運動指導士は、個別の身体状況に合わせて安全で効果的な運動を実施するための運動プログラムの作成と指導、生活習慣病にかかる可能性のあるハイリスク者への個別指導・健康支援が大きな役割となっています。

一方、そのプログラムに沿って安全かつ効果的に実践的な指導ができる実技能力と、集団に対する運動指導技術を持ち合わせたのが健康運動実践指導者です。

健康運動指導士と健康運動実践指導者は地域で活動の幅を広げていますが、患者さんや地域住民が安全に運動を習慣づけられるように体制を整備したり、働きかけたりすることも重要な役割といえるでしょう。医療機関内に専門スペースを確保して地域の人が参加できる運動教室を開いたり、自治体の活動として健康づくりの事業を企画・運営したりと、地域の状況や個別性の高い指導を行っています。

看護師が資格をとるメリットは?

健康運動指導士は、その人の身体状況に合わせた運動プログラムの作成や個別指導・健康支援を行うため、患者さんの生活背景を理解した看護師がこの資格を取得することによるメリットは大きいといえるでしょう。看護師による生活指導で、「運動習慣をつけましょう」といっても、具体的な指示があるのとないのとでは、患者さんの取り組みも変わります。具体的にその人にどの程度の強度の運動が必要か、骨や筋肉、循環系など、その人の身体状況に合わせた運動は何かをふまえてプログラムを作成したり、指導したりすることで、指導の実効性も向上するのではないでしょうか。

管理栄養士がいない診療所などでは、看護師が栄養指導を担うことも多く、運動と栄養管理を組み合わせた、より質の高い指導が可能となります。理学療法士や作業療法士などのリハビリテーション職とのコミュニケーションも取りやすくなり、相互理解にもつながるでしょう。

また近年、健康運動指導士の活躍の場として期待されているのが介護保健施設です。介護予防に役立つ運動指導のプログラムが作成できる健康運動指導士の資格を持つことは、転職の際にも大きなメリットとなるのではないでしょうか。

健康運動指導士・健康運動実践指導者の資格を取得するには?

健康運動指導士ならびに健康運動実践指導者は、看護師資格があれば受験申し込みが可能です。受験申込書を審査のうえ、受講が認められた人から先着順に講習会に参加します。

●健康運動指導士

  • A~Fのカテゴリーに分かれた講習から、自分の受験資格に応じた単位(e-ラーニング含む)を取得する(看護師もしくは准看護師資格で受験する場合)
  • 認定試験を受験する(年3回)

健康運動指導士は、保有する資格によって受講する講習の単位数が異なります(看護師、准看護師、助産師など:104単位、医師、保健師、管理栄養士:70単位、4年制体育系大学卒業者:51単位、健康運動実践指導者など:40単位)。
このほか、健康運動指導士養成校に指定されている教育機関(4年制大学の体育学科など)で指定の学部、学科を卒業した人に認定試験受験資格が与えられます。

●健康運動実践指導者

  • 講義16単位、実習17単位の計33単位(1単位90分)を3期にわけて9日間履修
  • 会期中に指導実技試験、講義終了後に認定の筆記試験を受ける

2019年は全国6会場で講習が行われる予定です。3期同じ会場での講習に参加する必要があり、各会場に定員があるため、受験を希望する人は早めにチェックしておきましょう。

このほかにも同財団では、看護師や栄養士、薬剤師、准看護師などを対象にした「特定保健指導の実施にかかる運動指導担当者研修」も開催しています。健康運動指導士の講習のなかから指定の講習98単位を受講することで研修課程の修了証が授与されます。健康運動指導士より必要単位数は少ないものの、生活習慣病の運動指導などにあたっている看護師に適した研修といえます。
運動指導に関する知識を身につけることは、看護師自身の健康づくりにも役立つのではないでしょうか。

ナースフルでは働く看護師さんを応援しています。
転職についてお悩みの方はこちらのフォームよりご相談ください。

参考
健康・体力づくり事業財団「健康運動指導士 健康運動実践指導者」

TOPへ