リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

明日役立つ手技から働き方、医療ニュースまで、看護に活かせる情報をお届け ナースフルマガジン

「高血圧治療ガイドライン2019」改定 より厳格な基準で心血管疾患の予防を

最新ナースコラム > 医療の最新ニュース

当コンテンツは株式会社 リクルートメディカルキャリアが運営する「ナースフル」というサイト内のコンテンツです。
もし、当コンテンツに関してご不明な点がある場合は、こちらの運営者情報ページからお問い合わせください。


生活習慣病の代表ともいえる高血圧。患者数の伸びだけでなく、未治療者や併存疾患を抱える患者さんの増加など、高血圧対策は多様な問題を抱えています。そのなかで患者さんと医療チームが信頼関係を構築していくこと、診療科間や地域の連携強化など、早期発見、継続的な治療への取り組みが必要とされています。今回改定された「高血圧治療ガイドライン」は、社会全体で患者さんへの意識づけをはかることの重要性が強く反映されたものとなっています。

血圧分類の名称変更の狙いは?

日本高血圧学会が5年ぶりに改定した「高血圧治療ガイドライン2019(JSH2019)」では、次の血圧分類の名称が変更されています。

分類 診察室血圧(mmHg) 家庭血圧(mmHg)
変更前 変更後
至適血圧 正常血圧 <120 かつ <80 <115 かつ <75
正常血圧 正常高値血圧 120-129 かつ <80 115-124 かつ <75
正常高値血圧 高値血圧 130-139 かつ/または 80-89 125-134 かつ/または 75-84
I度高血圧 140-159 かつ/または 90-99 135-144 かつ/または 85-89
II度高血圧 160-179 かつ/または 100-109 145-159 かつ/または 90-99
III度高血圧 ≧180 かつ/または ≧110 ≧160 かつ/または ≧100
収縮期高血圧
(孤立性)
≧140 かつ <90 ≧135 かつ <85

一般成人や高齢者の降圧目標が厳格化

高血圧の基準値は従来通り診療室血圧が140/90mmHg、家庭血圧が135/85mmHgです。しかし、診察室血圧で120~129/80mmHg未満の人も、脳血管疾患の発症率が高まることが明らかとなったことを受け、従来の「正常血圧」から「正常高値血圧」へと名称が変更されました。高リスク域にあることを患者さんに意識してもらうことが重要であり、生活習慣の改善が必要となります。

130~139/80~89mmHgの人はさらに脳血管疾患発症リスクが高く、「正常高値血圧」から「正常」の表現が削除されました。血圧管理が必要な高値にあることをより強調する分類名称になりました。

また、血圧管理では家庭血圧の測定の習慣化が重要となるため、家庭血圧による分類も示されました。患者さんに家庭血圧の管理目標を明確に数値で示すことは、患者指導の充実につながるのではないでしょうか。

高血圧患者さんの降圧目標は、75歳未満の一般成人で、診察室血圧が130/80mmHg、家庭血圧が125/75mmHgとなり、2014年の140/90mmHg(診察室血圧)よりも厳格になっています。75歳以上の高齢者も、2014年版の診察室血圧が150/90mmHg(忍容性がある場合にはそれぞれマイナス10mmHg)から、140/90mmHg未満に変更されました。

糖尿病やCKD(蛋白尿+)の患者さんの降圧目標は130/80mmHg未満で変更がないものの、脳血管障害患者さん、冠動脈疾患患者さんは、140/90mmHg未満から130/80mmHg未満に厳格化されています。これは、欧州や米国の降圧目標値により近いもので、高血圧に対しては正常高値血圧、高値血圧の段階から積極的な管理、治療を行うこととなります。

医療者側の高い意識も重要に

高血圧患者さんは国内で約4,300万人にのぼるといわれていますが、そのうち治療を受けている方は半数ほどの約2,450万人で、実際に降圧目標で血圧管理ができている人は約1,200万人といわれています。

大きな課題となっているのが、未受診・未治療者を拾い上げて早期に医療につなぐことといえるでしょう。特定健診は、未受診・未治療者を拾い上げる場でもあり、地域の保健師の役割が重要となります。また、拾い上げた未治療者の継続的な受診、血圧の管理には、かかりつけ医や看護師、管理栄養士、薬剤師などが連携して服薬コンプライアンスの向上や生活習慣の改善をはかっていくことが重要となります。

一方、高血圧や糖尿病などの生活習慣病においては、「臨床イナーシャ」の問題が指摘されています。「イナーシャ=inertia」とは、「惰性」を意味しており、高血圧の場合は、ガイドラインでは治療対象となっているのに治療を開始しない、降圧目標に達していないにもかかわらず治療を強化せずに漫然と同じ治療を続けてしまう状態などを指します。慢性疾患は、非専門医のかかりつけで治療を受ける患者さんも多く、この臨床イナーシャが、高血圧対策が進まない理由のひとつともいわれています。

高血圧などの生活習慣病は、生命に直結する合併症の発症を抑えることが目標であり、薬物療法や生活指導は随時評価しながら進めていく必要があります。患者さんの意識を高めて行動変容につなげるためには、医療者側も最新の情報を入手して治療や指導の質を高めていくことが重要といえるでしょう。

ナースフルでは働く看護師さんを応援しています。
転職についてお悩みの方はこちらのフォームよりご相談ください。

参考
日本高血圧学会

TOPへ