リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

明日役立つ手技から働き方、医療ニュースまで、看護に活かせる情報をお届け ナースフルマガジン

患者指導に「時間栄養学」を役立てよう

最新ナースコラム > 医療の最新ニュース

当コンテンツは株式会社 リクルートメディカルキャリアが運営する「ナースフル」というサイト内のコンテンツです。
もし、当コンテンツに関してご不明な点がある場合は、こちらの運営者情報ページからお問い合わせください。


体内時計を考慮した栄養摂取「時間栄養学」が注目されています。身体に備わっている機能を理解することで、患者指導がより充実し、患者さんの関心も高くなるのではないでしょうか。患者指導に使える時間栄養学について紹介します。

体内時計と「栄養」の密接な関係

2017年にノーベル医学・生理学賞を受賞した時計遺伝子の解明で一躍注目された体内時計。この体内時計を扱っている分野は、時間生物学と呼ばれています。ここに栄養学の視点を加えたのが「時間栄養学」という分野で、「何をどのくらい食べるのか」に加え、「いつ食べるのか」という観点を考慮した栄養学を指します。具体的には、食べるものや食べる時間が体内時計にどのような影響を与えるのか、ということが研究されています。

体内時計は起床時に日光を浴びることでリセットされることで知られています。これは、視床下部の視交叉上核にある中枢時計への刺激によるもので、起床時に浴びた光の信号をキャッチすることによるものです。
もうひとつは、全身の細胞に備わっている体内時計で、末梢時計と呼ばれています。中枢時計の情報が末梢時計に伝わることで体内時計が調整されていますが、末梢時計を調整するもうひとつの要素が「食事」です。

起床時に日の光を浴びずに中枢時計が乱れたままでも、食事をとることで末梢時計は独自にリセットされます。特に朝食は末梢時計のリセットに大きな役割を果たしており、体内時計に「今は朝だ」と認識させることで、血圧や体温、ホルモン分泌、代謝が整います。

体内時計の周期は24時間15分ほどといわれており、毎日リセットしなければ1週間で1時間45分、1か月(4週間)で7時間ものずれが生じてしまいます。

食べるものが体内時計に与える影響

食べるものが体内時計に影響することもわかってきています。

例えば、インスリンには体内時計を整える効果があることがわかっています。インスリンの分泌を促すことで、体内時計が整って肥満、心血管疾患などのリスク軽減にもつながります。筋肉量が少ない高齢者には、朝食にタンパク質をきちんととって運動習慣をつける指導をすることで、タンパク質が筋肉量増加に寄与し、寝たきり予防にもなります。

また、生活習慣病の患者さんは高脂肪食を好む傾向にありますが、高脂肪食は体内時計のリズムが乱れたり、リズムを弱めたりする原因になることがわかってきました。他にも、高食塩食は末梢時計を進めてしまうことも研究によって示されています。

中枢時計に変化がなくても、末梢時計が独自に早まってしまったり、リズムが乱れたりすることで、時差ボケの状態に陥ってしまい、体調不良の原因となります。食事を規則正しくとることに加えて、食事内容も重要であることを「体内時計」の視点をふまえて説明すると、患者さんへの指導も充実するのではないでしょうか。

いつ食べると健康に役立つ?

食事時刻も健康への影響があります。

朝食におすすめなのが高たんぱくの食事。朝食は、体内時計リセットのためにインスリンの分泌を促す食事内容にすると効果的です。
特に高齢になると、インスリンの働きが低下して体内時計がリセットされにくくなります。そこでポイントとなるのがタンパク質。肉、魚、大豆などに含まれるタンパク質には、IGF-1と呼ばれるホルモンの分泌を促す作用があり、体内時計がリセットされやすくなります。

肥満解消のためには間食は避けなければなりませんが、我慢できない場合には15時がひとつの目安といわれています。
食事からとったエネルギーが余ると脂肪として蓄えられますが、このときに働くのがBMAL1と呼ばれるタンパク質です。BMAL1の働きが活発になるのが夜の時間帯で、夕食や夜食でとったエネルギーは脂肪として蓄えられやすくなります。
BMAL1の働きが一番弱くなるのが15時頃といわれているため、その時間にとったものは夜食べた場合と比べて脂肪になりにくいのです。

高齢者で骨粗鬆症の予防につながるのが、夕食に大豆製品をとること。骨は夜につくられるため、効率よく栄養を活かすことができます。また、血栓の予防に役立つといわれているナットウキナーゼが入った納豆も夕食にとるのがおすすめといわれています。

体内時計の研究が進み、今後さらに上手な活用方法がわかってくるでしょう。身体が持つ本来の機能に着目することで、指導の内容に関心を持ってもらえるのではないでしょうか。

ナースフルでは働く看護師さんを応援しています。
転職についてお悩みの方はこちらのフォームよりご相談ください。

参考

農研機構・食品総合研究所:時間栄養学

早稲田大学理工学術院トピック:タンパク質やアミノ酸の食事が末梢臓器の体内時計を同調させる 肥満防止や糖尿病治療への貢献に期待

榛葉繁紀:時計遺伝子による代謝調節と疾患.化学と生物,50(11),p.794−800

TOPへ