リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

明日役立つ手技から働き方、医療ニュースまで、看護に活かせる情報をお届け ナースフルマガジン

看護師としての知識の幅を広げる“検定試験”あれこれ vol.4 健康マスター検定、スキンケアマイスター、薬学検定

最新ナースコラム > ナースのお仕事

当コンテンツは株式会社 リクルートメディカルキャリアが運営する「ナースフル」というサイト内のコンテンツです。
もし、当コンテンツに関してご不明な点がある場合は、こちらの運営者情報ページからお問い合わせください。


他施設の看護師と比べて自分の知識や実践力はどのくらい? 実践に役立つ知識をアップデートしたい、でも資格試験は準備も大変だし、費用もかかる……、そんな人におすすめなのが検定試験。今回は健康マスター検定、スキンケアマイスター、薬学検定の3つをご紹介します。

仕事の幅を広げる検定に挑戦

幅広い知識を持つことで、患者さんへの指導はもちろん、会話の引き出しも増やすことができます。「通学や実習に時間を割くのは難しいけれど、自分の時間を上手に使って新しい知識を得たい」という人におすすめなのが検定試験です。

(1)健康マスター検定

高齢者が増加し、「健康寿命」という言葉を聞く機会も増えました。年齢を重ねてもいきいきと暮らしていくために必要な知識を身につけて健康リテラシーを高めることを目的として誕生したのが健康マスター検定です。

看護師は配属先の病棟の患者さんに多い疾患やケアは深く理解していますが、患者さんや家族から日頃の健康づくりについて質問をされたり、相談されたりすることも多いもの。幅広い健康に関する知識を身につけることで、より生活に密着したアドバイスができるようになります。

健康マスター検定はベーシック・コースとエキスパート・コースの2つの階級があります。ベーシック・コースはセルフケアのための基本的な知識、エキスパート・コースは体系的な健康知識やノウハウなどのアドバイスができる健康リテラシーを身につけることができます。看護師におすすめなのはエキスパート・コースです。

●試験:年度内で3回開催(過去実績)
●試験内容:ベーシック・コース、エキスパート・コースともに公式テキスト(「日本健康マスター検定公式テキスト」)に準ずる。試験は4肢択一マークシート方式。同一日に全国44地区で試験実施(過去実績)
●受験資格:特になし
●検定料:5,000円(ベーシック・コース)、8,000円(エキスパート・コース)※エキスパート・コースのみの受験も可能
日本健康生活推進協会

(2)スキンケアマイスター

看護師が行うケアのなかで関心が高い領域のひとつがスキンケア。なかでも化粧品やサプリメント、美容医療などに関連するスキンケアに関心がある人におすすめなのが、日本コスメティック協会が認定するスキンケアマイスター(美容総合検定)です。

美容系クリニックやエステティックに勤務する看護師、セルフケアに関心がある看護師に人気の検定試験です。協会の検定テキストや関連書籍で自分の時間を使って勉強ができ、専門知識を身につけることができます。

申し込みから受験までのすべてをインターネットで行うことができ、検定試験も自分のタイミングで受けられます。試験終了と同時に採点して合否結果が判定されるのもネット検定のメリットです。

●試験:インターネットでいつでも受験可能(試験時間45分)
●試験内容:皮膚の構造や役割、光老化、毛髪、頭皮のケア、エステティックサロンで可能な施術、美容医療やサプリメントの知識など。(参考図書:「日本コスメティック協会検定テキストコスメQ&A第2版」)試験は3択式。
●受験資格:特になし
●検定料:5,000円
●有効期間:3年間(資格更新には所定の講習の受講が必要)
日本コスメティック協会

(3)薬学検定

「セルフメディケーション」が求められる時代。情報が溢れるなかで、医療従事者が正しい知識を提供することの重要性が高まっています。看護師もセルフメディケーションの知識を提供する側として、自身のセルフケア能力を高めるために薬に関する基本的な知識を持つことが求められています。

薬学検定は薬学の基本的な知識を身につけられるだけでなく、疾患や食品と薬の飲み合わせ、臨床検査、処方薬の作用、副作用、服薬指導にも役立つ知識を学ぶことができ、医療従事者としての知識の幅を広げることにもつながります。

薬学検定は1~4級まで各段階で求められる知識が異なります。医療従事者であれば医療現場で使用されている薬に関する知識を求められる2級以上を取得するのがおすすめです。

薬学のなかでも一般用医薬品や医療用語、家庭医学、医療用医薬品など、分野ごとにテキストがあります。苦手な分野や学びたい分野を集中的に勉強することが合格の近道でしょう。

●試験:年2回(6・11月)
●受検資格:特になし
●受験料:4級4,800円、3級5,800円、2級6,800円、1級7,800円(すべて税込)※2級と3級は同時受験可能:12,600円(税込)
●試験:5肢択一式(マークシート方式)の筆記試験。東京、名古屋、大阪、福岡、札幌、仙台の6都市で開催(受験者10名以上の場合は団体受験ができ、団体受験は国内どこでも可能)
NPO法人日本セルフケア支援薬剤師センター(薬学検定事務局)

今回は、受験資格の制限がなく誰でも挑戦でき、看護師としての知識の幅を広げるだけでなく看護師さん自身のセルフケアにも役立つ検定試験をご紹介しました。
検定試験の勉強を通じて、仕事へのモチベーションも高まるのではないでしょうか。今後もさまざまな検定試験をご紹介していきます。

ナースフルでは働く看護師さんを応援しています。
転職についてお悩みの方はこちらのフォームよりご相談ください。

TOPへ