リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

明日役立つ手技から働き方、医療ニュースまで、看護に活かせる情報をお届け ナースフルマガジン

看護師としての知識の幅を広げる“検定試験”あれこれ vol.2 看護力検定、こころ検定、健康管理能力検定

最新ナースコラム > ナースのお仕事

当コンテンツは株式会社 リクルートメディカルキャリアが運営する「ナースフル」というサイト内のコンテンツです。
もし、当コンテンツに関してご不明な点がある場合は、こちらの運営者情報ページからお問い合わせください。


ご自身の看護の知識や実践力はどのくらいあるのか、考えてみたことはありますか?「実践に役立つ知識をアップデートしたい、でも資格試験は準備も大変だし、費用もかかる……」そんな人におすすめなのが検定試験。今回は看護力検定、こころ検定、健康管理能力検定の3つをご紹介します。

関心がある分野の“入門編”

「看護師としてのキャリアアップは魅力だけど、時間にも費用にも今は余裕がない……」「看護実践に少しでも知識を役立てたい」という人には、楽しみながら学べて実力も試せる検定試験がおすすめです。

(1)看護力検定

自分の「看護力」の幅を広げるのに役立つのが、その名もずばり「看護力検定」です。2018年に始まった看護力検定は、年2回開催。3回受検となりますが、1回20問の試験がわずか15分と短い時間で、受検期間中であれば、スマートフォンやタブレット、パソコンから自由にアクセスして受検することができます。

主催するのは、医学や看護をはじめ、医療従事者向けの雑誌や書籍を発行する株式会社メディカ出版。北里大学病院・東病院看護部が監修し、難易度は日本看護協会クリニカルラダーI~IIIレベル相当と、その出題内容は本格的なものです。

出題範囲も幅広く、成績は経験年数などに応じて基礎知識、アセスメント、スキル・ケア提供、コミュニケーション、基本姿勢の5つで評価されます。自分の実力を試すだけでなく、苦手な分野を把握することができるのもこの検定を受けるメリットのひとつです。施設単位で参加も可能なため、看護管理者にとっても注目の検定試験ではないでしょうか。

ホームページでお試しテストに挑戦することもできます。臨床で培った知識や経験を試したい人はもちろん、復職を目指している看護師の知識の振り返りにもおすすめです。

●試験:年2回開催(2019年7月1日~7月26日ほか)
●成績認定:ダイヤモンド、ゴールド、シルバー、ブロンズの4段階、さらに受検を重ねるとレジェンド、スターのステージ認定あり
●検定方法:インターネット検定(1回15分×3回)
●受検資格:なし
●検定料:1,500円(税別)
株式会社メディカ出版「看護力検定」

(2)こころ検定

看護師はケアの対象である患者さんや家族などの思いに寄り添い、心のケアを行う役割も担っています。また、ケアをする看護師自身のメンタルケアも大きな課題といわれています。そのため、日々の実践を通じて心理学に興味を持つ看護師も多いのではないでしょうか。

そんな人に、心理学の入門編としておすすめなのが「こころ検定」。日本学術会議協力学術研究団体メンタルケア学術学会が主催し、文部科学省が後援している検定です。

こころ検定は4~1級までの4段階がありますが、2級はメンタルケア心理士、1級はメンタルケア心理専門士の資格に該当するもので、4級、3級はその資格取得に向けたステップと考えてもよいでしょう。「心理学」と聞くと難しいイメージがありますが、4級は中学校卒業レベルが対象で、心理学を学ぶうえで必要となる基礎心理学の領域の知識が出題範囲となります。

4級から1級ずつステップアップしていくこともできるので、自分のペースで段階を踏みながら専門性を高めたい人にもおすすめです。

●受検資格:特になし(1級のみ「こころ検定2級」合格もしくはメンタルケア心理士資格が必要)
●検定料:
4級、3級 6,000円
2級 7,700円
1級 学科試験8,000円、実技・口述試験5,000円(税込)+公式テキスト
●受検申し込み方法:インターネットで受付
●試験日程:各地のCBT試験テストセンターで開催。地域の会場で受験可能
日本学術会議協力学術研究団体メンタルケア学術学会「こころ検定」

(3)健康管理能力検定

健康管理や予防医学は今後さらにその重要性が注目される分野です。不規則な生活による体調への影響について正しい知識を持つことで、看護師としての仕事の幅はもちろん、自身の健康づくりにも役立てられるのが健康管理能力検定。

健康の礎となる「体内時計」の知識をもとに、体内リズムや健康管理を学ぶ事ができる検定です。特に交代制で夜勤がある看護師には関心の高い分野ではないでしょうか。

健康管理能力検定は、3級の生活リズムアドバイザー、2級の健康リズムカウンセラー、1級の健康リズムプロフェッショナルの3つがあります。

1級の健康リズムプロフェッショナルは、医療、福祉、企業、学校、地域などで健康管理の知識と予防医学の普及に貢献できる人材を認定するもので、日本成人病協会認定の講師資格も取得可能となります。公式テキストで勉強する人は、学習ポイントWEB講座が無料で利用でき、検定直前には有料の合格対策講座も開催されます。

受検資格に要件はなく、申込みはインターネットからも可能です。東京、大阪、名古屋、札幌で検定試験を開催しており、近隣の会場で受検できます。無料の検定説明会もあるので、関心がある人は参加してみましょう。

●受検資格:特になし
●受験料:
3級 4,500円
2級 5,000円
1級 5,500円(税込)
※3級、2級併願で同一日受検の場合、3級、2級合わせて7,500円(税込)
●受検申し込み:インターネットで受付
●試験:東京、大阪、名古屋、札幌で開催
健康管理能力検定協会「健康管理能力検定」

今回は看護師としての基本的な知識や技術を試したり、関連する異分野の知識を深めたり、患者さんへの指導だけでなく自分の健康づくりにも役立つ検定を紹介しました。今後も様々な検定試験をご紹介していきます。

ナースフルでは働く看護師さんを応援しています。
転職についてお悩みの方はこちらのフォームよりご相談ください。

TOPへ