リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

明日役立つ手技から働き方、医療ニュースまで、看護に活かせる情報をお届け ナースフルマガジン

「仕事に役立つ看護手技」の記事一覧(9 / 74ページ)

事例で学ぶ看護技術 MRI 検査時の高周波電流のループによる熱傷(7月11日/6,807views

今回の事例:両膝のMRI検査を実施することになった。患者の両膝にボディコイルを巻き、素足にタオルを掛けたため、両方の踵部が接触していることに気づかなかった。検査終了後に「熱かった」と訴えがあり確認すると、踵部にループ状の電流による熱傷が生じていた。

ナースが知りたい!くすりの知識 塗り薬ではない注射タイプのアトピー性皮膚炎治療薬 デュピルマブ(商品名デュピクセント)(7月4日/7,763views

注射薬であるデュピルマブは、中等度・重度のアトピー性皮膚炎に対する効果が報告されているわ。既存の塗り薬とは違った使用上のポイントがあるから頭に入れておいてね。

クイズで学ぶ看護手技 医療用テープの正しい貼り方・はがし方は?(6月27日/37,277views

医療用テープの貼り方・はがし方をクイズで確認!Q1.医療用テープの貼付について正しいのはどれ?/1.貼付するテープは、はがれにくいようにテープの角のうち2つを丸くカットする。それ以外の2つの角は、テープをはがすときにやりやすいよう角を残したままにする。2…

事例で学ぶ看護技術 容器に入った薬剤の取り違えを防ぐには?(6月20日/6,027views

看護師がカテーテルセットを開いて準備を始めた。ポビドンヨード液とハイポアルコール液を入れたカップを2つ準備する手順だったが、看護師はセットの中のカップが重なっていることに気づかず、カップが1つしかないと思った。そのため、カップにポビドンヨード液を入れた後、ビーカーを2つ用意して1つにハイポアルコール液を入れ、もう1つにヘパリン生食を入れた…

ナースが知りたい!くすりの知識 新機序でうつ病を改善するNaSSA ミルタザピン(商品名リフレックス)(6月13日/6,700views

今回はNaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬)に分類されるミルタザピン(商品名リフレックス)を紹介するわ。

クイズで学ぶ看護手技:輸液ポンプのアラーム対応(6月6日/28,039views

輸液ポンプのアラーム対応をクイズで確認!Q1.輸液ポンプのアラーム対応について正しいのはどれ?/1.気泡によりアラームが鳴った。輸液ポンプの手前のライン内に気泡が混入していたため、クレンメを閉じてからラインを指ではじいて気泡を取り除いた。2…

事例で学ぶ看護技術 検査台からの患者の転落事故を予防する(5月30日/3,760views

今回の事例:外来にて、認知症と左片麻痺を抱えた患者が腰痛を訴えたため、腰部X線撮影を行うことになった。撮影中は外来看護師と診療放射線技師が患者に付き添っていたが、途中で緊急の電話対応が必要になったため、外来看護師は患者のそばを離れた…

ナースが知りたい!くすりの知識 幅広いがん種への効果が見込める免疫チェックポイント阻害薬 ニボルマブ(商品名オプジーボ)(5月23日/9,268views

今回は、話題の免疫チェックポイント阻害薬であるニボルマブ(商品名オプジーボ)を紹介するわ。

クイズで学ぶ看護手技:持続的導尿時の感染予防(5月16日/13,936views

持続的導尿時の感染予防をクイズで確認!Q1.陰部洗浄について正しいのはどれ?/1.しっかりと清潔を保つため、毎回消毒液を使用する。2.洗浄に使用するボトルは、多くの患者で使い回さず、1人ごとに交換する。3.洗いすぎは逆効果になるため、膀胱留置カテーテルの交換時のみ陰部洗浄を行う。

事例で学ぶ看護技術 閉塞性動脈硬化症患者の弾性ストッキング装着(5月9日/21,969views

今回の事例:頸動脈ステント留置術を受ける患者に、医師の指示なく看護師の判断で弾性ストッキングを装着した。
治療後、患者がしびれと末梢冷感を訴えたため、弾性ストッキングを除いて鎮痛薬を投与したが、激痛を訴えるようになった。
患者は他院での治療を希望して退院したが、2日後に下肢疼痛で救急搬送され、保存的な経過観察を経て、最終的には下肢を切断することになった。

ナースフルがあなたの転職をフルサポート。ナースフルは、転職のプロ・リクルートが運営する看護師さん専門の人材紹介サービスです。専任キャリアアドバイザーが、あなたのご希望・条件にぴったりの求人をご提案いたします。詳細はこちら

TOPへ