リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

明日役立つ手技から働き方、医療ニュースまで、看護に活かせる情報をお届け ナースフルマガジン

「仕事に役立つ看護手技」の記事一覧(6 / 68ページ)

安全かつ効果的な気管吸引のポイント|クイズで学ぶ看護手技(9月19日/12,710views

気管吸引のポイントをクイズで確認!Q1.吸引カテーテルについて正しいのはどれ?/1.短時間で効果的な吸引を行うため、カテーテルの外径は気管チューブの内径の2/3以上のものを使用する。

事例で学ぶ看護技術 救急カートに準備された薬剤の取り違え(9月12日/9,441views

事例で学ぶ看護技術、今回の事例は「救急カートに準備された薬剤の取り違え」の事例です。緊急時でも落ち着いて薬剤を確認すること、また、普段から判別しやすいように救急カート内を整えておくことが重要です。

ナースが知りたい!くすりの知識 世界初の胆汁酸トランスポーター阻害薬 エロビキシバット水和物(商品名グーフィス)(9月5日/7,527views

今回は、胆汁酸に着目した新たな作用機序を持つ、慢性便秘症治療薬エロビキシバット水和物(商品名グーフィス)を紹介するわ。この商品名は英語のGood(良い)+Feces(便)に由来するというからおもしろいわよね。

シリンジポンプのセッティングのポイント|クイズで学ぶ看護手技(8月29日/12,472views

シリンジポンプのセッティングのポイントをクイズで確認!Q1.シリンジポンプにシリンジをセットする方法として正しいのはどれ?/1.シリンジの目盛りが機器の内側に位置して見えなかったため、流量や投与量はシリンジポンプの表示板で確認した。

事例で学ぶ看護技術 口頭指示の解釈を誤り、鎮静薬を過量投与(8月22日/10,616views

事例で学ぶ看護技術、今回の事例は「口頭指示の解釈を誤り、鎮静薬を過量投与した事例」です。口頭指示にはリスクがあり、様々な医療事故につながっているため、十分な注意が必要です。

ナースが知りたい!くすりの知識 新機序SDAMでセロトニン-ドパミン神経系を調整 ブレクスピプラゾール(商品名レキサルティ)(8月15日/7,584views

今回は、新たな作用機序を引っ提げて2018年4月に発売された抗精神病薬(統合失調症治療薬)ブレクスピプラゾール(商品名レキサルティ)を紹介するわ。

クイズで学ぶ看護手技 車椅子の安全な移乗・移送のポイントは?(8月8日/8,972views

車椅子による移送のポイントをクイズで確認!Q1.車椅子のフットレストの使用について正しいのはどれ?/1.小柄な患者が車椅子に乗りやすいように、下げた状態のフットレストを踏み台にして乗ってもらった。2.足の長い患者から「足が窮屈」と言われたため、フットレストを使用せず移送した。

事例で学ぶ看護技術 パニック値の緊急連絡の遅れ(8月1日/13,792views

今回の事例:易疲労感を訴えて受診した患者の血液検査を実施したところ、Hb(ヘモグロビン)値が低下していたため、医師は鉄剤を処方して帰宅させた。診察時、医師が見た血糖値のデータは「検査中」と表示されていたが、実際には800mg/dLと異常値が検出されたため再検中であった。しかし、検査部から医師へその旨の連絡はなかった。受診から10日後、患者から倦怠感が抜けないと訴える電話があり、医師が前回の検査結果を確認したところ、ようやく血糖値が800mg/dLであったことを把握し、患者は入院となった。

ナースが知りたい!くすりの知識 過剰増殖した好酸球を直接除去する喘息治療薬 ベンラリズマブ(商品名ファセンラ)(7月25日/6,408views

2018年4月に発売されたファセンラ(一般名ベンラリズマブ)は、重症喘息治療のキーとなる好酸球に直接的に働きかけ、除去することができる注射薬として注目を集めているわ。

クイズで学ぶ看護手技 静脈内注射の穿刺時のポイント、どれが正しい?(7月18日/23,552views

静脈内注射のポイントをクイズで確認!Q1.穿刺する血管を見やすくするための工夫で正しいのはどれ?/1.患者の手を握ったり開いたりしてもらう。2.氷水を絞ったタオルで患者の上肢を冷やしておく。3.患者の上肢を自身の心臓と同じ高さに上げ、維持してもらう。

ナースフルがあなたの転職をフルサポート。ナースフルは、転職のプロ・リクルートが運営する看護師さん専門の人材紹介サービスです。専任キャリアアドバイザーが、あなたのご希望・条件にぴったりの求人をご提案いたします。詳細はこちら

TOPへ