リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

明日役立つ手技から働き方、医療ニュースまで、看護に活かせる情報をお届け ナースフルマガジン

「仕事に役立つ看護手技」の記事一覧(20 / 61ページ)

呼吸音の聴取(呼吸器ケア)(7月22日/418,965views

皆さんは自信を持って聴診できていますか?音の違いを聞き分けるには経験が必要。そして、それを記録に残してケアにつなげるには知識が必要です。
今回は聴診の基本と聞き分け方のポイントをご紹介します。

看護あるある手技Q&A 糖尿病ケア(7月15日/10,451views

これからもますます増えていくことが予想されている糖尿病。生活習慣病の代表格でもある通り、悪化させないためには生活全体に対して指導をしていく必要があります。患者さんに理解を深めてもらうための適切な指導方法を今から学んでおきたいですね。

抗がん剤の血管外漏出の予防と対応(がん化学療法)(7月8日/60,980views

抗がん剤は正常な細胞にも大きな影響を与える強い薬剤。血管外へ漏出した場合には、薬剤の種類によっては潰瘍や壊死につながる危険もあります。今回は、取扱いに特に注意をしたい薬剤と、漏出してしまった際の処置をご紹介します。

看護あるある手技Q&A SOAPの記述(看護記録)(7月1日/202,347views

多くの医療機関で導入されているSOAP式の看護記録ですが、主観と客観の書き分けや、アセスメントとケアの結びつけなど、記述にはコツが必要です。コツをつかめば看護記録もスラスラ進んで残業減!手早く書けてしっかりと読み手に伝わるSOAPの書き方をマスターしましょう。

体温測定|看護あるある 手技Q&A(6月24日/33,994views

電子体温計になって数字の読み間違いは減っても、測り方が間違っていれば正確な測定はできませんね。
環境や条件による計測数値のブレをなくすために心掛けたいポイントをご紹介します。

看護あるある手技Q&A 消毒薬の取り扱い(6月12日/12,169views

創傷の消毒、器具の消毒…何かと触れる機会の多い消毒液ですが、実は使い方を間違えると重大な事故に直結します。
実際にあった事例を見ながら消毒液を扱う中で注意するべきポイントをおさらいしましょう。

静脈内注射のポイント|看護あるある手技Q&A(6月10日/150,688views

刺しやすい血管、刺しづらい血管、難易度は様々ですが、どんなケースにも対応できるナースを目指したいですね。
今回は、基本の手技の振り返りと、静脈注射のコツ、注意するポイントをご紹介いたします。

看護あるある 手技Q&A 筋肉注射(6月2日/309,388views

痛い注射として患者さんにも知られている「筋肉注射」。なかなか実施する機会は多くないからこそ、刺入角度や注射位置の決め方など、手技の基本をおさらいしておきましょう。痛みを和らげるコツもあわせてご紹介します。

看護あるある 手技Q&A 皮下注射・皮内注射(5月15日/379,804views

侵襲的な手技だからこそしっかり覚えて自信を持って行いたい「皮下注射」、「皮内注射」。刺入角度や部位など、マスターできていますか?注射の目的と作用をきちんと整理して、手早く正確な手技を目指しましょう。

看護あるある 手技Q&A 嚥下ケア(5月15日/12,078views

患者さんのQOLを大きく左右する「食」。変化の少ない入院生活では楽しみの一つでもありますね。
誤嚥を防ぎ、食べることを楽しんでもらうための嚥下のサポート方法をご紹介いたします。

ナースフルがあなたの転職をフルサポート。ナースフルは、転職のプロ・リクルートが運営する看護師さん専門の人材紹介サービスです。専任キャリアアドバイザーが、あなたのご希望・条件にぴったりの求人をご提案いたします。詳細はこちら

TOPへ