リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

明日役立つ手技から働き方、医療ニュースまで、看護に活かせる情報をお届け ナースフルマガジン

「疾患・部位別の看護 編」の記事一覧

事例で学ぶ看護技術 患者移動時のドレーン・チューブ類の偶発的な抜去(3月20日/4,756views

事例で学ぶ看護技術、今回は「患者さんの身体を移動させるとき、ドレーン・チューブ類が偶発的に抜去されてしまった事例」です。このような事故抜去を防ぐ工夫を考えましょう。

最新看護手技キャッチアップ 人工呼吸器回路は定期的に交換しなくてもよい(2月6日/8,713views

その看護手技はもう古い?!今回は「人工呼吸器回路の交換」をテーマに、以前と現在を比較して考えます。かつては良しとされていた手技にこだわりすぎていませんか?

最新看護手技キャッチアップ 褥瘡の洗浄は水道水でOK!(12月26日/19,953views

その看護手技はもう古い?!今回は「褥瘡の洗浄」をテーマに、以前と現在を比較して考えます。かつては良しとされていた手技にこだわりすぎていませんか?

事例で学ぶ看護技術 膀胱留置カテーテルによる尿道損傷(11月14日/12,110views

事例で学ぶ看護技術、今回は「膀胱留置カテーテルが膀胱に達しないままバルーンを拡張し、尿道損傷を招いた事例」です。事故事例の報告数は少なくないので、安全に実施するための方法を考えましょう。

事例で学ぶ看護技術 閉塞性動脈硬化症患者の弾性ストッキング装着(5月9日/18,893views

今回の事例:頸動脈ステント留置術を受ける患者に、医師の指示なく看護師の判断で弾性ストッキングを装着した。
治療後、患者がしびれと末梢冷感を訴えたため、弾性ストッキングを除いて鎮痛薬を投与したが、激痛を訴えるようになった。
患者は他院での治療を希望して退院したが、2日後に下肢疼痛で救急搬送され、保存的な経過観察を経て、最終的には下肢を切断することになった。

看護あるある手技Q&A カテーテルによる医療関連機器圧迫創傷(3月21日/7,051views

Q.褥瘡の原因は、寝たきり以外にどんなものがありますか?/A.膀胱留置カテーテルなどの医療関連機器が原因となる褥瘡が、近年注目されているわ。

看護あるある手技Q&A 術後の深部静脈血栓症の予防(9月27日/16,846views

Q.術後に深部静脈血栓が形成されやすいのはなぜですか?/A.静脈血栓を起こす3つの成因を満たしやすい状態になるからよ。これらの成因を阻害することで予防につなげることができるわ。

事例で学ぶ看護技術 胃瘻カテーテル取り扱い時のリスク(7月5日/16,825views

適切な胃瘻カテーテルの取り扱いを事例から学びましょう。【事例】高齢男性の胃瘻カテーテルを交換後、その留置状態を十分に確認しないまま経腸栄養剤を注入。しばらくして強い腹痛を訴えた。直ちに医師が診察し、腹膜炎を起こしていることが判明した。

看護あるある手技Q&A グリセリン浣腸(5月24日/27,948views

グリセリン浣腸を安全かつ手際良く行うコツはありますか?/A.患者さんの同意と協力を得たうえで、正しい体位で、リラックスした状態で実施しましょう。チューブによる直腸粘膜損傷、直腸穿孔には最大限に注意して。

看護あるある手技Q&A 呼吸理学療法(体位ドレナージ)(3月1日/21,226views

Q.体位ドレナージを効果的に行うには、どんなポイントに気をつければいいですか?/A.気道分泌物の貯留している肺区域が気管支より上位になるように、気管支が垂直になるようにすることが体位を決めるポイントよ。

ナースフルがあなたの転職をフルサポート。ナースフルは、転職のプロ・リクルートが運営する看護師さん専門の人材紹介サービスです。専任キャリアアドバイザーが、あなたのご希望・条件にぴったりの求人をご提案いたします。詳細はこちら

TOPへ