リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

明日役立つ手技から働き方、医療ニュースまで、看護に活かせる情報をお届け ナースフルマガジン

「生活介助・ケア 編」の記事一覧

安全・安楽な入浴・シャワー介助のポイント|クイズで学ぶ看護手技(10月31日/4,173views

入浴・シャワー介助のポイントをクイズで確認!Question1:入浴の可否判断に関して正しいのはどれ?/1.患者の体温を測ったところ38℃だったが、本人は元気な様子で入浴を希望している。担当看護師から見ても普段通りの様子であったため、本人の意向に沿って入浴介助することにした。

安全・安楽な体位変換のポイント|クイズで学ぶ看護手技(10月10日/6,532views

体位変換のポイントをクイズで確認!Question1:体位変換の実施に関して正しいのはどれ?/1.ベッドをギャッチアップしていたため、ギャッチアップを戻してベッドをフラットにしてから行った。

クイズで学ぶ看護手技 車椅子の安全な移乗・移送のポイントは?(8月8日/7,476views

車椅子による移送のポイントをクイズで確認!Q1.車椅子のフットレストの使用について正しいのはどれ?/1.小柄な患者が車椅子に乗りやすいように、下げた状態のフットレストを踏み台にして乗ってもらった。2.足の長い患者から「足が窮屈」と言われたため、フットレストを使用せず移送した。

事例で学ぶ看護技術 病院食の誤嚥による窒息事故の予防(3月14日/6,336views

今回の事例:認知症のある入院患者(前歯が3本しかないが、義歯不使用)に、腎臓食を配膳した。
特に食事箋による指示がなかったため、食事形態は一般的な米飯などだった。
看護師はベッドを約90度に調整し、3口ほど摂取するのを確認してから退室した。
10分後に訪室すると、患者がベッドからずり落ちており、呼吸停止していた。
急いで救急蘇生を開始したが、患者は死亡した。

看護あるある手技Q&A 褥瘡に消毒薬やマッサージは必要?(2月28日/10,468views

Q.褥瘡に対して消毒薬を使ったり、除圧目的で発赤部のマッサージをしたりすることは有益でしょうか?/A消毒薬やマッサージは褥瘡の悪化につながるおそれがあるわ。

事例で学ぶ看護技術 ベッドサイドの転倒、挟み込み事故の予防(2月21日/3,909views

今回の事例:患者から「お手洗いに行きたい」と言われたため、看護師はオーバーテーブルのロックを解除した。
ベッドから出て立ち上がろうとした際、患者は自らの身体を支えるためオーバーテーブルに手をついた。
すると、ロック解除されたオーバーテーブルが大きく動き、バランスを崩した患者は転倒して大腿骨頸部を骨折した。

事例で学ぶ看護技術 短時間でも要注意!湯たんぽ使用時の熱傷(12月27日/4,314views

今回の事例:60℃の湯を入れた湯たんぽを準備し、その上に下肢冷感のある患者の両下腿を乗せた。1時間後に湯たんぽを外したが、しばらくして患者の下腿にびらんと滲出液が認められ、熱傷をきたしたと判断された。

看護あるある手技Q&A 人工呼吸器を装着した患者さんの体位変換(10月25日/12,783views

Q.人工呼吸器を装着したままの患者さんを体位変換するときは、どんなことに注意して行えばいいですか?/A.チューブ類の事故抜去を防ぐための工夫を重ねましょう!

事例で学ぶ看護技術 清拭用タオルによる熱傷の予防(7月26日/5,451views

清拭用のタオルで患者さんが熱傷を起こしてしまうケースが、複数報告されているそうですね。 正確には、「ベッド上に置いておいた清拭用タオル」が熱傷の原因ね。これらの事例に共通する要因を確認しながら、どのように対応すれば熱傷を・・・ 続きを読む

看護あるある手技Q&A 高齢者の入浴事故予防(5月17日/6,488views

Q.高齢患者さんの入浴事故を防ぐために、どのような準備や支援が必要ですか?/A.外傷、熱傷、転倒、溺水を予防するため、入浴中はもちろん、その前後の観察やケアも怠らないようにしましょう!

ナースフルがあなたの転職をフルサポート。ナースフルは、転職のプロ・リクルートが運営する看護師さん専門の人材紹介サービスです。専任キャリアアドバイザーが、あなたのご希望・条件にぴったりの求人をご提案いたします。詳細はこちら

TOPへ