リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

明日役立つ手技から働き方、医療ニュースまで、看護に活かせる情報をお届け ナースフルマガジン

「注射・点滴 編」の記事一覧

クイズで学ぶ看護手技:輸液ポンプのアラーム対応(6月6日/7,581views

輸液ポンプのアラーム対応をクイズで確認!Q1.輸液ポンプのアラーム対応について正しいのはどれ?/1.気泡によりアラームが鳴った。輸液ポンプの手前のライン内に気泡が混入していたため、クレンメを閉じてからラインを指ではじいて気泡を取り除いた。2…

看護あるある手技Q&A 輸液ルート固定時の注意点は?輸液の準備と実施【ポイント総集編】(4月19日/16,523views

Q.輸液に関して新人看護師に指導するとき、どんなポイントを押さえておくべきでしょうか?/A.いろいろあるけれど、輸液ルートの維持管理、輸液ポンプの設定やアラーム対応などは早期に教えておきたいわね。

看護あるある手技Q&A 注射・採血【ポイント総集編】(4月5日/40,283views

Q.新人看護師の多くは注射・採血に苦労すると思いますが、先輩としてどんなポイントを指導すればいいでしょうか?/A.これまでに学んできたポイントを総ざらいして振り返ってみましょう!

看護あるある手技Q&A ヘパリンロックと生食ロック(2月1日/65,760views

Q.点滴ラインをロックするとき、ヘパリン加生理食塩水を使わず生理食塩水だけでOKと聞いたのですが、本当ですか?/A.そういう意見もあることは確かだけれど、実証データの報告はされていないため、生食ロックがヘパリンロックを代替するとはいえないと思うわ。

看護あるある手技Q&A 輸液ポンプの流量異常、原因と対応は?(9月14日/20,315views

Q.輸液ポンプを正しく設定しても、その通りに輸液が流れないケースもあるそうですが、どう対応すればいいですか? /A:チューブや点滴プローブの状態を確認して、流量異常を起こさないように注意しましょう。

輸液ルートの固定方法(7月13日/42,145views

輸液ルートを固定するにあたって、注意すべきポイントは何ですか? 抜去予防は当然の大前提として、ルートトラブルによる閉塞予防、固定によるスキントラブルの予防、刺入部や接続部からの感染予防にも注意しましょう。 リコ:輸液ルー・・・ 続きを読む

看護あるある手技Q&A CVポートの管理(カテーテルの閉塞予防)(11月4日/204,511views

CVポートのカテーテルをフラッシュしてロックするとき、カテーテルのタイプによって方法が違うと聞きましたが、本当ですか? グローションタイプとオープンエンドタイプのカテーテルがあり、フラッシュやロックの方法が異なるから、構・・・ 続きを読む

看護あるある 手技Q&A 静脈内注射(6月10日/131,164views

刺しやすい血管、刺しづらい血管、難易度は様々ですが、どんなケースにも対応できるナースを目指したいですね。
今回は、基本の手技の振り返りと、静脈注射のコツ、注意するポイントをご紹介いたします。

看護あるある 手技Q&A 筋肉注射(6月2日/285,259views

痛い注射として患者さんにも知られている「筋肉注射」。なかなか実施する機会は多くないからこそ、刺入角度や注射位置の決め方など、手技の基本をおさらいしておきましょう。痛みを和らげるコツもあわせてご紹介します。

看護あるある 手技Q&A 皮下注射・皮内注射(5月15日/321,042views

侵襲的な手技だからこそしっかり覚えて自信を持って行いたい「皮下注射」、「皮内注射」。刺入角度や部位など、マスターできていますか?注射の目的と作用をきちんと整理して、手早く正確な手技を目指しましょう。

ナースフルがあなたの転職をフルサポート。ナースフルは、転職のプロ・リクルートが運営する看護師さん専門の人材紹介サービスです。専任キャリアアドバイザーが、あなたのご希望・条件にぴったりの求人をご提案いたします。詳細はこちら

TOPへ