リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

明日役立つ手技から働き方、医療ニュースまで、看護に活かせる情報をお届け ナースフルマガジン

「与薬・薬剤 編」の記事一覧

ナースが知りたい!くすりの知識 治療効果が高いオキサゾリジノン系抗MRSA薬 テジゾリドリン酸エステル(商品名シベクトロ)(10月17日/4,071views

今回は、すでに51ヵか国で承認され(2017年11月時点)、日本でも2018年8月に販売開始された抗MRSA薬のテジゾリドリン酸エステル(商品名シベクトロ)を紹介するわ。

ナースが知りたい!くすりの知識 がん性疼痛を緩和する新規オピオイドの注射薬登場 ヒドロモルフォン塩酸塩(商品名ナルベイン)(9月26日/5,300views

今回は、新規の強オピオイド製剤であるヒドロモルフォン塩酸塩(商品名ナルベイン)を紹介するわ。すでに同成分の経口薬は販売されていたのだけれど、このたび注射薬も登場したことであらためて注目されているのよ。

ナースが知りたい!くすりの知識 世界初の胆汁酸トランスポーター阻害薬 エロビキシバット水和物(商品名グーフィス)(9月5日/6,484views

今回は、胆汁酸に着目した新たな作用機序を持つ、慢性便秘症治療薬エロビキシバット水和物(商品名グーフィス)を紹介するわ。この商品名は英語のGood(良い)+Feces(便)に由来するというからおもしろいわよね。

事例で学ぶ看護技術 口頭指示の解釈を誤り、鎮静薬を過量投与(8月22日/9,676views

事例で学ぶ看護技術、今回の事例は「口頭指示の解釈を誤り、鎮静薬を過量投与した事例」です。口頭指示にはリスクがあり、様々な医療事故につながっているため、十分な注意が必要です。

ナースが知りたい!くすりの知識 新機序SDAMでセロトニン-ドパミン神経系を調整 ブレクスピプラゾール(商品名レキサルティ)(8月15日/6,052views

今回は、新たな作用機序を引っ提げて2018年4月に発売された抗精神病薬(統合失調症治療薬)ブレクスピプラゾール(商品名レキサルティ)を紹介するわ。

ナースが知りたい!くすりの知識 過剰増殖した好酸球を直接除去する喘息治療薬 ベンラリズマブ(商品名ファセンラ)(7月25日/5,266views

2018年4月に発売されたファセンラ(一般名ベンラリズマブ)は、重症喘息治療のキーとなる好酸球に直接的に働きかけ、除去することができる注射薬として注目を集めているわ。

ナースが知りたい!くすりの知識 塗り薬ではない注射タイプのアトピー性皮膚炎治療薬 デュピルマブ(商品名デュピクセント)(7月4日/6,720views

注射薬であるデュピルマブは、中等度・重度のアトピー性皮膚炎に対する効果が報告されているわ。既存の塗り薬とは違った使用上のポイントがあるから頭に入れておいてね。

事例で学ぶ看護技術 容器に入った薬剤の取り違えを防ぐには?(6月20日/5,748views

看護師がカテーテルセットを開いて準備を始めた。ポビドンヨード液とハイポアルコール液を入れたカップを2つ準備する手順だったが、看護師はセットの中のカップが重なっていることに気づかず、カップが1つしかないと思った。そのため、カップにポビドンヨード液を入れた後、ビーカーを2つ用意して1つにハイポアルコール液を入れ、もう1つにヘパリン生食を入れた…

ナースが知りたい!くすりの知識 新機序でうつ病を改善するNaSSA ミルタザピン(商品名リフレックス)(6月13日/5,295views

今回はNaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬)に分類されるミルタザピン(商品名リフレックス)を紹介するわ。

ナースが知りたい!くすりの知識 幅広いがん種への効果が見込める免疫チェックポイント阻害薬 ニボルマブ(商品名オプジーボ)(5月23日/8,807views

今回は、話題の免疫チェックポイント阻害薬であるニボルマブ(商品名オプジーボ)を紹介するわ。

ナースフルがあなたの転職をフルサポート。ナースフルは、転職のプロ・リクルートが運営する看護師さん専門の人材紹介サービスです。専任キャリアアドバイザーが、あなたのご希望・条件にぴったりの求人をご提案いたします。詳細はこちら

TOPへ