リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

明日役立つ手技から働き方、医療ニュースまで、看護に活かせる情報をお届け ナースフルマガジン

「ナースのための英語Lesson」の記事一覧

飯田恭子先生の 「明日使える」ナースのための英語Lesson 最終回 退院を迎える患者さんへ(3月31日/7,224views

飯田恭子先生の「明日使える」ナースのための英語Lesson、最終回の第12回は退院支援がテーマです。退院間近の患者さんから、自宅での生活へつなぐうえで必要な情報を引き出すことを心掛けましょう。

飯田恭子先生の 「明日使える」ナースのための英語Lesson 第11回 トイレ介助(3月10日/5,746views

入院患者さんのなかには、ADLが低下し、トイレに行く際に介助が必要な人がいます。 排泄ケアは個人の尊厳に関わる重要なケアのひとつであり、安全・安楽を目指して患者さんの自立を支援することが求められます。 介助する際には声が・・・ 続きを読む

飯田恭子先生の 「明日使える」ナースのための英語Lesson 第10回 更衣介助(2月10日/5,206views

飯田恭子先生の「明日使える」ナースのための英語Lesson、第10回は更衣介助。患者さん自身に行ってもらいながら、ADLを観察し、会話からも情報を得られる重要な場面です。患者さんとのコミュニケーションを深めましょう。

飯田恭子先生の 「明日使える」ナースのための英語Lesson 第9回 患者指導・注意(1月6日/4,489views

飯田恭子先生の「明日使える」ナースのための英語Lesson、第9回は生活指導・注意。特に退院後は患者さん自身や家族が健康管理をしていくため、看護師として外国人患者さんに対しても十分な指導・説明を行いましょう。

飯田恭子先生の 「明日使える」ナースのための英語Lesson 第8回 服薬支援(12月2日/5,362views

飯田恭子先生の「明日使える」ナースのための英語Lesson、第8回は服薬支援。入院中の、あるいは外来を受診する外国人患者への服薬指導は、看護師の重要な業務の1つ。理解度を確認しながら服薬をサポートしましょう。

飯田恭子先生の 「明日使える」ナースのための英語Lesson 第7回 検査の説明と介助(11月11日/10,062views

飯田恭子先生の「明日使える」ナースのための英語Lesson、第7回は検査の説明・介助。心電図検査を受けることになったスミスさんを例に、検査を十分に説明し、不安を解消するコミュニケーションのポイントを紹介します。

飯田恭子先生の 「明日使える」ナースのための英語Lesson 第6回 処置室での採血・注射(9月23日/16,904views

飯田恭子先生の「明日使える」ナースのための英語Lesson、第6回は処置室での採血・注射。患者さんに安心して採血や注射を受けてもらうためには、看護師の声がけも重要です。処置室での会話例から学びましょう。

飯田恭子先生の 「明日使える」ナースのための英語Lesson 第5回 診察室での会話 診察介助(8月19日/6,517views

飯田恭子先生の「明日使える」ナースのための英語Lesson、第5回は診察介助。診察をスムーズに進めるためには、患者さんへ的確な指示をし、これからの行為を伝えることが重要です。診察室での会話から学びましょう。

飯田恭子先生の 「明日使える」ナースのための英語Lesson 第4回 問診の基本その3 患者の不安に理解を示す問診のポイント(7月22日/6,976views

 看護師が行う問診では、患者さんが心情を吐露することも多く、つらい気持ちに対して共感し、理解を示すことが大切です。こうすることで、患者さんの心が落ち着き、すっきりすることもあります。  今回は、不安を訴える患者さんに対し・・・ 続きを読む

飯田恭子先生の 「明日使える」ナースのための英語Lesson 第3回 問診の基本その2 痛みの表現(6月24日/11,038views

 問診でより詳しく聞き取る必要がある情報のひとつに「痛み」があります。痛みは、患者さんにとっても “わかってほしい”“伝えたい”症状でありながら、主観的なものですから、聞き取りが難しいのではないでしょうか。会話や患者さん・・・ 続きを読む

ナースフルがあなたの転職をフルサポート。ナースフルは、転職のプロ・リクルートが運営する看護師さん専門の人材紹介サービスです。専任キャリアアドバイザーが、あなたのご希望・条件にぴったりの求人をご提案いたします。詳細はこちら

TOPへ