リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

明日役立つ手技から働き方、医療ニュースまで、看護に活かせる情報をお届け ナースフルマガジン

がん患者さんへのアピアランスケア~外見支援に関するガイドライン

最新ナースコラム > 医療の最新ニュース

当コンテンツは株式会社 リクルートメディカルキャリアが運営する「ナースフル」というサイト内のコンテンツです。
もし、当コンテンツに関してご不明な点がある場合は、こちらの運営者情報ページからお問い合わせください。


がん治療中の見た目の変化は、患者さんへの心理的影響も大きいため、外見支援「アピアランスケア」が重要となります。国立がん研究センターの「がん患者の外見支援に関するガイドライン構築に向けた研究班」が作成したガイドラインのなかから、がん治療中の日常生活での整容に関するケアを中心に紹介します。

がん治療に伴う外見の変化が患者心理に与える影響

がん治療に伴う外見の変化には、手術による身体の一部喪失、瘢痕、リンパ浮腫など、放射線治療の場合は皮膚炎、抗がん薬治療の場合は毛髪や皮膚の変化、浮腫などがあげられます。

外見には自分らしさを表現できる積極的側面がある一方で、対人・対社会からの見え方を意識してしまう消極的側面があるといえます。同時に治療に伴う変化は病気であることを常に意識させるものであり、精神的な負担が大きくなります。

治療の進歩に伴い、がんは早期発見、早期治療によって助かる病気となっています。そのなかで、アピアランスケアはQOLの向上や患者さんと社会をつなぐ役割を担ったケアといえます。

なお、副作用対策としての「医療」とアピアランスケアは異なります。また、アピアランスケアは「美容」を目的としたものでもありません。

治療中の日常整容で「やってはいけないケア」は?

アピアランスケアは、「積極的に行うことが勧められる」という科学的根拠を示すことは困難です。一方で、「害を示す科学的根拠がある」あるいは「行わないよう勧められる」という一定の科学的根拠があるもの以外は、個人の日常的な整容行為の範疇で行うことを勧める、あるいは否定しない点がこのガイドラインのポイントといえるでしょう。

がん治療中も仕事を続ける、地域で生活する患者さんにとって、日常の整容は「どこまでなら大丈夫なのか」がわかりにくいものです。ガイドラインでは洗浄や保湿などのスキンケアだけでなく、メイクによるカモフラージュについても推奨度がつけられており、アドバイスする医療者にとっても安心材料が多いといえるでしょう。

日常生活での整容で「行わないよう勧められる」のは、スクラブ入りの洗浄料の使用や、まつ毛の脱毛・貧毛のカモフラージュに対するまつ毛エクステンションの使用です。
また、「害を示す科学的根拠がある」ものとして、化学療法に伴う爪の変形のカモフラージュに、アクリルネイルやジェルネイルなどの硬化性樹脂製の爪化粧料の使用があげられています。

治療中に皮膚障害が出た場合には、洗浄剤の使用をためらう、あるいは特殊な製品を購入し直さなければならないと考える患者さんもいます。しかし、製品選択よりも洗い方が重要で、濡らした肌に泡立てた洗浄剤を使って強くこすりすぎないように洗い、十分にすすぐことがポイントとなります。

皮膚障害のカモフラージュのメイク、化学療法に伴う爪のもろさに対するネイルファイルやネイルポリッシュ、ネイルエナメルなど、嗜好品要素の強い化粧品も使い方によっては患者さんの心の負担が軽減できます。

治療中のケアやメイクは「やることで治療に悪影響を及ぼすのではないか」とマイナスに考える患者さんもいます。ガイドラインの内容を理解し、患者さんへのアドバイスに役立てましょう。

科学的根拠のあるスキンケアは?

ガイドラインのなかで「科学的根拠があり、行うように勧められる」推奨度がついているケアは少ないものの、治療中のスキンケアは患者さんにとっても関心が高いのではないでしょうか。特に保湿に対しては科学的根拠があり、行うように勧められるケアとして以下の2点が紹介されています。

【科学的根拠があり、勧められる保湿ケア】

  • 分子標的治療に伴う手足症候群に対する保湿薬の外用
  • 頭頸部領域以外の放射線治療による皮膚有害反応への保湿薬の外用

このほか、皮膚障害の予防や軽減では、テトラサイクリン系薬剤の内服による分子標的治療に伴うざ瘡様皮疹の予防、放射線皮膚炎の軽減に対する洗浄の有用性などが、科学的根拠があるケアとして紹介されています。

アピアランスケアに対しては、医療者がガイドラインを理解するだけでなく、全国で行われている研修会などに参加することで、より具体的な支援につながる知識を身につけることが重要です。

ナースフルでは働く看護師さんを応援しています。
転職についてお悩みの方はこちらのフォームよりご相談ください。

参考
国立がん研究センタープレスリリース
国立がん研究センターがん研究開発費「がん患者の外見支援に関するガイドライン構築に向けた研究」班:「がん患者に対するアピアランスケアの手引き」2016年版

TOPへ