リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

明日役立つ手技から働き方、医療ニュースまで、看護に活かせる情報をお届け ナースフルマガジン

飯田恭子先生の 「明日使える」ナースのための英語Lesson 第3回 問診の基本その2 痛みの表現

医療英語 > ナースのための英語Lesson

当コンテンツは株式会社 リクルートメディカルキャリアが運営する「ナースフル」というサイト内のコンテンツです。
もし、当コンテンツに関してご不明な点がある場合は、こちらの運営者情報ページからお問い合わせください。


 問診でより詳しく聞き取る必要がある情報のひとつに「痛み」があります。痛みは、患者さんにとっても “わかってほしい”“伝えたい”症状でありながら、主観的なものですから、聞き取りが難しいのではないでしょうか。会話や患者さんの表情から痛みの程度を評価すると同時に、患者さん自身に痛みの程度をスケールで表してもらうなどの工夫をしましょう。

 今回は、問診で痛みを訴えた患者さんとの会話例で紹介します。

〈会話例〉

ホエアー イグザクトリー イズ ザ ペイン?
Where exactly is the pain?
キャン ユー ロケート?
Can you locate?
どこが痛みますか?
指し示せますか?

ヒア。アイ ハブ ア ロウワー アブドミナル ペイン
Here, I have a lower abdominal pain.
ここです。下腹部が痛いのです。

キャン ユー ディスクライブ ザ ペイン?
Can you describe the pain?
どのような痛みですか?

イッツ ピアシング ペイン
It’s a piercing pain.
突き刺すような痛みです。

プリーズ レイト ユア ペイン オン ア スケール オブ ワン トゥー テン
Please rate your pain on a scale of 1 to 10.
痛みを1~10で表すとどのくらいですか?

テン ビーイング ザ ワースト?
Ten being the worst?
最も痛いのが10ですか?

ライト
Right.
そうです。

セブン
Seven.
7です。

ハウ ロング ダズ ザ ペイン ラスト?
How long does the pain last?
痛みはどのくらい続きますか?

ラスツ トゥー トゥ スリー アワズ
Lasts two to three hours.
2~3時間続きます。

ホワット ドゥー ユー シンク イズ コウジング ザ ペイン?
What do you think is causing the pain?
痛みの原因は何だと思いますか?

アイ ハブ ノー アイディア
I have no idea.
全然わかりません。

ホワット ドゥー ユー ドウ トゥ リリーヴ ザ ペイン?
What do you do to relieve the pain?
どうすれば痛みはやわらぎますか?

ライイング ダウン リリーブス ザ ペイン。
Lying down relives the pain.
ノー ペイン ホワイル スリーピング
No pain while sleeping.
横になれば痛みがやわらぎます。
寝ている間は痛くありません。


 今回は「痛み」、つまりpainを使った会話でした。Where exactly is the pain?ホエアー イグザクトリー イズ ザ ペイン 直訳すると、「正確にはどこが痛みますか?」となります。

ポイント1:painの使い分け

 どんな痛みなのかを示す単語には、

  • a throbbingスロッビング pain ズキズキする痛み
  • a dullダル pain 鈍い痛み
  • a sharpシャープ pain 鋭い痛み
  • a constantコンスタント pain 絶え間ない痛み
  • an intermittentインターミテント pain 断続的な痛み
  • a localizedローカライズド pain 局所的な痛み
  • a widespreadワイドスプレッド pain 広い範囲の痛み
  • a severeスィヴィア pain 激痛
  • a piercingピアシング pain 突き刺すような痛み

などがあります。

 また、「痛み」を示す単語として、5つの「ache」があります。

  • headacheヘッデェイク 頭痛
  • stomachacheストマケイク 胃痛
  • earacheイアエイク 耳痛
  • toothacheトゥースエイク  歯痛
  • backacheバックェイク  背痛(腰痛)

painペインは広くあらゆる痛みに用いられます。back pain, leg pain, chest pain など。また、pain in my back, pain in my stomach, pain in my legなどとも表します。

また、Please rate your pain on a scale of 1 to 10. と聞くことで、痛みの程度を scaleスケール/尺度1~10(弱~強)で示してもらうことができます。痛みの強さを10段階に分けたうえで、

  • 0=Noneナン(なし)
  • 1~2=Minor discomfortマイナー ディスコンフォート(気にならない程度の痛み)
  • 3~4=Tolerableトララブル(我慢できる痛み)
  • 5~6=Oppressiveオプレッスィブ(苦しみを伴う痛み)
  • 7~8=Considerableコンスィダラブル(かなりの激痛)
  • 9~10=Intolerableイントララブル(我慢できない激痛)

と表現することもあります。

ポイント2:こんな聞き方もOK

 痛みの場所を特定する際は、Can you locate the pain? だけでもOKです。「locateローケイト」は、「(場所を)示す」「(位置を)確認する」という意味の動詞で、直訳すると「痛みの場所を指し示せますか?」となります。

 また、How long does the pain last? は、どのくらいの期間痛みが続いているのかを確認するものです。この ”last” は、動詞で「時間的に続く」という意味です。
When did the pain start? (痛みはいつからですか?)と聞くこともあります。

今回紹介した会話の用語解説

exactlyイグザクトリィ  正確に、まさに、ぴったり
■使用例■
Not exactlyイグザクトリィ ちょっと違う、そうでもない、その通りというわけではない
看護師「Is it piercingピアシング?」(突き刺すような痛みですか?)
患者「Exactly.」(その通りです)

看護師「Is it piercing?」(突き刺すような痛みですか?)
患者「Not exactly.」(ちょっと違うのですが)

abdomenアブドメン  腹部
一般的な「おなか」はbellyベリー。abdomenは医療現場で使われる「腹部」。
stomach=胃に対して、abdomenは腹部。胃が痛い=stomachache、腹痛=abdominalアブダミナル pain. abdominal = abdomen + –al (形容詞語尾)

describe 説明する(=explain)
describeは de + scribe(=write/書く。書きつける)からなり、(状況などを)言葉・文字で描写するという意味。

(コラム)IVは何の略?

「吐き気があるのでプリンペランをIV(アイブイ)しています」

「◯◯号室の◯◯さんは、現在IVH(アイブイエイチ)で栄養管理しています」

 このような会話は病棟内で日常的に交わされているのではないでしょうか。看護師のみなさんにとっては慣れ親しんだ用語だと思いますが、何の略だかわかりますか?

 Iはintraイントラ=中、Vは静脈=venoヴィノのことで、IVとは、intra-+veno-+ous(=形容詞語尾)は、静脈内という意味です。

 また、IVHは、intravenousイントラヴィーナス hyperalimentationハイパーアリメンテーションの略で中心静脈栄養を指します。

 ほかにもintra-(中)+arterioアルテリオ-(動脈)+-alアル(形容詞語尾)=intraarterialイントラアルテリアル
(動脈内)、hyperハイパー-(高)+alimentアリメント(栄養物)+-ationエーション(名刺語尾)=hyperalimentationハイパーアリメンテーション(高カロリー療法)などと連結して使います。


監修:飯田恭子
AFS8期生。神戸女学院大学英文学科卒業、東京大学理科Ⅱ類から医学部保健学科、同大学院博士課程修了。保健学博士。東京都立保健科学大学大学院教授を経て、現在、首都大学東京名誉教授、日本医療科学大学保健医療学部長を務める。
主な著書:「カレントメディカルイングリッシュ」「カタカナでわかる医療英単語」(医学書院)、「ナースのための早引き看護用語・略語ハンドブック」「早引き看護・カルテ用語事典」(ナツメ社)など

TOPへ