リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

明日役立つ手技から働き方、医療ニュースまで、看護に活かせる情報をお届け ナースフルマガジン

飯田恭子先生の 「明日使える」ナースのための英語Lesson 最終回 退院を迎える患者さんへ

医療英語 > ナースのための英語Lesson

当コンテンツは株式会社 リクルートメディカルキャリアが運営する「ナースフル」というサイト内のコンテンツです。
もし、当コンテンツに関してご不明な点がある場合は、こちらの運営者情報ページからお問い合わせください。


「明日使える」ナースのための英会話Lessonでは、毎回会話例を通して、看護師のみなさんに役立つ英会話を紹介してきました。
最終回は、退院間近となった患者さんに自宅での生活について確認する場面を紹介します。

【今回の場面】

退院が決まったスミスさん。
看護師がその知らせを伝えに来たところ、退院後の生活で不安なことがあるようです。
他職種につなぐうえで必要な情報を引き出していきます。

〈会話例〉

グッド モーニング ミスタースミス
Good morning,Mr. Smith.
ハウ ドゥー ユー フィール トゥデイ?
How do you feel today?
スミスさんおはようございます。
気分はいかがですか?

アイ アム ファイン
I am fine.
アイ ワント トゥ ゴー フォー ア ウォーク トゥデイ
I want to go for a walk today.
気分はいいよ。
今日は散歩に行きたいね。

オーケー
Ok.
レッツ ゴー フォー ア ウォーク レイター
Let’s go for a walk later.
わかりました。
後で散歩に行きましょう。

アイ ハヴ グッド ニュース フォー ユー トゥデイ
I have good news for you today.
今日は良いお知らせを持ってきました。

ユー ハヴ グッド ニュース フォー ミー?
You have good news for me?
良いニュースがあるのですか?

イエス
Yes.
ユー キャン リーブ ザ ホスピタル オン エイプリル フィフティーン
You can leave the hospital on April 15.
はい。
スミスさんは4月15日に退院できますよ。

サンキュー
Thank you.
アイルネバー フォゲット ザ フィーリングス オブ グラティテュード
I’ll never forget the feelings of gratitude.
ありがとう。
心から感謝していますよ。

ミスタースミス、
Mr. Smith,
ユー ディド ユア ベスト ウィズ リハブ
you did your best with rehab.
スミスさんがリハビリをがんばったからです。

アイノウ ユー ワー ハヴィング ア ディフィカルト タイム
I know you were having a difficult time.
どれだけ大変だったことでしょう。

アイアム グラッド トゥ ビー エイブル トゥ リーブ ザ ホスピタル,
I am glad to be able to leave the hospital,
オールゾー ア リトル ウォーリード
although a little worried.
退院できることがうれしいけど、
少し心配です。

エニシング トラブリング ユー?
Anything troubling you?
何か困っていることはありますか?

フォー アン エコノミック リーズン、
For an economic reason,
アイ ワント トゥ スタート ワーキング アーリィ
I want to start working early.
経済的な理由で、
早く仕事を始めたいのです。

ザ パラレイシス イズ レフト オン マイ ハンズ
The paralysis is left on my hands.
私の手には麻痺が残っています。

キャンアイ リターン トゥ マイ プリーヴィアス ジョブ?
Can I return to my previous job?
以前の仕事に復帰できますか?

アズ ユー セイ、
As you say,
イッツ ディフィカルト トゥ ビギン ワーク インメディアトリー
it’s difficult to begin work immediately.
あなたが言うように、
すぐに仕事を始めるのは難しいでしょう。

プリーズ テイク レスト アフター ディスチャージ アット ホーム
Please take rest after discharge at home.
しばらくは自宅で静養してください。

アイル コンファーム ウィズ ザ ドクター
I’ll confirm with the doctor
ウェン ユー キャン ゴー バック トゥ ワーク
when you can go back to work.
いつから働くことができるか
医師に確認します。

サンキュー
Thank you.
アイ シュド ゲット ユースト トゥ ニュー ライフスタイル
I should get used to new lifestyle.
わかりました。
私は新しい生活に慣れなければ。

ユード ベター
You’d better.
そうですよね。

ユー ハヴ ア ファミリ
You have a family
フーム ユー キャン アスク フォー サポート?
whom you can ask for support?
あなたを支援してくれる家族はいますか?

イエス。アイ ハヴ ア ドーター
Yes. I have a daughter.
バット ウィー ドーント リヴ トゥギャザー
But, we don’t live together.
はい。娘がいます。
しかし、一緒には暮らしていません。

ダズ シー リヴ ニア ユー?
Does she live near you?
キャン シー ヴィジット ユー エブリデイ?
Can she visit you every day?
娘さんは近くに住んでいますか?
毎日あなたの家に行くことはできますか?

シー セイズ シール ヴィジット ミー
She says she’ll visit me.
バット アイ ドーント ワント トゥ ギヴ ハー トラブル
But I don’t want to give her trouble.
彼女は来ると言っています。
でも私は彼女に苦労をかけたくない。

アイ アンダースタンド ハウ ユー フィール
I understand how you feel.
その気持ちはわかります。

アイル トーク アバウト ユー ウィズ ディスチャージ サポート ナース
I’ll talk about you with discharge support nurse.
退院調整を担当する看護師に相談してみます。

ホワット イズ ディスチャージ サポート ナース ドゥーイング?
What is discharge support nurse doing?
退院調整をする看護師とは何ですか?

ディスチャージ サポート ナース ガイズ ユー アバウト
Discharge support nurse guides you about
ソーシャル リソーシーズ トゥ ビー エイブル トゥ リブ アット ホーム
social resources to be able to live at home.
自宅で生活ができるように
社会資源について相談に乗ってくれます。

ザッツ ベリー リアシュアリング
That’s very reassuring.
それはとても心強いです。

イズ ゼア エニシング ユー フォガット トゥ アスク?
Is there anything you forgot to ask?
ほかに聞き忘れたことはありませんか?

ノー、ナッシング イン パーティキュラー
No, nothing in particular.
特に聞き忘れはないです。

ウィーウィル ヘルプ ユー アフター リーヴィング ザ ホスピタル
We will help you after leaving the hospital.
私たちは退院後もあなたを支援します。

プリーズ ビジット ザ ホスピタル フォー 
Please visit the hospital for
ア メディカル エグザミネーション アフター ディスチャージ
a medical examination after discharge,
アンド コンティニュー ユア リハビリテーション アット ホーム
and continue your rehabilitation at home.
退院後も来院して検診を受け、
自宅でもリハビリを続けてください。

サンキュー
Thank you.
ありがとう。


今回は退院後を見据えた患者さんの生活について聞き出す場面を紹介しました。
社会資源が活用できるかどうかは、外国人患者さんの状況によっても異なりますので、退院調整看護師やソーシャルワーカーに確認する必要があります。
しかし、患者さんが退院後の生活に不安を抱えているかどうか、それに対してサポートできることはないかを聞き出すことは看護師としての重要な役割ではないでしょうか。
医療コーディネイト会社によるサポートの手配が必須の病院の場合には、医療コーディネイト会社と情報を共有することも必要です。

ポイント1:不安が解消できるようにこちらから質問を

退院は喜ばしいことではありますが、これまで医療者の目が届いていた病院から離れることは、生活をしていくうえで不安な点も多くなります。
患者さんが退院後、どのような支援が必要か、患者さんは何を希望しているのかを聞き取りながら、必要な支援について誰に相談すべきかを考える必要があります。
いつから仕事ができるのか、家族への負担を最小限にしたい患者さんにどのような支援が可能かなど、医療チーム全体で共有し、退院までの間に方針を決めたり、環境を整えたりすることが重要となります。

事前に患者さんに伝えたいことを準備していく場合、こちらからの情報を一方的に伝えて会話を終わらせてしまいがちです。
しかし、伝えた情報について不安な点、疑問がないかを

Is there anything you forgot to ask?イズ ゼア エニシング ユー フォガット トゥ アスク?

と確認し、患者さんの不安をそのままにしないことが重要です。

ポイント2:他職種の単語を覚えよう

チーム医療が普及して、日本の医療機関でもさまざまな職種が患者さんの治療・ケアにあたっています。
日本では、医師(歯科医師)以外の医療スタッフをコメディカル(co-medical)といいますが、これは和製英語で、英語ではparamedicパラメディックといいます。

〈看護師以外の主なコメディカル〉

pharmacistファーマシスト:薬剤師
薬局はpharmacyファーマシー。調剤薬局は、dispensing pharmacyディスペンシング ファーマシー

physical therapistフィジカル セラピスト:理学療法士

occupational therapistオキュパーショナル セラピスト:作業療法士
※ 理学療法士をPT、作業療法士をOTと略すのはここからきています。

radiological technologistラジオロジカル テクノロジスト:診療放射線技師
※ 放射線科の医師は、radiologistラジオロジスト といいます。

registered dietitianレジスタード ダイエティティアン:管理栄養士
※栄養はnutritionニュートリションですが、管理栄養士の資格を持つ人はregistered dietitian が正式な呼び方です。

今回紹介した会話の用語解説

 ディスチャージ
・discharge
排泄物、分泌物、退院
dischargeは、dis(=否定)、charge(=つめる、ためる)となり、ためたものを出すことをいいます。
医療現場においては、排泄物や分泌物、退院という意味で使われることが多い単語です。

(コラム)外国人患者さんへの理解を

外国人患者さんは、食べ物や宗教など、文化が異なることを前提に接することが重要です。
入院時には、
What are your likes or dislike?ホワット アー ユー ユア ライクス オア ディスライクス?
と質問し、宗教的、文化的な背景、習慣、好き嫌いを確認していく必要があります。
食べられるもの、食べられないものを知っていくことで入院食に対応することができます。

また、手洗い用に水のボウルを出したときに、その水を飲んでしまう患者さんがいるなど、習慣の違いによる行為が危険につながることもあります。
説明とジェスチャーを交えて事前に十分確認することが大切です。

医療において最も避けなければならないのは、コミュニケーション不足によって誤解が生じることです。
会話の文章は簡単なものでもよいですが、日本語で使われるような二重否定などの表現は使わず、明快で誤解を生じない文章、表現を使うことが重要です。
「~ですか?」「~しますか?」という質問に対して、Yes、Noと答えた場合でも正しく理解をしたかどうかはわかりません。
「~ですよね?」と確認する習慣をつけましょう。

また、例えば相手に「〜しない/行かないのですか?」と聞くとします。
日本語では、「しない/行かない」場合に「はい。しません/行きません」と答えます。
しかし、英語では、「しない/行かない」場合の返事は「No, I don’t./No I won’t.」です。
相手がどのような聞き方をしていても、自分の答えが否定ならばNo、肯定ならばYes になるのは、日本語との大きな違いであり、医療においてはその確認ミスが大きな影響を及ぼしかねません。

〈例〉

ユー ドーント ワント トゥ ハヴ アン オペレーション
You don’t want to have an operation?
手術を受けたくないのですか?

⇒日本語の場合
はい。受けたくありません。

英語の場合
⇒No, I don’t.

ただし、アジアの患者さんなどでは、日本語と同じように相手の質問に合わせて答える場合もあります。
患者さんの答えがYesかNoのみときは、改めて確認をすることが大事です。

確認を忘れずに!

ユー ドーント ワント トゥ ハヴ アン オペレーション
You don’t want to have an operation?
手術を受けたくないのですか?

ノー アイ ドーント
No, I don’t.
いいえ。

ソー ユー ウィル ノット ゲット アン オペレーション
So, you will not get an operation.
あなたは手術を受けないのですね。


監修:飯田恭子
AFS8期生。神戸女学院大学英文学科卒業、東京大学理科Ⅱ類から医学部保健学科、同大学院博士課程修了。保健学博士。東京都立保健科学大学大学院教授を経て、現在、首都大学東京名誉教授、日本医療科学大学保健医療学部長を務める。
主な著書:「カレントメディカルイングリッシュ」「カタカナでわかる医療英単語」(医学書院)、「ナースのための早引き看護用語・略語ハンドブック」「早引き看護・カルテ用語事典」(ナツメ社)など

TOPへ