リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

明日役立つ手技から働き方、医療ニュースまで、看護に活かせる情報をお届け ナースフルマガジン

看護あるある手技Q&A 褥瘡に消毒薬やマッサージは必要?

仕事に役立つ看護手技 > 生活介助・ケア 編

当コンテンツは株式会社 リクルートメディカルキャリアが運営する「ナースフル」というサイト内のコンテンツです。
もし、当コンテンツに関してご不明な点がある場合は、こちらの運営者情報ページからお問い合わせください。


褥瘡に対して消毒薬を使ったり、除圧目的で発赤部のマッサージをしたりすることは有益でしょうか?

消毒薬やマッサージは褥瘡の悪化につながるおそれがあるわ。

リコ:以前、褥瘡に対するドレッシング材の使い方について学びましたね。
今回は、その他に注意すべき褥瘡ケアのポイントをおさらいしたいです!

ヨシミ:消毒薬の使用やマッサージなど、何気なく行ってしまいそうなことが褥瘡の悪化につながる可能性もあるわ。
特に注意したい点を、まとめて学んでいきましょう。

褥瘡の洗浄に消毒薬は必要?

褥瘡の治療において、創部やその周辺を洗浄することは基本であり、とても重要なことよ。
洗浄に使用するのは、浸透圧が細胞外液に近い生理食塩水を使用するのが原則。

ただし、清潔な日本の水道水であれば新たに感染を引き起こす心配がなく、創部を障害するリスクも低いため、褥瘡の洗浄に使用しても問題ないと考えられているわ。
考えてみれば、褥瘡のある患者さんに入浴やシャワー浴をしてもらい、創部の清浄や血行促進を図ることは一般的で、水道水が原因で褥瘡が悪化したというケースは聞いたことがないものね。

一方、特定の洗浄剤や洗浄方法を支持するエビデンスはまだないというのが現状よ。
ほとんどのケースに共通して言えるのが、表面の残留物がある程度なくなって排液が透明になるまでを目安に、十分な量の生理食塩水または水道水を用いて加圧しながら洗浄するということね。
もちろん、冷水ではなく微温湯を使うのが望ましいわ。

洗浄に関して気になるのは、消毒薬を使うべきかどうかという点ね。
結論から言うと、黒色期~黄色期(創面に肉芽組織がない)の褥瘡を除いて、消毒薬は基本的に使用しないわ。
というのも、消毒薬の有効成分は細菌だけでなく体細胞にも細胞毒性があり、肉芽組織にダメージを与えてしまうの。
少なくとも赤色期以降の褥瘡では肉芽組織が細菌感染から身体を守る役割をしているわけだから、消毒薬は使うべきではないというわけね。

創部や発赤部のマッサージは褥瘡悪化につながる

もう1つ注意したいのが、褥瘡の発赤部を安易にマッサージしないということ。
かつては発赤部へのマッサージを除圧目的で行うケースがよく見られたのだけれど、もともと脆くなっていた毛細血管や組織へさらなるダメージを与えることになりかねないわ。
結果的に褥瘡を悪化させるリスクがあるから、今ではマッサージは避けるべきとされているの。

圧迫による悪影響を避けるという意味では、褥瘡のある患者さんに円座を用いるのもよくないわ。
褥瘡好発部位の除圧ができるように思えるかもしれないけれど、むしろ輪状の圧迫が局所的にかかってしまうの。
さらに、円座の内側に引っ張り応力や剪断応力がかかるため、皮膚だけでなく血管まで引っ張られてしまい、虚血を発生させる原因にもなるわ。

褥瘡を予防するために用いるのであれば、適切な体圧分散用具を準備し、硬さや形状を常に管理する必要があるわ。
なお、体位変換の際に便利だからといって、患者さんの下にバスタオルを敷くのはNG
通気性がないうえ摩擦やずれも起こりやすいから、逆に褥瘡の発生リスクを高める原因となるの。


消毒やマッサージ、円座やバスタオルの使用・・・
ついつい、よかれと思って行ってしまいそうなこともありますね。

何となくのイメージでケアを行ってはダメよね。
エビデンスに基づいたケアができるよう、しっかりと知識を身につけておきましょう!

監修:医療法人社団航洋会 目黒通りハートクリニック 理事長/院長 安田洋先生

TOPへ