リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

明日役立つ手技から働き方、医療ニュースまで、看護に活かせる情報をお届け ナースフルマガジン

組織力を発揮する管理職のやりがい―質の高い看護サービスを提供するために―

最新ナースコラム > ナースのお仕事

当コンテンツは株式会社 リクルートメディカルキャリアが運営する「ナースフル」というサイト内のコンテンツです。
もし、当コンテンツに関してご不明な点がある場合は、こちらの運営者情報ページからお問い合わせください。


多数の看護師をまとめる管理職

 病院はさまざまな専門職が協働し、患者さんに医療を提供しています。看護師はそのなかで最も人数が多い職種であり、外来、手術室、集中治療室、病棟など多くの場で活躍しています。
 看護師一人ひとりの経験やスキルが異なるなか、看護の質を担保するためには管理が重要となります。病院の規模にもよりますが、基本的には病棟内で一定の経験、スキルを身につけると主任に昇格し、次いで看護師長に、最終的には看護部のトップである看護部長へと昇格します。近年では看護部長が副院長を兼任する病院も増えるなど、その役割に対する期待も大きくなっています。
 組織のマネジメントを担う管理者には、教育制度を整備して組織全体の看護の質向上に努めたり、育児休暇制度や院内保育園の開設など、看護師が働き続けられる環境を作る役割が求められます。また、看護師が成長するためのロールモデルとなることも、管理者としての重要な役割でしょう。

“気付き”を示し、看護のやりがいを引き出す縁の下の力持ち

 管理者のやりがいは、目指すべき看護を示し、部署、病棟、そして看護部全体で協力しながら、その看護を実践していく過程にあるといえます。それが患者さんや家族の満足につながり、看護師がいきいきと仕事ができる環境をつくることができれば、看護師の離職防止にもつながります。
 看護部の目標に対して、具体的に自部署で取り組むべき課題は何か、個別の目標を明確にさせ、リーダーシップを発揮することが管理職の重要な役割です。たとえば、日々の看護実践で看護師がつまずいたとき、ケアへの自信を失ったときに支援の手を差し伸べることで壁を乗り越えることができれば、看護師の次なる成長へとつながります。自分のやりたい看護を見つけるまでに苦労する看護師も多いなか、管理者が取り組む課題やケアのヒントを与えることで看護師が自律的に学び、仕事の奥深さに気づくこともあります。日々のやりとりのなかで看護師一人ひとりが成長し、それが患者さんへのケアに還元されることが管理者の醍醐味ではないでしょうか。
 また、上司や部下からの信頼を得たなかで仕事ができること、一定の権限をもって自律的に仕事ができる環境があることは、管理者自身の仕事のやりがいとなります。業務は多忙になりますが、昇格することで給与面にも反映されるメリットもあるでしょう。
 その一方で、昇格するにしたがって、直接患者さんのケアや処置にあたる機会が減少することも事実。患者さんの近くで看護を続けたいと考える看護師にとっては、管理職になることで徐々に患者さんとの距離が遠くなると感じてしまう人もいるでしょう。現場に出るよりも管理者としての役割を担うことを期待されるため、自分の思いとのギャップを感じてしまうことがあるかもしれません。

認定看護管理者など外部の研修も利用して

 看護師として多くの患者さんのケアにあたった経験は貴重なものですが、だからといってその人が良い管理者になれるわけではありません。組織における看護師の管理や教育には高い資質が求められます。日々の業務の実践、あるいは先輩たちの姿からも学ぶことはできますが、専門的に看護管理を学ぶためには、やはり研修などで補う必要があるでしょう。院内の教育ラダーに管理者研修が含まれている病院もありますが、日本看護協会の認定看護管理者教育課程などの外部の研修を受け、他施設の看護師の話を聞くのもひとつの方法です。認定看護管理者教育課程には、ファーストレベルからサードレベルまで3つのレベルがあり、ファーストレベルは5年以上の実務経験があれば受講できます。さらに要件を満たせば、認定看護管理者の認定審査を受けられます。
 近年は、専門看護師や認定看護師などのスペシャリストに注目が集まっていますが、看護師をまとめ、リーダーシップを発揮できる管理者なしにより良い看護の提供はできません。スペシャリストになるのか、ジェネラリストになるのか、または管理者に進むのかという選択は、看護を一生の仕事にしていくうえでも重要です。身近な先輩たちの姿をみて、自分にはどんな働き方が合うのかを早いうちから考えておくことも大切ではないでしょうか。

TOPへ