リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

明日役立つ手技から働き方、医療ニュースまで、看護に活かせる情報をお届け ナースフルマガジン

看護の未来を創る!看護系技官の仕事とは

最新ナースコラム > ナースのお仕事

看護師の人員確保や資質向上、制度の新設など、看護を充実させるためには行政の役割が非常に大きいといえます。看護師としての臨床経験を活かして行政に携わることができるのが看護系技官です。

公務員看護師の職場と仕事

公務員は安定性があり、お休みがきちんと取得できること、定期的に昇給があることなどから、人気の職業です。看護師にも公務員として働く道があり、大きくは地方公務員と国家公務員の2つに分けられます。公立病院や保健所、公立の保育園などに勤めると地方公務員、国立ハンセン病療養所や刑務所、自衛隊、宮内庁病院などに勤めると国家公務員になることはよく知られていると思います。
国家公務員の中でも、今回は厚生労働省を中心とする国の機関で働く看護師、看護系技官の仕事についてご紹介します。

看護系技官の仕事内容とは

普段現場で働くなかで、国の制度が問題で思うような看護ができなかった経験はありませんか?こうした問題を解消するべく、看護系技官は行政の方面から看護の問題に取り組みます。常に社会の変化や国民のニーズに合わせた制度の改正や新設が行われるなか、医療現場の実態に即した制度の導入や課題解決に向けた資源の活用など、その道筋を作る重要な役割を担っています。
看護系技官の主な配属先は厚生労働省ですが、省内にも様々な部署があり、診療報酬の改定や介護保険サービス、看護基礎教育や国家試験など、部署によって扱う内容は大きく異なります。また、厚生労働省本省だけでなく、他の省庁や地方自治体、国際機関への出向もあります。
家庭の事情もある程度配慮されますが、国内外へ転勤の可能性もあります。海外事業では、開発途上国の社会保障・社会福祉分野における人材育成に携わったり、国際看護の業務を担ったりと、幅広く活躍することができます。
国内では、地方自治体に出向して都道府県の保健福祉政策に携わったり、自治体の保健師として活動したりすることが多いでしょう。
本省勤務の場合はデスクワークや業務調整、打ち合わせ、資料整理などが中心です。早期退庁可能な日もありますが、予算案の審議など、政府の動きに応じて調整が必要となり、ときには帰宅が深夜になることも。しかし、看護の未来は政策によって大きく左右されることもあり、看護系技官の働きが欠かせません。現場に即した看護行政を推進していくことが、患者さん一人ひとりのケアの質を高めていくことでもあり、看護系技官の果たす役割、責務は非常に大きいといえます。

看護系技官になるには

看護系技官に応募するには、次の条件を満たしている必要があります。

(1)日本国籍を有する
(2)看護師免許と保健師免許または助産師免許を取得している
(3)看護系大学を卒業しているまたは看護系大学院を修了(見込み含)している
(4)看護に関する業務(修士課程の期間を含む)経験が7年以上ある
(5)看護行政の業務を理解し、意欲がある

国家公務員は公務員試験を経て入省するのが一般的ですが、看護系技官は小論文とテーマディスカッション、個別面接を経て採用されます。
国の行政は様々な部署との調整、客観的な視点に基づく課題解決が求められ、看護系技官においても重要なのはコミュニケーション能力です。ディスカッションや面接ではこうした点が評価されるようです。
また、看護職における根拠となる保助看法をはじめ、介護保険法や母子健康法など、多くの法律をもとに政策を考えていく仕事であり、法律や制度を学ぶ姿勢も求められます。

看護系技官に関心がある人は、毎年4月下旬から大学院生を対象とした厚生労働省職場体験実習(インターンシップ)の受付も行っており、夏期休暇を利用して職場体験ができます。また、9月頃には業務説明会も行っています。医療行政に携わりたい人は、厚生労働省のホームページをチェックしましょう。

公務員としての看護師の仕事にご興味をお持ちの方は、以下の関連記事も参考になさってください。

■地方公務員や国家公務員として活躍!
看護師が公務員として働く職場やメリットとは

TOPへ