リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

明日役立つ手技から働き方、医療ニュースまで、看護に活かせる情報をお届け ナースフルマガジン

看護師が活用できる奨学金支援制度まとめ

最新ナースコラム > 医療の最新ニュース

当コンテンツは株式会社 リクルートメディカルキャリアが運営する「ナースフル」というサイト内のコンテンツです。
もし、当コンテンツに関してご不明な点がある場合は、こちらの運営者情報ページからお問い合わせください。


一時的な費用負担を軽減する奨学金制度

日々進歩する医療に、看護師の知識、技術向上は欠かせません。
2010年4月には保助看法が改正され、新人看護師の卒後臨床研修が努力義務化されました。
「特定行為に係る看護師の研修制度」も始まり、看護師の役割の拡大が期待されるなか、生涯学習は欠かせないものとなりました。

院内での研修だけでなく、外部の研修に参加したり、認定看護師や専門看護師などの資格を取得したりするなど、実践、指導、教育の立場で活躍する看護師が増加しています。

一方で気になるのが経済的な問題。
特に認定看護師や専門看護師の資格取得は、一定期間休職が必要となるばかりでなく、受講料もかかります

そこで、日本看護協会や各都道府県看護協会の一部では奨学金制度を設けています。
日本看護協会の生涯教育支援の奨学金としては、

  • 認定看護師教育課程奨学金:
    認定看護師教育課程の在学者(受講許可含)
  • 国際看護師協会東京大会記念奨学金:
    大学院で保健看護に関する課程の在学者(入学許可含)
  • 高橋美智大学院教育(看護管理)奨学金:
    看護系大学大学院の看護管理専攻者
  • 石橋美和子がん看護CNS奨学金:
    大学院のがん看護専門看護師教育課程の在籍者

があります。
より詳しい応募条件は日本看護協会のホームページに掲載されています。

日本看護協会 http://www.nurse.or.jp

各都道府県看護協会も独自に生涯教育支援

各都道府県の看護協会でも生涯教育支援として研修を開いていますが、一部では奨学金支援も行っています。
大学院在学生や看護系大学編入学生、認定看護師教育課程の受講者など、県ごとに独自に設けています。

また、各法人が設けている奨学金のうち、主なものを紹介します。

こうした奨学金制度を上手に活用しながら、資格取得を目指せます。
それぞれ細かい応募条件があり、なかには返済不要のものもあります。
ホームページなどで確認してください。

病院による支援も充実

奨学金はそれぞれ規定に沿って返済する必要がありますが、病院による支援は、修了後の実践で還元することができます。

以前、看護師の資格取得については、病院からの支援もなく、授業料を自ら負担して学ぶ人も少なくありませんでした。
しかし、病院に戻り、学んできたことを現場に還元する、先輩たちの実績の積み重ねによって、病院が看護師のステップアップをバックアップする態勢が整ってきました

専門看護師や認定看護師の教育課程などでは、休職や休暇が必要となりますが、出張扱いにして授業料を病院が全額負担する病院も増えています。
病院によって規定は異なりますので確認しましょう。


◆「教育支援制度あり」の公開求人を探す
https://nurseful.jp/osusume-05/

今話題の認定看護師になるには?
認定看護師を目指すメリットと資格取得の方法

看護のエキスパートである専門看護師になるには?
専門看護師の種類と認定看護師との違いについて

TOPへ