リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

明日役立つ手技から働き方、医療ニュースまで、看護に活かせる情報をお届け ナースフルマガジン

学校で保健の先生として働く―生徒の健康管理を担う養護教諭

最新ナースコラム > ナースのお仕事

当コンテンツは株式会社 リクルートメディカルキャリアが運営する「ナースフル」というサイト内のコンテンツです。
もし、当コンテンツに関してご不明な点がある場合は、こちらの運営者情報ページからお問い合わせください。


学校の保健教育を担う養護教諭とは

小学生・中学生時代を思い浮かべると、体調を崩したりけがをしたりしたときに、保健室で養護教諭、いわゆる「保健の先生」に診てもらったことがあるのではないでしょうか。
看護師経験を活かし、養護教諭として働くという選択肢も存在します。

病気をもつ患者さんのケアにあたるのと違い、養護教諭は児童・生徒を対象に、心身の健康管理、学校全体の保健教育を担います。

保健室には、普段は体育の授業や部活動でけがをした生徒や、授業中に体調を崩した生徒が多く来室します。
新入学を迎えた時期には、生活環境の変化に伴って体調不良を訴える生徒が来る場合があります。
運動会などの学校行事では、一度に多くの生徒の手当てを行い、修学旅行の付き添いでは、全生徒の体調管理を担います。
この他、病気を予防する重要性や、自分の身体について知ることの大切さを、生徒へ伝える役割があります。

学校全体の健康管理も養護教諭の仕事で、流行性感染症の情報収集も欠かせません。
集団生活を送る学校の場合、感染が拡大しやすいため予防対策は必須で、その対策を講じます。
また学級・学年閉鎖、休校といった措置を取る場合、校長に健康管理の専門職として助言することも養護教諭の役割になります。

児童・生徒の心の居場所となることも多い保健室

養護教諭は保健室に来る生徒の普段の様子からいじめの兆候に気づくことも多く、生徒の心の居場所としての役割を果たしている実態があります。
教室内ではなかなか本音を言えない子どもも多く、担任とは違う立場で子どもと接するなかで本音を引き出し、相談相手としての拠り所になるケースも少なくありません。
自分から言い出せない生徒には養護教諭から声掛けをし、必要に応じて授業や学校行事などの付き添いをします。

こうした日々の生徒の様子、どのような問題を抱えているかなどの情報は、学校全体で共有し、いじめ問題の解決につなげていくことが求められます。
心身の病を早期に発見して保護者や医療機関につなげることは、養護教諭に求められる大きな役割です。

看護師経験を活かして養護教諭になるには

養護教諭になるには、いくつかの方法があります。
ひとつは教育系学部の教員養成課程で所定の養護、教職の単位を取得すること(一般短期大学の養護教諭養成課程では2種免許、大学院を卒業している人は専修免許が取得可)。
もうひとつが看護系大学で教員養成施設所定の単位を習得することです。
保健師資格を取得できる指定養成所を卒業している場合も一部、1種免許の取得が可能です。

このように、養護教諭は大きく分けて看護系と教育系の2つのルートがあるため、看護師資格を持つ人と、持たない人がいます。
また、看護師や保健師の資格のみで大学や専門学校の保健室勤務をしている人もいますが、教員として働くためには養護教諭として教員採用試験に合格する必要があります。

看護師経験があれば、フィジカルアセスメントやトリアージを行うこと、傷病の手当てはもちろん、健康指導や健康管理の大切さを、経験をもとに教えることができるため、これは大きな強みともいえます。
また、

・子どもたちに健康管理や病気の予防の大切さを伝え、学校生活を元気よく過ごしてもらう姿を見ることができる
・児童や生徒からの相談にじっくりとかかわり合うことができる
・病気や学校生活を送るうえでの問題を抱えた子どもたちが無事に卒業していく姿をみると大きな喜びを感じる

など、学校生活でのかかわりだからこそ感じられるやりがいがたくさんあります。

ただし、教員採用試験が狭き門であることも事実
特に養護教諭は採用数が他の教員に比べて少ないため、倍率も高い県、年度が多いようです。
近年では、看護系大学で看護と養護の教育双方に注力している大学もありますが、4年間の大学生活で教員養成施設所定単位も取得し、看護師の国家試験、教員採用試験にも合格することのハードルは高いでしょう。
それでも未来ある子供たちに携われる仕事は、大いにやりがいがあるのではないでしょうか。

保健師の公開求人をみる

教員の公開求人をみる

TOPへ