リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

明日役立つ手技から働き方、医療ニュースまで、看護に活かせる情報をお届け ナースフルマガジン

培った知識や技術を活かし、海外で看護を経験するには

最新ナースコラム > ナースのお仕事

当コンテンツは株式会社 リクルートメディカルキャリアが運営する「ナースフル」というサイト内のコンテンツです。
もし、当コンテンツに関してご不明な点がある場合は、こちらの運営者情報ページからお問い合わせください。


海外で働く夢をかなえたい

「子どもの頃から海外で暮らす夢があった」、「日本で看護師としての経験を積むなかで、海外の看護を体験してみたい、学びたいと思うようになった」など、海外で働くきっかけや理由は人それぞれ違うでしょう。

海外で看護師として働くことは、その国の医療システムや環境を学ぶよい機会となります。
人種の多様な国では、文化・宗教観・価値観の違いなどをふまえた看護が求められ、患者理解の難しさはあるものの、そのなかで「患者さんそれぞれにとって、一番適した看護とはなにか」という『看護の原点』を肌で感じることができるのではないでしょうか。

また、海外で看護を経験することは、日本の看護を振り返る機会にもなります。
国によって看護師の地位、仕事内容(業務の細分化など)も異なります。
例えば、アメリカでは、臨床医と看護師の中間職に位置づけられる「診療看護師(Nurse Practitioner;NP)」が日本の家庭医のような役割を担っていたり、静脈注射を専門に行う「輸液看護師(Infusion Nurse)」がいるなど、細分化されています。日本の特定看護師制度はNP制度を参考にしたものであることはみなさんご存じの通りです。

もちろん、国が違えば医療システムは異なります。
日本と同様に看護師不足や医療格差などの問題をかかえている国もあれば、労働環境が決してよいとは言えない国もあります。
海外で働く場合には、その国の労働環境、社会情勢などもふまえて検討する必要があるでしょう。

img_nuseful

海外での働くための資格取得には留学が近道

日本の病院では、看護師に対する教育制度を充実させており、大学病院など、看護師を対象にした海外留学制度を設けている病院も珍しくありません。
研修内容も語学研修、海外の協会が認定するアロマテラピーの資格取得など、自分で選んだ研修を受けられることが多く、海外留学のための休職制度がある病院もあります。
こうした機会を利用して、海外の看護を実際に自分の目でみて学ぶことは、自身の看護への刺激となるでしょう。

一方で、病院に在籍しながらの留学は期間も限られており、あくまでも「研修」の域を出ません。実際に看護師として働くことを希望する場合には、その国で看護師として働くための資格を取得する必要があります。
多くの国では、日本の看護師資格を持っていれば、その国の看護大学などへの中途編入が可能な場合が多いため、一度日本の病院を退職し、海外の教育機関で学びながら資格取得を目指すのが現実的でしょう。

アメリカでは、日本の看護師資格を持っている場合、一部の州を除き、外国看護学校卒業生審議会(CGFNS ※東京でも試験実施)に合格することで、看護師として働くための「NCLEX-RN」を受験できます。
NCLEX-RN試験への合格が目標であれば、CGFNS試験を受けるのが近道ですが、その後現地の医療現場で働くことを考えると、アメリカの看護大学に編入し、卒業しておくほうが有効です。

大学を卒業することでCGFNS試験が免除される上に、医療英語も身につき、アメリカの看護をしっかり学ぶことができます。
現地での就職を考えた場合にも、アメリカの4年制大学を卒業しておくほうが有利とされています。

また、日本で看護系の4年制大学を卒業している人は、大学院に進学するという方法も。
アメリカの修士号を持つ人は日本にまだそれほど多くいないため、帰国後もそのキャリアを活かせるといったメリットがあります。
いずれにしても語学力は必須なので、日本にいるときから高めておく必要があります。

国によっても、州などの地域によっても要件はさまざまです。
最近では、海外で働く看護師が試験の状況、学校の選び方、現地病院での就労状況などについてブログやSNSを通じて情報発信しているケースも多いので、事前によく調べましょう。

(参考)
日本看護協会 http://www.nurse.or.jp/nursing/international/working/index.html

海外派遣に参加する方法も

海外で看護師としての知識、経験を発揮する方法はほかにもあります。
その代表例は、災害時などの緊急援助に参加することです。
独立行政法人国際協力機構(JICA)の国際緊急援助医療チームや日本赤十字社の緊急援助、駐在員派遣をはじめ、災害救援活動に積極的な医療法人などでは、海外の被災地に医療スタッフの派遣を行っています。

被災地での救援活動は、初対面の医療チームのメンバーと協力しながら、限られた物資で重症患者の看護を行わなければならず、患者との意思疎通が難しいこともしばしば。
そんな難しさのなかで身体的・精神的ケアを行う貴重な経験は、日ごろの看護にも大いに役立つことでしょう。

ただし、海外派遣に参加する場合にも、その国の看護師の受け入れ状況や資格取得に必要な要件、住まいや生活圏の情報を確認するとともに、語学力を身につけるなど、入念な準備が必要です。
また、短期間の海外派遣などは職場や家族の理解、期間中の自身の健康維持などが重要となります。
それでもチャレンジする価値は十分にあるもの。各国の看護師受け入れ状況は常に変動していますので、最新の情報を入手してください。

TOPへ