リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

明日役立つ手技から働き方、医療ニュースまで、看護に活かせる情報をお届け ナースフルマガジン

最期までその人らしい生活を支援する地域包括支援センターにおける看護師の仕事

最新ナースコラム > ナースのお仕事

当コンテンツは株式会社 リクルートメディカルキャリアが運営する「ナースフル」というサイト内のコンテンツです。
もし、当コンテンツに関してご不明な点がある場合は、こちらの運営者情報ページからお問い合わせください。


img_nurseful

地域包括支援センターの仕事内容とは

2025年、団塊の世代が後期高齢者層になり、4人に1人が75歳以上という超高齢社会に突入します。これに向けてますます需要が高まるのが医療・介護・福祉サービス。しかし、一方では医療費抑制策を進めなくてはならない財政上の理由もあり、このままでは医療システムが立ち行かなくなるという危機にも直面しています。
 このいわゆる「2025年問題」の解決に向けて現在進められている政策のひとつが地域包括ケアシステムの構築で、医療や介護、その予防や生活支援などをその人が住み慣れた地域で完結できるようなしくみづくりが進められています。このしくみの中心的かつ重要な役割を担うのが、地域包括支援センターです。

主な地域支援事業には、
1 介護予防ケアマネジメント業務(「地域ケア会議」等を通じた自立支援型ケアマネジメントの支援、ケアマネジャーへの日常的個別指導・相談、支援困難事例等への指導・助言)

2 総合相談支援業務(住民の各種相談に幅広く対応し、制度横断的な支援を行う)

3 権利擁護業務(成年後見制度の活用促進、高齢者虐待への対応など)

4 包括的・継続的ケアマネジメント支援業務(行政機関、保健所、医療機関、児童相談所など必要なサービスにつなぐ)

があり、このほかに介護保険給付の対象となる介護予防支援業務があります。地域包括支援センターの設置主体は市町村(保険者)ですが、委託も行われており、その割合は委託のほうが多くなっています

他職種との連携で地域の人々を支える

地域包括支援センターには、保健師(その他これに準ずる者=経験のある看護師)、社会福祉士(その他これに準ずる者)、主任介護支援相談員が配置されています。
看護師の資格をもつ人の主な業務は、介護予防サービスの計画立案、高齢者ならびにその家族からの相談対応などです。直接患者にケアをする病院での仕事とは異なりますが、病気になったときには医療、介護が必要な場合は介護サービス、生活支援や介護予防のための社会資源の活用など、他職種につなげる役割が重要になります。
地域に住む人々の生活には個別性があり、実際には生活自体が困窮していたり、公的な支援だけでは解決が難しい事案も少なくないでしょう。そのなかで、その人の“暮らし”をいかに支援するか、そのためにどの職種とどのように連携をはかればよいのかなど、柔軟かつ迅速な対応をするのが地域包括支援センターの看護師の役割です。

医療だけでなく介護保険制度の知識も必須

地域包括支援センターでの仕事は、医療だけでなく、介護の知識や医療保険、介護保険制度の知識が求められます。また、自分から支援を求めることができない認知症高齢者やその家族などの状況を早期に把握するためには、市町村の他部署、社会福祉協議会、警察、介護保険サービス事業所などから情報収集を行う必要があります。地域包括支援センターで唯一の医療職でもあるため、心身の変化に応じて、医療、訪問看護などにつなげていく役割も担っています。病院勤務とは異なる仕事の難しさがあるといえるでしょう。
一方で勤務は日勤なので、家庭との両立がしやすい点がメリットです。求人数は決して多いとはいえませんが、仕事と家庭を両立し、看護師自身も住み慣れた地域で長く活躍できる仕事です。保健師の資格をもっている人にとっても、資格を活かすことができる職場です。求人は随時求人サイトや人材紹介などに出てくるので、気になる人はマメにチェックしましょう。

TOPへ