リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

明日役立つ手技から働き方、医療ニュースまで、看護に活かせる情報をお届け ナースフルマガジン

在宅に繋ぐために重要!回復期リハビリテーション看護とは

最新ナースコラム > ナースのお仕事

当コンテンツは株式会社 リクルートメディカルキャリアが運営する「ナースフル」というサイト内のコンテンツです。
もし、当コンテンツに関してご不明な点がある場合は、こちらの運営者情報ページからお問い合わせください。


在宅に繋ぐために重要な回復期リハビリテーション病棟

近年、医療のなかでリハビリテーションの注目度が高まっています。
急性期においても、できるだけ早い段階で離床し、リハビリテーションを開始することで、廃用症候群を防ぎ、回復を早めることがわかっています。

急性期のリハビリテーションは、治療と並行して行われますが、急性期の集中的な治療が必要な期間は限られます。
病院側は在院日数を短縮し、より集中的な治療が必要な患者さんを受け入れなければなりません。
したがって、病状が安定した患者さんは退院、もしくは回復期リハビリテーション病棟に転院となります。
特にケアが必要なのは、脳血管障害や大腿骨頸部骨折など、寝たきりの原因になる疾患の場合。
在宅に戻って元の生活、あるいは残された機能を活かして生活を再構築するために、急性期からの継続したリハビリテーションが重要となります。

回復期リハビリテーション病棟の看護師の役割

回復期リハビリテーション病棟では、医学的、社会的、心理的な支援を受けながら、その患者さんに必要なリハビリテーションを集中的に提供します。
そのなかで看護師は、患者さんの在宅復帰後の生活を見据えて様々なリハビリテーション職と協働しながら、看護を提供していく重要な役割を担っています。

  • 食事がしっかり摂れるか
  • 洗面や口腔ケアなどの清潔は保たれているか
  • 排泄、入浴、更衣などの日常生活に必要な動作ができているか

といったことを見極めながら、

  • 自宅に戻ったときにどのような生活を送りたいか
  • 介護者の支援がどの程度受けられるのか

など、患者さんの状況に合わせてADL(日常生活動作)を段階的に上げていきます。

病院は治療の場ではありますが、入院する患者さんはひとりの生活者でもあります。
看護師は、その生活の状況を最も近くで観察し、コミュニケーションを重ねるなかで、患者さんの希望を聞き取り、家族への指導的な役割も担います。
場合によっては自宅を訪問して、住宅改修が必要かどうか、どのような動作のリハビリテーションが必要かを理学療法士などと相談することもあります。

病状が変化したときには急性期病院と、在宅復帰に向けてはケアマネジャーや訪問看護師などとも密に連携します。
情報を共有しながら、地域で患者さんを支える橋渡し役となるのが回復期リハビリテーション病棟の看護師といえるでしょう。

やりがいは自宅に戻る患者さんを見送る達成感

リハビリテーション開始時期が早くなり、それに伴い機能回復が早まってきています。
一方で、急性期病院の在院日数が短縮化され、再発リスクの高い病状の不安定な患者さんが回復期リハビリテーション病棟に増えているといわれています。
転倒リスクが高い患者さんも多いため、看護師の観察力がより重要となります。

チームとして関わっていくなかで、リハビリテーションを終え、退院後自宅に戻る患者さんを見送ることができたときには、大きな達成感を得ることができます。
他職種とも喜びを分かち合うことができる仕事です。

回復期リハビリテーション看護を学べる資格も

一般社団法人回復期リハビリテーション病棟協会が主催する回復期リハビリテーション看護師認定コースなど、回復期リハビリテーション看護を専門に学ぶことができる資格もあります。
研修は全3回(18日間)で、レポート提出をすることで資格を取得が可能です。

  • 脳血管疾患や脊髄損傷
  • 廃用症候群
  • 高次脳機能障害への理解

など、回復期リハビリテーション看護に必要な知識を習得することができます。
また、

  • リハビリテーション
  • コミュニケーション
  • 口腔ケア
  • 摂食・嚥下障害

などといったことについても、幅広く学ぶことができます。
興味のある方は資格取得も検討してみてはいかがでしょうか。

一般社団法人 回復期リハビリテーション病棟協会
http://www.rehabili.jp

◆回復期リハビリテーション病棟の公開求人をみる
https://nurseful.jp/biz_type-260/

◆リハビリテーションとケアについてもっと学ぶ
ナースフル疾患別シリーズ「整形外科」
https://nurseful.jp/nursefulshikkanbetsu/orthopedics/section_5_00/

TOPへ