リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

明日役立つ手技から働き方、医療ニュースまで、看護に活かせる情報をお届け ナースフルマガジン

医薬品や医療機器の適正使用を推進するフィールドナース

最新ナースコラム > ナースのお仕事

当コンテンツは株式会社 リクルートメディカルキャリアが運営する「ナースフル」というサイト内のコンテンツです。
もし、当コンテンツに関してご不明な点がある場合は、こちらの運営者情報ページからお問い合わせください。


専門知識を活かして一般企業で情報提供活動を行う

 医薬品や医療機器は、適正に使用されることではじめて、期待される治療効果を得ることができます。そのために営業担当者(MRなど)による情報提供が行われますが、学術情報の知識だけでは医療現場に即した説明ができないこともあります。そこで、医療に携わってきた経験を活かし、製品説明や営業活動などを行うのがフィールドナースの仕事です。
 具体的には、医療現場ではどのような情報が求められているかをふまえたうえで、主に学会や施設内で行われる勉強会や、メーカー主催のセミナーで説明をします。医療機器メーカーの場合、新製品の納品時には、院内で操作方法や注意すべき点を説明したうえで、デモンストレーションを行います。また製品パンフレットの制作にかかわることもあります。
 フィールドナースは、現場で実際に製品を使用する側の視点で、必要な情報を提供していくことが求められます。訪問先の医療機関では、キーとなる医師や看護師との関係づくりも、フィールドナースとしての腕の見せどころ。どのような情報やツールが必要かといった現場の声を集めます。看護師資格をもつ人が話をすることで、医療従事者の要求に合った情報提供が可能となり、説明を聞いてもらいやすくなるのです。

患者さんの立場に立って副作用への対応策などを提供

 フィールドナースは会社によって仕事の範疇が異なります。たとえば医薬品メーカーの場合、医師や薬剤師、看護師などに適正使用のための情報を提供するだけでなく、患者さんや家族に対する副作用のケアや疾患の啓発なども重要な役割となります。そこでフィールドナースは看護師として患者さんのケアに携わってきた経験を活かして、どのような方法が適しているかを考えます。こうした副作用への対応策をきめ細かく行うことは、医師や看護師の診療の手助けともなります。
 医薬品メーカーは近年、そのほとんどが領域を特化した医薬品の開発、販売を行っています。循環器領域を得意とするメーカーであれば循環器看護に長く携わっていた経験、抗がん剤領域を得意とするメーカーであればがん患者のケアの経験を活かすことが、より現場で役立つ支援につながります。このため、特定領域の看護の経験がある人を採用条件にしているメーカーもあります。

病院勤務の看護師とは大きく異なる仕事のモチベーション

 フィールドナースは全国の医療機関をまわるため、人と会い、コミュニケーションを通じて現場を支える仕事をしたいと考える人に適した仕事です。また、一般企業への転職となることから、ビジネスマナーはもちろん、営業職としての成果が求められる仕事でもあります。成果の給与面への影響は大きな仕事のモチベーションになるのではないでしょうか。
 夜勤がなく、土日休みなので生活のリズムがつくりやすいため、家庭との両立がしやすいこともフィールドナースのメリットです。資格も経験も活かせるため、一般企業への就職を希望する看護師には人気が高い仕事です。
 一方で、直接的な支援やケアの成果が実感できない仕事であり、患者さんと直接かかわりたい看護師には不向きかもしれません。また、出張や残業の多さ、勤務形態は会社によって異なります。医薬品や医療機器のメーカーは外資系も多いため、語学力が必要となる場合もあります。家庭との両立を目指す人やプライベートに余裕をもちたい人は、面接時にあらかじめ働き方について詳しく確認しましょう。

TOPへ