リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

明日役立つ手技から働き方、医療ニュースまで、看護に活かせる情報をお届け ナースフルマガジン

医療用麻薬の代表的な副作用と観察

仕事に役立つ看護手技 > 与薬・薬剤 編

当コンテンツは株式会社 リクルートメディカルキャリアが運営する「ナースフル」というサイト内のコンテンツです。
もし、当コンテンツに関してご不明な点がある場合は、こちらの運営者情報ページからお問い合わせください。


医療用麻薬を投与された患者さんの経過を観察するうえで、どんなことに気をつければいいですか?

しっかりと疼痛緩和が図られているか観察することはもちろん、悪心・嘔吐や便秘の出現にも注意が必要よ!

リコ:医療用麻薬の投与を受ける患者さんがいるのですが、お話をうかがうと「麻薬」という言葉の響きから恐怖心もあるようですね。

ヨシミ:依存症になるんじゃないかとか、心配されることも多いわね。ただ、法律で使用が許可された医療用の麻薬を、適切な方法、適切な管理の下で使うのだから、その心配はいらないわ。看護師としては、投与後のベッドサイドでの観察についてポイントを押さえておきましょう。そのことが、患者さんの不安を和らげることにもつながるわよ。

医療用麻薬とは?

医療用麻薬(オピオイド)にはモルヒネ、オキシコドン、フェンタニルなどがあり、麻薬施用者免許を持った医師の処方で合法的に使うことができるの。周術期の疼痛やコントロール不良の慢性疼痛のほか、がん性疼痛の緩和に使われることが多くなっているわ。

一般的な鎮痛薬は、炎症が起こっている部位に作用して、痛みの原因物質の産生を抑えることで疼痛を緩和するのだけれど、オピオイドは脳と脊髄にあるオピオイド受容体に結合することで痛みの伝達をブロックし、疼痛を緩和するの。

とても強い効果が期待でき、疼痛治療には欠かせない存在となっている反面、副作用も強く出ることが多いから、きめ細やかな投与量・方法の調節、投与後の観察が求められるのよ。

二大副作用は悪心・嘔吐と便秘!

オピオイドの副作用としては、悪心・嘔吐と便秘が代表的ね。悪心・嘔吐は約1/3の割合で生じ、便秘はほぼ必発といわれているわ。疼痛緩和と引き換えとはいえ、いずれも患者さんを苦しめ、じわじわと体力を奪っていくものだから、しっかりと対処する必要があるわ。

オピオイドによる悪心・嘔吐は、主に化学受容器引き金帯(CTZ)を介して嘔吐中枢が刺激されることで生じるの。オピオイドの開始・増量時に起こりやすく、開始・増量から数日~2週間もすれば耐性が生じて治まるとされているのよ。だから、その間はオピオイドと同時に制吐薬を服用することになるわ。あるいは、オピオイドローテーション(オピオイドの種類を変更)や投与経路の変更(経口から持続静注・持続皮下注へ)が検討されることもあるわ。

ただし、オピオイドを使っている患者さんの悪心・嘔吐の原因が必ずしもオピオイドだとは限らず、ほかの薬物(抗がん剤など)の副作用、併存する消化器疾患、中枢神経系の病変(脳転移、がん性髄膜炎など)、放射線治療、電解質異常、感染症、高血糖などの影響も考えられるから、原因の鑑別が大切なのよ。

オピオイドによる便秘は、腸管の輪状筋を収縮させて蠕動運動が抑制されること、肛門括約筋を収縮させて排便が抑制されることが原因となるわ。ほぼ100%の患者さんで便秘が生じるから、そうなったらオピオイドと下剤を併用することになるわね。具体的には、便が硬いことによる便秘なら浸透圧性下剤(酸化マグネシウム)を、腸蠕動の低下による便秘なら大腸刺激性下剤(センノシド、ピコスルファート)を使うわ。

ほかに重篤な副作用として、まれにアナフィラキシーショックが起こることもあるから要注意ね。特に投与直後は、5分後、10分後と、きめ細かく患者さんの状態をチェックする必要があるわ。息苦しさを感じていたり発疹を認めたりしたら、すぐに医師に連絡するようにね。

それ以外にも、投与前にはなかった症状が投与後に見られたら、どんな些細なことでも主治医に伝えるという心構えでいたいわね。眠気やだるさ、気分が沈むといった重篤とはいえない副作用であっても、その出方に応じてオピオイドの量や種類を調節することもあるから、ベッドサイドの看護師による観察が適切な治療のベースになるというわけね。そのためには、投与前の患者さんの状態を把握しておくことが大切よ。それが分かっていなければ、投与前後で比較のしようがないもの。

なお、患者さんによっては、副作用が生じていても医療者への遠慮などから我慢してしまう方もいるから、看護師が医師への橋渡し役となって患者さんの状態や意向を伝えていくことも重要な役割の一つになるのよ。そもそも、オピオイドを投与される患者さんは、きわめて厳しい状況にあるのだから、そのことを理解して患者さんに寄り添いたいものね。


疼痛が緩和されたとしても、悪心・嘔吐や便秘という別の苦しみが待っているかもしれないというわけですね・・・。できるだけ副作用に苦しまなくて済むよう、ベッドサイドでの観察が重要なんですね。

ベッドサイドでの観察をもとに、主治医にオピオイドや制吐薬、下剤の変更を提案するベテランナースもいるのよ。その域にまで達するよう頑張ってみてね!

監修:医療法人社団航洋会 目黒通りハートクリニック 理事長/院長 安田洋先生

TOPへ