リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

明日役立つ手技から働き方、医療ニュースまで、看護に活かせる情報をお届け ナースフルマガジン

フットケアのスペシャリストになるには?

最新ナースコラム > ナースのお仕事

近年、生活習慣病の増加により、足病変による下肢切断に至るリスクを抱えた患者さんが増えています。しかし、下肢切断は患者さんのQOL、ADLを低下させるものであり、予防的ケアが欠かせません。看護師はフットケアの重要な役割を担っており、足のアセスメントからケア、指導と、その専門的な知識を学ぶことができる資格が人気となっています。

フットケアは患者さんの情報を得る重要な機会

フットケアは看護が主体的に実施できるケアの1つで、学びの需要も高い領域です。特に糖尿病の患者さんは合併症による足病変が下肢切断につながる危険性もあることから、予防的な介入が重要であり、足病変に関する知識や適切なケア指導が求められます。
近年では看護師によるフットケア外来の開設も増え、糖尿病の生活指導と合わせて多方面から指導、ケアにあたる場面が増えました。そのほか、透析患者さんの合併症予防を目的とした足の観察やケア、靴の選び方指導などを行う維持透析施設も増加しています。
フットケアの第一歩は、もちろん“足を見せてもらう“こと。しかし、傷があったり、爪白癬があったりする患者さんのなかには、足を見せること自体を嫌がるケースもあります。フットケアの重要性を伝え、患者さんに理解をしてもらうだけでなく、ケアを通して病気に対する思いなどを聞き出す大切な時間といえるでしょう。

フットケアを学べる学会認定資格

フットケア外来を開設する施設の多くは、糖尿病合併症管理料の算定ができる日本糖尿病教育・看護学会による糖尿病重症化予防(フットケア)研修などの修了者や糖尿病看護認定看護師、皮膚・排泄ケア認定看護師、慢性疾患看護専門看護師を専任としています。また、この要件以外にも、学会認定のフットケアに関する資格もあります。

(1)フットケア指導士

日本フットケア学会が認定する資格で、看護師だけでなく医師、准看護師、理学療法士、義肢装具士、臨床工学技士なども受験が可能です。また、受験資格を得るには、フットケア指導士認定セミナーを受講する必要があります。認定セミナーでは、足の構造や動き、疾患と治療、アセスメント、フットケアの実際などの実践的な内容に加え、フットケア指導士の役割についても学びます。セミナー受講後、認定試験に合格すると資格が取得できますが、5年ごとの更新制のため、学術集会やフットケア指導士対象の実技講習などに参加して研鑽を積み、更新に必要なポイントを取得する必要があります。毎年学術集会の際にはフットケア指導士の交流会が企画されており、地域のなかでの横のつながりを構築したり、実践知を共有したりしています。

(2)日本下肢救済・足病学会認定師

日本下肢救済・足病学会が認定する資格で、フットケア指導士同様、看護師以外にも医師、薬剤師、管理栄養士、理学療法士などのコメディカルも取得可能です。教育セミナーを受講し、下肢の解剖・創傷に関する知識や、下肢の創傷に関連する疾患理解、フットケアの実際などを学びます。

フットケア指導士、日本下肢救済・足病学会認定師ともに、糖尿病合併症管理料の算定に必要な研修時間を満たしていないため、同管理料は算定できません。しかし、フットケアが必要とされるのは特定の病棟、患者さんにとどまりません。どの病棟でも、病院でも、在宅でも、その知識やアセスメント、ケアは役立ちます。様々な根拠を学ぶことでケアの楽しさ、やりがいが増え、患者さんをみる視点も変わるのではないでしょうか。今回紹介した学会認定資格は、それぞれ研修日が1日と短く、自分のペースで学ぶことができるのがメリットです。関心のある人は学会ホームページをチェックしてみましょう。

参考

日本フットケア学会 フットケア指導士

日本下肢救済・足病学会認定師制度

TOPへ