リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

明日役立つ手技から働き方、医療ニュースまで、看護に活かせる情報をお届け ナースフルマガジン

ネブライザー(気道内加湿法)|看護あるある手技Q&A

仕事に役立つ看護手技 > その他の手技・知識 編

当コンテンツは株式会社 リクルートメディカルキャリアが運営する「ナースフル」というサイト内のコンテンツです。
もし、当コンテンツに関してご不明な点がある場合は、こちらの運営者情報ページからお問い合わせください。


気道内を加湿する目的でネブライザーを使うとき、どんなポイントに気をつければいいですか?

患者さんの状態や痰の性状に応じて、最も効果的な方法を検討しましょう。場合によっては、ネブライザー以外の手段を考えるのもアリね。

リコ:ネブライザーを気道内の加湿のために使う場合、時間をかければかけるほど、高い効果が得られるでしょうか?

ヨシミ:そうとも限らないわよ。ネブライザーのメリットだけでなく限界も知ったうえで、効果的なケアができるように勉強していきましょう!

なぜ、ネブライザーが必要なの?

ネブライザーは、エアロゾル(微粒子)化した薬液などを、口腔を経て気道や肺へ届けるために用いられる医療機器。主にジェット式と超音波式の2タイプがあるわ。臨床では、より簡便な超音波式が使われることが多いわね。エアロゾルは小さければ小さいほど呼吸器系の奥深くまで到達するけれど、気管支までは5μm以下、細気管支や肺胞までは2μm以下でなければならないわ。ここまで微粒子化するには、特別な機器が必要なの。

患者さんの状態によっては、咽頭から喉頭、気道周辺が著しく乾燥し、それに伴って粘稠度が高くなった痰がうまく出せなくなることがあるわよね。その状態で無理に痰を出そうとして咳き込んだりすると、気道が荒れたり不快感が出たりするかも。また、十分な酸素が取り込めず、酸素飽和度の低下にもつながりかねないの。そんなときにネブライザーを使って気道を加湿すれば、乾燥状態が改善されたり、痰を軟らかくできたりするのね。

目標が上気道(鼻腔から喉頭まで)であっても下気道(気管から肺まで)であっても、生体への刺激を避けるためには、蒸留水(純度の高い水)ではなく生理食塩水を使ったほうがいいといわれているわ。ただし、ネブライザーの機種によっては蒸留水しか使えないこともあるので、事前に確認しておきましょう。

生理食塩水での加湿効果はあくまで一時的なものにとどまるから、痰の性状によってはブロムヘキシンなどの去痰薬(気道粘膜溶解薬)をネブライザー吸入してもらったほうがいいかもしれないわ。あるいは、より根本的なケアとして、うがいや飲水で患者さんの体の水分バランスを整えるように促すことも、看護師として大切なことよね。

効果的な吸入とするポイントは?

では、使用上のポイントを見ていきましょう。エアロゾルを体内に取り込むには吸入、つまり、「吸う」という動作が必要よね。ゆっくりと深く吸い込むことでエアロゾルが奥のほうまで広がるけれど、会話しながら吸入したり、途中で咳込んだりすると、効果が減弱しかねないわ。だから、患者さんが落ち着いていて吸入できるタイミングで実施することが大切よ。「一定の時間が来たら実施する」という機械的なやり方は避けましょう。

また、吸入の効果を高める姿勢として、座位かファーラー位とすることも基本ね。横隔膜が下がって胸郭が広がり、より多く、より深く吸入できるようになるわ。ただし、吸入の量が多いほど、時間が長いほどいいというわけでは必ずしもないのよ。噴霧量や風量を上げすぎると患者さんがむせてしまうから、適度な設定を遵守しましょう。

また、自立している患者さんなら説明して協力を得られるけれど、意識が清明でなかったり、認知症を発症したりしている患者さんでは難しいかもしれないわね。誰かが付き添ってフォローすることも考えられるけれど、そもそもその患者さんにネブライザーが適しているのかアセスメントする視点も必要よ。

それから、ネブライザー後でも痰を引けないケースがあることを考えておかなければならないわ。加湿効果があったとしても、実際に痰を引けるかどうかは別問題なの。例えば、痰の位置によっては、強く咳き込んでも排出できず、吸引カテーテルも届かないということがあり得るわよね。その場合は、患者さんの体の向きを変えたり、背中や胸をさすったり、タッピングしたりして、痰が移動するような物理的な方法を検討することも必要になるわ。


ネブライザーを使えばOKという単純な話ではなく、しっかりとアセスメントして効果的な手段を検討すべきなんですね。

そうね。健康な人には想像しづらいけれど、常に痰が絡んで息苦しいというのは本当につらい状態なの。そんな患者さんには、看護師としてできるだけのケアをしてあげてほしいわ。

監修:医療法人社団航洋会 目黒通りハートクリニック 理事長/院長 安田洋先生

TOPへ