リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

明日役立つ手技から働き方、医療ニュースまで、看護に活かせる情報をお届け ナースフルマガジン

ドレーン管理(ドレナージ中のトラブル予防)

看護あるある 手技Q&A > 感染管理 編

当コンテンツは株式会社 リクルートメディカルキャリアが運営する「ナースフル」というサイト内のコンテンツです。
もし、当コンテンツに関してご不明な点がある場合は、こちらの運営者情報ページからお問い合わせください。


ドレーン管理でトラブルを予防するため、どんなポイントに気をつければいいでしょうか?

排液ルートからの逆行性感染のほか、自己・事故抜去や閉塞を予防するためにも、ナースの関与が欠かせないわ。

リコ:ドレーンを挿入した患者さんのトラブルを予防するため、ナースがベッドサイドでできることってどんなことでしょうか?

ヨシミ:ドレーン管理では、感染や閉塞といったトラブルを起こさないため、予防的なケアが求められるわ。まずはドレナージの目的や種類を整理してから、トラブル予防のために必要な視点を把握してね。

ドレナージの種類を知っておこう!

体内に異常に貯留した体液(血液、膿、滲出液など)を持続的に体外に排出するため、ドレナージが行われることは知っているわよね。エステのメニューで「リンパドレナージュ」というのがあるけれど、「ドレナージュ」(フランス語)も「ドレナージ」(英語)も同じく「排出」という意味の言葉なのね。

胸腔ドレーン、腹腔ドレーン、脳室ドレーンなど挿入する場所によって様々なものがあるけれど、ドレナージの目的に注目すれば大きく3つに分類できるわ。

  • 治療的ドレーン(ドレナージ):その名の通り、治療を目的とするドレナージ。体液を排出するだけでなく、洗浄液や薬液を注入するために用いられることもある。
  • 予防的ドレーン(ドレナージ):術後の管理を行うため、予防的に行われるドレナージ。体腔内への滲出液の貯留が予想されるとき、手術創の縫合部が開いていて感染のおそれがあるときなどに、あらかじめドレーンを挿入しておく。
  • 情報ドレーン(ドレナージ):排出された体液を観察することで、異常を早期発見することが目的のドレナージ。術後の出血や消化液漏出、貯留物の存在などを知るために用いられる。

また、ドレナージには開放式と閉鎖式という2つの方式があるから、それぞれの特徴を把握することも大切ね。開放式ドレナージは、挿入したドレーンの端を開放したまま、ガーゼなどで覆って吸収させる方法よ。患者さんは動きやすいけれど、感染のリスクが高いのが難点ね。

一方、状況にもよるけれど、ドレーンを排液バッグや吸引器につなぐ閉鎖的ドレナージが用いられることが最近では多いんじゃないかしら。開放式に比べれば感染が起こりづらいし、排液の量の確認やドレーン圧の調整もしやすいメリットがあるわ。

感染や抜去・閉塞事故を防ぐポイントは?

それじゃあ、ドレーン管理におけるトラブル防止のポイントを見ていきましょう。まずは、感染防止の視点。ドレーン刺入部からの感染はもちろん、排液ルートからの逆行性感染にも注意が必要よ。清潔を保つため適宜ガーゼ交換を行い、その際に挿入部の状態を確認してね。加えて、バイタルサインをチェックすることで、感染の徴候を見逃さないことが求められるわ。また、逆行性感染を予防するためには、排液バッグを創部より高い位置に置かないことも大切ね。

次に、ドレーンの抜去や閉塞といった事故防止の視点。自己・事故抜去や体内へのドレーン迷入を防ぐためには、ドレーンが最適な位置から動かないよう固定しておくことが重要よ。体動によってドレーンが屈曲しない場所を選び、2~3か所をテープで固定するのが基本ね。粘着テープを貼った皮膚の上にドレーンを配置し、さらにその上から専用のテープで固定するのがオススメよ。このとき、ドレーンを押し潰さないよう丸みに沿ってΩ型に貼るのがポイントね。

ドレーンの閉塞を防止するためには、チューブにねじれや屈曲がないかを確認してね。また、血液など粘度の高い排液がある場合は、ミルキング(手や専用のローラーでドレーン内部の排液を流すこと)で排液を促すのも有効よ。そのためにも、排液の量や性状(色や臭いなど)を観察することは欠かせないわ。急に排出量が減ったり、なくなったりといったことがあれば、ドレーンが閉塞しているおそれがあるから気をつけて。

さらに、患者さんの苦痛を緩和するという視点も大切ね。例えば、ドレーンの固定方法がまずければ、体動でずれが生じて痛みにつながることもあるわ。どこがどのように痛むのかを患者さんからきちんと聞き取りながら、原因を除去できるよう工夫を重ねましょう!


トラブルの防止ばかりに意識が向かって、苦痛の緩和という観点は見落とされがちかもしれませんね。

そうね。身体的な苦痛だけでなく、患者さんの不安や拘束感といった心理的苦痛にも配慮したケアをしていきたいものね。

監修:医療法人社団航洋会 目黒通りハートクリニック 理事長/院長 安田洋先生

TOPへ