リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

明日役立つ手技から働き方、医療ニュースまで、看護に活かせる情報をお届け ナースフルマガジン

看護あるある手技Q&A スキンテアの予防とケア

仕事に役立つ看護手技 > 疾患・部位別の看護 編

当コンテンツは株式会社 リクルートメディカルキャリアが運営する「ナースフル」というサイト内のコンテンツです。
もし、当コンテンツに関してご不明な点がある場合は、こちらの運営者情報ページからお問い合わせください。


褥瘡だけでなく「スキンテア」の予防やケアも大事と聞きましたが、そもそも「スキンテア」って何のことでしょう?

一時的な摩擦やずれが原因で生じた皮膚創傷のことよ。褥瘡とは違うものだけれど、予防やケアが求められることは同じなの。

リコ:高齢の患者さんのスキントラブルといえば褥瘡というイメージが強いですが、「スキンテア」にも注意が必要だと先輩から聞きました。でも、スキンテアってどんなもので、何に気をつければいいでしょうか?

ヨシミ:スキンテアは皮膚損傷の一種だけれど、褥瘡とは異なるものね。その予防やケアについて、基礎から学んでいきましょう。

スキンテアは「一時的な摩擦やずれ」で生じた創傷

スキンテア(skin tear)とは、一時的に皮膚に加わった摩擦やずれによって、皮膚が裂けたり剥離したりして生じた創傷のことよ。“tear”(テア)は「涙」を意味する“tear”(ティアー)と同じ綴りだけれど、「裂け目」「ほころび」という意味なの。

具体的には、表皮が真皮から分離した状態、あるいは表皮と真皮が下層構造から分離した状態を指すわ。高齢者で生じやすいけれど、成人や小児でも無縁というわけではないの。また、スキンテアは四肢で生じることが多いけれど、それ以外の部位でも生じる可能性はあるわ。一時的な摩擦やずれが原因で生じる外傷性創傷がスキンテアだから、持続的な圧迫やずれが原因で生じる褥瘡とは違うということになるわね。

病棟や在宅で起こりやすいスキンテアの例としては、次のようなものが考えられるわ。一般的なケアを提供するなかにも、スキンテアを引き起こすリスクが潜んでいることが分かるんじゃないかしら。

スキンテアの具体例

  • 医療用テープをはがしたとき、一緒に皮膚がはがれた。
  • 四肢がベッド柵にぶつかって(擦れて)皮膚が裂けた。
  • 車椅子のアームレストに擦れて皮膚が裂けた。
  • 体位変換の際に持った手足の皮膚がはがれた。
  • 寝衣交換の際に布が擦れて皮膚が裂けた。

スキンテアのリスクファクターとしては、例えば次のようなものが考えられるわ。必ずしも高齢の患者さんに限らないことに注意しましょう。

スキンテアのリスクファクター

  • 栄養が不足している。
  • 皮膚が著しく乾燥している。
  • 皮膚に異常(浮腫、水疱、紫斑など)が生じている。
  • 放射線療法や抗がん剤治療を受けている。
  • 透析療法を受けている。
  • ステロイド薬を長期使用している。

スキンテアを予防するポイントは?

スキンテアを予防するためには、第一に適切なスキンケアが大切ね。皮膚の清潔を保つことはもちろんとして、その際の洗浄剤は弱酸性の刺激が弱いものを選びましょう(場合によっては、洗浄剤を使わないことも検討)。熱いお湯も控えて。洗うときは、肌をこするのではなく、押さえるようにするのがポイントよ。その後、1日に2回以上、保湿剤でしっかりとケアしましょう(入浴後も同様に)。

第二に、特に手足を中心に、摩擦やずれが生じないよう物理的に保護すること。例えば、患者さんが身につける衣類は長袖・長ズボン・靴下とした上で、アームカバーやレッグカバーなども活用して、なるべく肌の露出を防ぎましょう。といっても、締め付けが強いものは逆に肌への刺激となるから気をつけて。また、周囲の環境を整えることも有効よ。ベッド柵や棚の角といった体をぶつけやすい箇所を、スポンジやマットなどでカバーしておくといいわ。

第三に、患者さんの体に触れる適切な方法を知ること。体位変換の際、患者さんの手足を強めに持ったことが原因でスキンテアが生じるケースもあるのよ。だから、手足を持ち上げる際は、握らずに下から支えるようにしましょう。また、補助具などを活用して、できるだけ摩擦が起こらないように配慮することも大切ね。

それでもスキンテアが生じてしまったら、すぐに対応する必要があるわ。まずは出血のコントロール、そして創洗浄を行いましょう。そして、可能であれば皮膚(皮弁)を元の位置に戻しておくといいわ。ガーゼなどで覆う場合は、それをはがす際に刺激にならないよう、非固着性のものを選択して。また、医療用テープも同じく刺激になりやすいから、ネット式の包帯を使って固定するようにしましょう。


スキンテアの予防や早期発見のためには、患者さんの手足を中心に、傷や打ち身がないかチェックすることを習慣づけたいですね。

そうね。スキンテアが生じるような患者さんの皮膚は、健康で若い人には想像もできないほど脆弱なものなの。そのことを念頭に置いて、予防やケアに努めてね。

監修:医療法人社団航洋会 目黒通りハートクリニック 理事長/院長 安田洋先生

TOPへ