リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

明日役立つ手技から働き方、医療ニュースまで、看護に活かせる情報をお届け ナースフルマガジン

クイズで学ぶ看護手技:輸液ポンプのアラーム対応

仕事に役立つ看護手技 > 注射・点滴 編

当コンテンツは株式会社 リクルートメディカルキャリアが運営する「ナースフル」というサイト内のコンテンツです。
もし、当コンテンツに関してご不明な点がある場合は、こちらの運営者情報ページからお問い合わせください。


いまだに輸液ポンプのアラームが鳴るとドキッとして、落ち着いて対応できないことがあります。

油断していいかげんに対応するよりはいいと思うわ。
いい意味での緊張感を大切にしながら、迅速・確実に対応できるようになりましょう。

手技の概要

通常の点滴では、滴下数を手動で設定して輸液流量をコントロールします。
しかし、様々な原因で滴下速度が変化し、時間当たりの輸液量が変わってしまうことがあり、より正確に輸液を管理したいときには輸液ポンプを用います。
具体的には、インスリンなどの薬剤を一定量/一定速度で輸液したい場合、集中治療中で全身状態を厳密に管理している場合、点滴の挿入部位(特に関節付近)や患者さんの動きで滴下速度が変化しやすい場合などです。

1.準備

  • 輸液ポンプと電源コード:
    電源コードを接続して輸液ポンプを作動させ、電源が入っていることや動作状況に問題がないか確認します。特に、輸液ポンプのドアを開けて輸液を送る部分の動きに異常がないか点検します。
  • 点滴スタンド:
    必要な高さに合わせた後、しっかりと固定します。
  • ポンプ用輸液セット:
    袋から取り出した際、クレンメの動きに異常がないか点検します。
  • その他、留置針やアルコール綿、固定用テープなどの点滴挿入物品を準備します。

2.手順

(1)輸液ポンプを点滴スタンドに設置し、電源コードを接続します。
(2)輸液製剤をベッドサイドに用意し、患者さんの氏名と指示書を確認します。
(3)留置針を刺入後、輸液ラインに接続し、抜去しないようテープで固定します。
(4)輸液ラインを輸液ポンプにセットし、流量と予定量を指示通りに設定します。
(5)輸液ルート全体を確認してからクレンメを開放し、開始スイッチを押します。

3.観察

点適時には、以下のことを十分に観察します。

  • 輸液製剤の減り具合が予定通りか。
  • 患者さんのバイタルサインや気分、顔色に異常がないか。
  • 点滴挿入部に異常がないか。
  • 薬剤による副作用は出ていないか。

輸液ポンプを使用する際は、上記に加えて次のことも観察しましょう。

  • 流量と予定量が正しく設定されているか。
  • 輸液ポンプに電源コードが接続されているか、バッテリー残量があるか(特に移動時など電源コードを外す場合)。
  • 輸液ラインのクレンメが輸液ポンプの下にあるか。

クイズで学ぶ!アラーム対応

Question1:輸液ポンプのアラーム対応について正しいのはどれ?

1.気泡によりアラームが鳴った。輸液ポンプの手前のライン内に気泡が混入していたため、クレンメを閉じてからラインを指ではじいて気泡を取り除いた。
2.閉塞によりアラームが鳴った。輸液製剤からクレンメ部分までのラインを指差し確認したが特段の異常がなかったため、クレンメを閉じてから輸液ポンプのドアを開けた。
3.指示通り微量の設定で投与開始したが、三方活栓が閉じているのにアラームが鳴っていない。閉塞アラームの故障と判断した。

輸液ラインに気泡があった場合、ラインを交換するのでしたっけ?

Answer 1

解説
輸液ポンプのアラームが鳴ったら、まず何を意味するものか確認しましょう。
主な原因として考えられるのは、バッテリー不足、気泡混入、閉塞、流量異常、輸液切れ、ドアの開放などです。
気泡アラームだった場合は、消音・停止ボタンを押し、クレンメを閉じてから気泡を取り除きます。
輸液製剤に近い場所に気泡がある場合は、指でラインをはじいて気泡を上方に移動させて取り除きます。
クレンメより下に気泡がある場合は、刺入部までの間にある三方活栓を用いて取り除きましょう。
気泡の量や場所の関係で、これらの方法で取り除くのが難しいときはライン交換を検討することもありますが、感染リスクが高まったり輸液できない時間が長引いたりするため、いわば「最終手段」です。
閉塞アラームの場合は、輸液製剤から患者さんの刺入部までの間に原因がないか確認します。
患者さんの身体の下でラインが屈曲していたり、刺入部の位置や向きによって閉塞していたりすることがあります。
特に異常がなければ、必ずクレンメを閉じてからポンプの中を点検します。
なお、微量投与時は、閉塞を感知してからアラームが鳴るまでに時間がかかることがあります。
輸液ポンプの開始時はもちろん、その後も定期的に確認するようにしましょう。

Question2:輸液ポンプのアラーム対応について誤っているのはどれ?

1.クレンメはポンプの下にくるようにセットする。
2.患者が検査に行く際、輸液ポンプの充電が十分であることを確認したが、念のため電源コードも持参した。
3.自分の担当ではない患者の輸液ポンプでアラームが鳴った。消音・停止ボタンを押し、適切に対応した後、そのまま自分の業務を続けた。

クレンメの位置はポンプの上・・・あれ、下だったかな?

Answer 3

解説
フリーフロー(輸液ラインをポンプから外した際、その高低差により輸液製剤が全開で流れてしまう現象)を防ぐため、また閉塞アラームを作動しやすくするため、クレンメの位置は輸液ポンプの下にくるようセットします。
また、バッテリー不足もよくあるアラームの一つです。通常、患者さんがベッドサイドにいるときは電源コードを差しておき、トイレなど一時的な場合には外して移動します。
どのくらい時間がかかるか分からない検査時などは、バッテリー残量が十分にあったとしても電源コードを持っていきましょう(自然放電やバッテリーの劣化により、急に充電がなくなるおそれがあります)。
電源コードを紛失したり他の患者さんのものと混同したりしないように、コードに病棟名を記載したテープを張るなど目印をつけておくといいですね。
担当外の患者さんの輸液ポンプのアラームに対応したときは、必ず担当看護師に報告します。
アラームの状況を一番把握しているのは、その日の担当看護師です。
アラームの状況によっては、輸液ラインやポンプの交換、ポンプを使用し続けるかどうかを検討する必要があるかもしれません。


アラームの種類ごとに、どのように対応すべきかしっかりと判断しなきゃですね。

アラームが鳴り続けていることに慣れてしまうと、対応が遅くなったり雑になったりしがちだから気をつけてね。

ナースフルでは働く看護師さんを応援しています。
転職についてお悩みの方はこちらのフォームよりご相談ください。

監修:医療法人社団航洋会 目黒通りハートクリニック 理事長/院長 安田洋先生

TOPへ