リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

明日役立つ手技から働き方、医療ニュースまで、看護に活かせる情報をお届け ナースフルマガジン

カンガルーケアの誤解―母子の安全確保を第一に

最新ナースコラム > 医療の最新ニュース

当コンテンツは株式会社 リクルートメディカルキャリアが運営する「ナースフル」というサイト内のコンテンツです。
もし、当コンテンツに関してご不明な点がある場合は、こちらの運営者情報ページからお問い合わせください。


母子の絆が深まるカンガルーケアの広まり

 カンガルーケアとは、出産を終えた母親が立ったり、上半身を起こしたりした状態で子供を胸に抱いて密着させ、母子が皮膚接触を行うケアをいいます。その名はカンガルーがおなかのポケットに赤ちゃんを入れて育てることに由来しています。元々カンガルーケアは南米のコロンビアで誕生したもので、全身状態が安定した早産児に対し、NICUで行われてきたものです。保育器不足の病院で未熟児の体温を維持し、保護することを目的としており、早産児に対するカンガルーケアは、院内感染や重度の疾患を減少させることがわかりました。
 その後、カンガルーケアには

・子供は胎内にいたときに近い状態になり安心感がある
・子供が一定の体温を保てる
・母乳が出やすくなる
・母親が出産後の疲れた身体を癒やせる
・親としての自覚が生まれる

などのメリットがあることがわかりました。保育器と同じかそれ以上の効果があるとして世界中に広まっていき、早産児だけでなく、正期産新生児においても実施されるようになり、日本でも“カンガルーケア”として、多くの医療機関に普及していきました。

カンガルーケアの誤解により事故報告が増加

 しかし、カンガルーケアが原因とみられる、子供の容体が急変する医療事故も発生しています。その理由の1つには実施時の姿勢に問題があることが挙げられます。
 日本で行われているカンガルーケアの多くは、「仰向けに寝ている出産直後の母親に、子供をうつ伏せにして抱かせる」という方法です。しかしこの実施方法には誤解があります。出産直後の新生児は、母親の胎外に出てきたことで起こる急激な変化により、呼吸や循環機能が不安定な状態にあります。そのなかで子供が母親の胸にうつ伏せで抱かれたために、重力で母親の胸に押し付けられて窒息死したとみられる事故が全国から寄せられ、混乱が生じました。重度の脳性麻痺が残って「産科医療補償制度」の適用になったケース、医療訴訟に発展したケースもあります。
 近年では、日本でよく行われている“カンガルーケア”、つまり出産直後の母親と正期産新生児の皮膚接触を「早期母子接触」と呼び、本来のカンガルーケア(NICU内で行われる早産児への母子皮膚接触)とを区別しています。早期母子接触においても、母子が直接肌を触れ合うことで、母乳栄養率の向上や心拍数、呼吸数、血糖値、体温の安定化、新生児の啼泣時間を短縮するなどの点でその有用性が科学的にも明らかとなっています。しかし、その実施には細心の注意をはらう必要があります。

正しい知識を持って安全な早期母子接触を

 生まれたばかりの子供がうつ伏せで抱かれると窒息のリスクが高くなり、また出産で疲れた母親は眠ってしまい、子供の急変に気づくのが遅れることもあります。看護師は、監視態勢を強化することはもちろん、母親の状態を観察し、ケアの優先度から判断することが重要になります。最近では、酸素モニターなどによるモニタリングや新生児蘇生に熟練した医療者による観察などを行うとともに、事前に家族に説明し、希望者のみに行う施設も増えてきました。出産は予定どおりに進むとは限らないため、母親の疲労度が高い場合には、新生児の顔を見て顔を触って、安心したところで十分に休息を取ってもらい、体力を回復させてから胸に抱き、皮膚接触をはかっても遅くはないでしょう。
 実施時の姿勢については、身体を起こした状態、あるいは立った状態で胸に抱くのであれば、よほどきつく顔を胸に押し付けない限り圧迫されるリスクはありません。母親も疲労が回復した状態で、安心して顔を見ながらスキンシップをはかることができます。
 新生児と母親のケアにおいては、 元気に生まれた子供でも急変が起こるリスクが高いことを認識し、看護師が状況をみながら正しい知識を持って安全なケアを提供することが重要です。

TOPへ