リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

明日役立つ手技から働き方、医療ニュースまで、看護に活かせる情報をお届け ナースフルマガジン

病院勤務とは違う他職種との交流も!“イベントスタッフ”として活躍する看護師

最新ナースコラム > ナースのお仕事

当コンテンツは株式会社 リクルートメディカルキャリアが運営する「ナースフル」というサイト内のコンテンツです。
もし、当コンテンツに関してご不明な点がある場合は、こちらの運営者情報ページからお問い合わせください。


イベントナースってどんな仕事?

学校行事や各種イベントなど、人が多く集う場所では思わぬ怪我や体調不良を起こす人がいます。そんなときに救護室で処置を行ったり、スポーツの会場などで選手に怪我があったときに医務室で医師の診療の補助を行うのが「イベントナース」です。

イベントとひと口に言っても、その規模や客層はさまざま。
そのため、救護室に搬送される傷病者の状況もイベントごとに大きく違いますが、やはり多いのは風邪や貧血、脱水などの体調不良、人混みのなかで精神的に不安定になり過呼吸や持病の症状が出てしまうケースなど。
観客同士の接触が多いイベントなどでは、外傷も少なくありません

イベント運営者が傷病者を救護室に搬送するケースもありますが、イベント参加者自体はもともと健康な人ですので、「少し体調を崩したから休ませてほしい」と自ら救護室に来る人もいます。

イベント中に体調を崩した参加者の思いを聞く役割も

救護室の看護師数は、イベントの規模や形態(野外など)によってイベント運営側が決定します。

そのため、医師がいる場合、不在の場合、看護師が複数いる場合、もしくは看護師1人だけの場合もあります。
傷病者がほとんどなく、ほとんどの時間が待機となる場合もあれば、次々と処置が必要なことも。

複数の傷病者が一度に搬送された場合など、優先順位をつけることが求められるケースもありますが、多くはその場で処置をしたり、少しの安静が必要なケース。
救護室では、実施できる処置も限られており、高度な看護技術が求められることはありません

しかし、イベント参加者は病院を受診する患者と違い、イベント参加を目的に来場している“お客さん”です。
緊急搬送が必要なケースを除いては、イベント運営側と看護師が本人に状況を説明し、本人が納得したうえで医療機関を受診させたり、帰宅させるといった配慮が必要です。

また、楽しみにしていたイベントへの参加を断念して救護室に来るのは残念なことであり、ショックを受けている人もいます。
とくに処置が必要でない場合でも、傷病者をなぐさめる声かけをしたり、話を聞くことも救護室の看護師の役割といえるでしょう。

看護師の“副業”としても人気が高いイベントナース

イベントナースは1年中需要がありますが、夏場であれば野外コンサート、冬場はスキー場など、人が多く集まるところで必要とされます。

通年で勤務できるイベントナースの募集がないわけではありませんが、ほとんどは単発、つまりイベントごとの募集です。
求人自体は早くから募集をしており、予定を立てやすいことから、他の医療機関で働いている看護師が副業として行っていたり、育児などで常勤勤務ができない人、派遣看護師をしている人などがイベントナースとして働いています。

イベントナースへの人気が高いのは、看護師としての資格を活かしながら、日ごろ接する機会のないさまざまな職種の人たちと交流ができること、イベントのいちスタッフとして普段入ることがないバックステージに入ることができることへの刺激日常にはない雰囲気を感じられるところです。

ただし、あくまでスタッフの一員であり、イベントそのものに参加できるわけではありません。
自分が本当に行きたいと思うイベントであれば、看護師としてではなく、観客として参加しましょう。

待遇はイベントによって異なりますが、日給+交通費が一般的。
なかには施設側が病院と提携しており、その病院から看護師が派遣されてくる場合もありますが、派遣会社に登録している看護師に紹介されるケースが多いので、まずは派遣会社に登録するのがよいでしょう。

募集は不定期なので、こまめに情報をチェックするのがポイントです。

TOPへ