リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

明日役立つ手技から働き方、医療ニュースまで、看護に活かせる情報をお届け ナースフルマガジン

あなたはどっち派? 自分に合っているのはどっち?「外来」vs「病棟」

最新ナースコラム > ナースのお仕事

当コンテンツは株式会社 リクルートメディカルキャリアが運営する「ナースフル」というサイト内のコンテンツです。
もし、当コンテンツに関してご不明な点がある場合は、こちらの運営者情報ページからお問い合わせください。


同じ病院内でも「外来」と「病棟」では業務に違いがあります。
外来は診察時の介助、採血や点滴、処置などが主な業務です。
病棟は療養上の世話も含んだ患者さんの観察、医療処置や検査、緊急入院などへの対応などを行います。

外来は夜勤がない場合が多く、子育て中は外来で、一段落したらまた病棟など、ライフステージに合わせて働き方を選ぶ人もいます。
働き方、自分のやりたい看護を考えたとき、皆さんは外来と病棟、どちらに魅力を感じるのでしょうか?

外来

メリット:「医師に確認できる」安心感


病棟の患者さんの観察は看護師の重要な業務です。
病棟では、医師が近くにいないことがほどんとで、自律的に判断しなければならないことが多いです。
しかし、外来は医師の診察時に介助したり、検査を行ったりするため、「何かあればすぐに医師に確認することができる」という安心感があります。

入職後、病棟を経験してから外来の配属になる人が多いですが、両方を経験していることで、病棟での様子を踏まえた説明や指導ができ、退院後も継続的にかかわりを持てる点はメリットでしょう。

また、外来勤務者は夜勤がない病院が多く、生活のリズムが安定しているのが大きなメリットでしょう。
家庭との両立をするために外来への異動を希望する人もいます。

デメリット:患者さんからのクレームが多い

最近では待ち時間短縮を目指して予約制にしたり、順番が近くなると呼び出しをするシステムを導入したりする病院も増えました。
しかし、待ち時間が長いことは院内のクレームでも非常に多く、患者さんの一番近くにいる看護師にはそのクレームが直接届くこともあります。
患者さんの話をじっくり聴く環境を整えたいと考える反面、待ち時間をできる限り短くするための工夫が必要となり、精神的な負担は大きいといえるでしょう。

また、夜勤がなければ生活のリズムはつくりやすいですが、業務自体はハード
人手が足りないときに他部署にまわされることもあるため、複数の診療科の診療の介助や処置を理解することが求められます。
高齢者が増加して慢性疾患の治療で受診する患者さんとは長く関わることはできますが、外来は病棟に比べて点での関わりで、じっくりと患者さんに向き合うことは難しい環境といえるでしょう。

給与面でも夜勤のある病棟に比べると手当分が少なくなります。

病棟

メリット:ひとりの患者さんとじっくり関われる


入院は、検査や手術、療養など、患者さんによって目的が異なりますが、患者さんは治療や検査の時間以外は病室におり、病棟は患者さんにとって生活の場となります。
その療養中の状況を観察することができ、多くの情報のなかからケアを行うことができます。
業務は多忙ですが、看護計画を立案し、1人の患者さんにじっくりと関わることができるのは、看護師としての大きなやりがいとなるでしょう。
急性期病院であれば、短期間ではあるものの、多くの症例を経験でき、勉強の場も多いため、看護師としてのスキルを身につけやすい環境です。

デメリット:夜勤やナースコールへの対応

最近では夜勤なしの病棟勤務という働き方ができる病院もありますが、やはり病棟は交代制勤務が基本。
体力的な負担は外来に比べて大きいでしょう。
受け持ちの患者さんのその日のケアや検査などだけでなく、ナースコールがあればすぐに対応しなければならないため、看護記録は残業で……という人もいるのではないでしょうか。
緊急入院などが重なると、その多忙さが増します。
勤務シフトによっては自宅に戻ってもゆっくり休む時間もなく、また出勤することで慢性的な疲労に悩まされる人も少なくないのでしょう。

外来、病棟ともにメリットとデメリットがあります。
看護師として患者さんとどのように関わりたいのか?
自分のライフステージのなかで、看護師を続けるためにどのような働き方が理想なのか
入職時や異動希望の際には総合的に考えて、選択することが大切ではないでしょうか。

TOPへ